電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

13件中、1ページ目 1〜13件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

2022年初に角川春樹事務所、河出書房新社、筑摩書房、中央公論新社で一斉に始動したのに続き、PHP研究所、早川書房、東京創元社、光文社などに順次広がっている。

産業春秋/文庫本の個性 (2022/3/17 総合1)

中央公論新社、角川春樹事務所、河出書房新社、筑摩書房が王子製紙と、文庫本用紙の共通化をスタートした。

王子共通文庫用紙を採用したのは角川春樹事務所、河出書房新社、筑摩書房、中央公論新社。

3年前、「山谷 ヤマの男」(筑摩書房)を出版した。

在日朝鮮人作家、梁石日さんの『海に沈む太陽』(筑摩書房)という長編。

(筑摩書房刊=048・651・0052、821円)

(筑摩書房刊=048・651・0053、864円)

(筑摩書房刊=03・5687・2680、842円)

―米国で電子書籍の普及が進んでいますが、日本でもそうなりますか。 「米国ではアマゾンが価格を紙の本より大幅に下げて専用端末キンドルに配信した影響で、紙の本の価格が下がる現象が起きてい...

(筑摩書房刊=03・5687・2671、735円)

筑摩書房(東京都台東区)の熊沢敏之専務が講師を務めた。

(筑摩書房刊=048・651・0053、756円)

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン