10件中、1ページ目 1〜10件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

併用で相乗効果狙う 新型コロナウイルス感染症治療薬の実用化に向けた動きが活発だ。... レムデシビルは米国立アレルギー・感染症研究所で、炎症を抑える薬との併用効果...

米国立アレルギー感染症研究所などが3月に始めた治験では、被験者に3段階の異なる用量のワクチン「mRNA―1273」を投与し、体内の免疫反応への影響を調べた。... 2回の投与を受けた8人からは、新型コ...

【ワシントン=時事】米国立アレルギー感染症研究所のファウチ所長は12日、上院委員会で新型コロナウイルス対策について証言し、感染拡大防止のため規制されている経済活動について、性急に再開すれば「手の付けら...

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、世界的に自動車などの生産が縮小していることが重荷となっている。... アルミ材の主要需要家である自動車メーカーでは、部品の調達障害や需要の落ち込みを背景に日米欧な...

【ワシントン=時事】トランプ米大統領は24日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて連邦政府が国民向けに活動自粛を求めた行動指針について、4月12日の復活祭の祝日までに緩和する考えを...

新型コロナウイルスが人の細胞に侵入、感染するのに使う「スパイクたんぱく質」の立体構造を解明したと、米国のテキサス大学と国立アレルギー・感染症研究所の研究チームが米科学誌サイエンス電子版に発表した。.....

米国立アレルギー・感染症研究所の研究チームは18日までに、開発段階の抗ウイルス薬「レムデシビル」をサルに投与する実験で、中東呼吸器症候群(MERS)の予防・治療効果があったと米科学アカデミー紀要電子版...

日本医療研究開発機構(AMED)は「平成28年度地球規模保健課題解決促進のための研究事業(日米医学協力計画)」で米国立アレルギー感染症研究所(NIAID)と共同公募を実施し、29件の提案から13件の研...

米国立衛生研究所(NIH)傘下の国立アレルギー・感染症研究所(NIAID)のチームは、新しいタイプのインフルエンザワクチンが、現在の不活化ワクチンを10倍以上上回る強力な効能を引き出すことをフェレット...

米国立アレルギー感染症研究所と疾病対策センター(CDC)は、幅広いインフルエンザウイルス株に予防効果を持つと期待されるワクチンの研究成果を報告した。... 同ワクチンはマウス、フェレット、ヒト以外の霊...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

未来の科学者との対話18
第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話18 第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい工作機械の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい工作機械の本 第2版

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

技術士第一次試験 
「電気電子部門」択一式問題200選
第6版

技術士第一次試験 「電気電子部門」択一式問題200選 第6版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい冷凍空調技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい冷凍空調技術の本

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる