電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

214件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.012秒)

米中の国防相会談も22年11月以来、約1年5カ月ぶりとなる。 ... 米中関係は、22年のペロシ下院議長(当時)の台湾訪問や、23年1―2月に米本土に飛来した中国偵察...

地方財政が疲弊する中で選択肢は金融緩和に限られ、中国人民銀行が2月に預金準備率を引き下げて1兆元(約21兆円)の資金を放出した。 ... 仮にトランプ氏が米大統領に再...

もしトランプ氏が米大統領に返り咲いたら、の意味で使われる。... 米中は2023年11月の首脳会談で、意思疎通を継続することで一致した。だがトランプ氏は再選後、中国に60%超の関税を課すことを...

米中関係は、11月の首脳会談で中断していた軍事対話の再開で合意し、緊張緩和に向けた歩みを進めたと評価できる。日中首脳会談でも対話の継続で合意しており、日米はこれを糸口に安全保障の安定化につなげてほしい...

キッシンジャー氏は22年5月に開かれた世界経済フォーラムの年次総会(ダボス会議)にオンライン参加し、「台湾は(米中)交渉の中心になりえない」とバイデン大統領の発言を批判...

米中関係が新冷戦の様相を深める中、ウクライナに侵攻したロシアが米国との深刻な対立により、中国との関係を強化。既存の国際秩序を守ろうとする米欧日陣営と変更勢力の中ロ陣営との対立は、今後10年程度加速する...

中長期でグリーン・トランスフォーメーション(GX)とデジタル変革(DX)が重要だ。... 「米中関係については同時に対応できる技術と組織運営を考えていく必要がある。.....

韓国に保守政権が成立し、日韓関係の修復が行われ、日米韓の連携も強化されていく情勢の変化に対応して、北朝鮮も中ロとの連携を示したかったのだろう。 ... しかし、米中は軍事面の対立とい...

生成AI最前線(7)米中、協調の道探る (2023/7/7 電機・電子部品・情報・通信)

貿易摩擦や経済安全保障など、何かと波風が立ちやすい米中関係だが、未知数の発展を遂げるAIに関しては、協調の余地は大いに残されているはずだ。... 長らく冷え込んでいた米中関係にとって「良い一歩となった...

【北京=ロイター時事】米航空機大手ボーイングは、旅客機「737MAX」について、6月末時点で中国では約9割が商業運航を再開したと明らかにした。... ただ、米中関係が悪化する中、ボーイングは中...

現状の米中関係は続きそうだが、成長の政策がとられるはず。... 「地球環境にやさしい航空燃料(SAF)を27年度から製造すべく商社や開発ベンチャーと準備中。

米中関係は国交正常化後、最悪と中国側は指摘する。... 米中関係がこれまで以上に悪化することなく、安定した関係を築けるかを見通せる段階ではない。... 米中の22年の貿易額(輸出と輸入の合計&...

中国外務省によると王氏は、米中関係悪化の原因は「米国の誤った対中認識」にあると述べ、制裁の撤回など対中政策の見直しを迫った。... 王氏は「米国は深く反省し、中国と共に(米中の)相違点...

中国経済意識、衝突回避へ バイデン米大統領はG7広島サミット後の記者会見で「米中関係の雪解けは近いだろう」と述べた。... 米中ともに、米中関係がトータルな対立となり、場合によっては...

中国、米との国防相会談拒否 (2023/5/31 総合2)

米中関係は、米本土上空を横断した中国の偵察気球を米軍が2月に撃墜してから一段と悪化。その後、双方が関係改善を模索していたが、中国が冷や水を浴びせた格好だ。 国防総省のライダー報道官は...

重要資源の供給途絶や、相互依存的な経済関係に潜む脆弱(ぜいじゃく)性を含め、世界は経済安全保障のリスクに備えなくてはいけない」と強調した。 米中対立の先鋭化に、新型コ...

秦氏は、米側の「一連の誤った言動」により対話の機運がくじかれ、米中関係が冷え込んだと主張。「関係安定化と悪循環の回避、偶発的な事故防止が急務だ」との認識を示した。 中国外務省によると...

鉄鋼、川上にアプローチ 脱炭素製鉄、原料を安定調達 (2023/5/9 素材・建設・環境・エネルギー2)

脱炭素化が進む中、ウクライナ情勢や米中関係など地政学リスクもあって、鉄鋼各社は原料の安定調達に注力している。... 海外鉄鋼会社などで90基以上が稼働中。... 他にない設備で海外資源メジャーと関係を...

エアバスは中国への航空機供給で、米中関係悪化のあおりを食った米ボーイングを上回った。

英アーム、中国合弁の従業員9割解雇 (2023/2/23 電機・電子部品・情報・通信2)

3人の関係筋が明らかにした。... 関係筋の1人によると、アーム・チャイナの一部の顧客は、米中関係の緊張により、アームの技術が利用できなくなることに懸念を抱いているという。(オークランド〈米カ...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン