電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

7件中、1ページ目 1〜7件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

スマコミ・水素エネ新段階 ―相馬市は東日本大震災後も福島県沖地震や東日本台風などで被災し、生活再建を進めてきました。 「東日本大震災では住宅整備...

立谷秀清相馬市長は「新時代のグリーンエネルギーを市のバスへ供給して国連の持続可能な開発目標(SDGs)を体現し、事業を伸ばしていきたい」とした。

「国と我々地方6団体が協議し、どの市町村にもある行政情報システムなどは(仕様を)標準化すべきだ」と提唱するのは、全国市長会会長(相馬市長)の立谷秀清さん。 &#...

福島復興に品質ISO活用 相馬市、10回目の審査クリア (2017/6/15 中小企業・地域経済2)

立谷秀清市長は「9001にのっとっていた。... 相馬市長・立谷秀清氏「自ら考え計画前進」 立谷市長に「ISO9001」を認証した狙いや効果、活用方法を聞いた。

会長には福島県相馬市の立谷秀清市長が就任。... 会長に就任した立谷相馬市長は「基礎自治体の立場から低炭素化に向け率先して実行していきたい。

立谷秀清福島県相馬市長は「相馬市では国道6号バイパスが津波をせき止めた」と紹介し、高品質な道路整備の重要性を強調した。

4月に孫正義社長が同市を訪問した際、立谷秀清相馬市長に復興支援の協力を申し出たところ、同市長から「被災者の心をケアしてほしい」という要請があった。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン