電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

3,446件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.021秒)

現在提供している第5世代通信(5G)網で送信時の最速である同4・9ギガビットの約20倍の速さに相当する。 ... これにより、6G時代を担うとされるサブテラヘルツ帯を...

KDDI、予備電源に亜鉛二次電池 基地局で実証 (2024/4/12 電機・電子部品・情報・通信)

KDDIは11日、日本ガイシで開発中の亜鉛二次電池を携帯通信基地局のバックアップ電源設備に用いる実証試験を始めたと発表した。... 亜鉛二次電池は有害な鉛を含まず、発熱のリスクがな...

NTTコム、「GIGAスクール構想」第2期支援パッケージ (2024/4/11 電機・電子部品・情報・通信1)

NTTコミュニケーションズ(NTTコム)は、学校教育をデジタル化する「GIGAスクール構想」の第2期の活用を支援する「活用の先、データで学びをアップデートするGIGAスクールパック」の...

ニュース拡大鏡/携帯出荷低迷、昨年16%減 AIスマホ、好転のカギ (2024/4/11 電機・電子部品・情報・通信1)

さらにMM総研によると第5世代通信(5G)専用帯域の一つとして割り当てられているミリ波帯に対応した端末が、5Gスマホ出荷台数に占める割合が5・2%に留まっているといい、5Gの本...

大阪市は中小企業の第5世代通信(5G)関連のビジネス創出を推進する。2025年に開かれる大阪・関西万博を見据えた中小企業の新ビジネス支援の一環で、5G活用製品、サービスを試行的に導入す...

転換期の車産業、収益高める 日本精工は2027年3月期を最終年度とする5カ年中期経営計画でポートフォリオの改革を進めている。... 自国第一主義のトランプ氏が返り咲く場合、安全保障や...

成長をけん引する高機能材料 三菱ケミカルG(3)半導体関連 (2024/4/2 素材・建設・環境・エネルギー2)

ハイドライド気相成長法(HVPE)を生かし、低欠陥が特徴であるレーザー向けの2インチウエハーで25年に向けて現状比4、5割増といった大幅な出荷増を想定。... 第5世代通信(5...

ラウンジや可動間仕切りの新設、第5世代通信(5G)設備増設も行った。

広さ400平方メートルの室内にローカル第5世代通信(5G)、Wi―Fi(ワイファイ)6、同7の各高速通信環境を整備した。

しかし、現在世界各国で普及しつつあるミリ波第5世代通信(5G)の帯域(24―30ギガヘルツ〈ギガは10億〉)において有効なNSSはまだ開発の途上であり、その製品化は急務...

自動運転や第5世代通信(5G)などで使われる精密コネクターの狭ピッチ化や低背化といった成形需要に対応する。... 新コントローラーでは、自社開発の高度な通信システムを採用し、現行の「E...

ソフトバンク、専用型5G提供 遅延最大5分の1に抑制 (2024/3/27 電機・電子部品・情報・通信2)

ソフトバンクは企業や自治体などの敷地内に専用の第5世代通信(5G)ネットワーク環境を構築する「プライベート5G(専有型)」の提供を始めた。通信事業者...

【福井】福井大学は第5世代通信(5G)の次のビヨンド5G周波数帯域で期待されるミリ波―テラヘルツ波(テラは1兆)の通信に、日本独自のフレキシブル導波管を活用する研究開発...

中興メタバース(4)進む法整備と振興策 (2024/3/22 電機・電子部品・情報・通信)

また、メタバースを実現する上で重要な技術として、脳波などで入出力を行うコンピューター技術「ブレーン・マシン・インターフェース(BMI)」や、第5世代通信(5G)・6Gの...

21年には、Vehicle to Everything(V2X)という自動車(将来的には自動運転車)と信号機や街灯などのインフラが無線通信でつながる技術...

屋外でテラヘルツ通信 早大など装置開発 (2024/3/14 科学技術・大学2)

早稲田大学の川西哲也教授らは岐阜大学の久武信太郎教授らと共同で、テラヘルツ通信規格(テラは1兆)に準拠した屋外に設置可能な通信装置を開発した。悪天候に左右されにくく...

アンリツ、韓国と6G協業 政府系団体に測定器納入 (2024/3/13 機械・ロボット・航空機2)

アンリツは韓国の政府系団体「韓国電波振興協会(RAPA)」と、第6世代通信(6G)の商用化を見据えて協業する。... アンリツは第5世代通信(5G)では...

現在の第5世代通信(5G)に次ぐ「ビヨンド5G」を見据え、材料やデバイスの研究開発を業界横断で加速している。 通信技術は化学と物理の領域の融合が重要で、バリューチェー...

デンカ、低誘電絶縁材を投入 100億円事業目指す (2024/3/7 素材・建設・環境・エネルギー1)

次世代通信向け電子基板用に デンカは独自の低誘電有機絶縁材料(LDM)「SNECTON(スネクトン)」を2024年度下期(10月―25年3月&...

スマホ利用時間増加、大容量プラン普及で拍車 MM総研調べ (2024/3/5 電機・電子部品・情報・通信2)

MM総研の調査では、23年の第5世代通信(5G)スマホの出荷台数は2603万台で、スマホ全体の99・0%を占めた。イード(東京都中野区)によると22年12月時点...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン