242件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.008秒)

過去最大級の20億円制裁金 ボーイングに米当局検討 (2020/3/10 機械・ロボット・航空機1)

米連邦航空局(FAA)は、米ボーイングが737MAXや737ネクスト・ジェネレーション(NG)に当局が認めていないコックピット機器を装備したとして、同社に約1970万ドル(約20億7600万円)の制裁...

米ボーイングの乗務員、追加訓練必要になる可能性 (2020/3/3 機械・ロボット・航空機1)

米航空当局は米ボーイングに対し、運航停止中の737MAXのフライトシミュレーター試験で同社の乗務員が適切な手順を行えなかったとして、同社パイロットには緊急時の対応に関する新たな訓練が必要になる可能性が...

米連邦航空局、737MAXに落雷対策の改善指示 (2020/3/2 機械・ロボット・航空機1)

米連邦航空局(FAA)は運航停止となっている米ボーイングの旅客機737MAXに対する追加の安全対策を勧告した。... 連邦官報によると、落雷から配線を保護する目的でアルミニウム加工を施したパネルの検査...

三菱航空機(愛知県豊山町、水谷久和社長、0568・39・2100)は27日、開発中のジェット旅客機「三菱スペースジェット(MSJ)」に、国内組み立ての初号エンジンを搭載し、飛行に成功したと発表した。....

欧エアバスは新世代旅客機「A330―800=写真」が、欧州航空安全庁(EASA)と米連邦航空局(FAA)の2機関から型式証明を取得した。

MAX運航再開は今年半ば 米ボーイングが声明 (2020/1/23 機械・ロボット・航空機1)

米ボーイングは声明を出し、墜落事故が相次ぎ、世界中で運航停止となっている新型旅客機「737MAX」の運航再開は2020年半ばになるとの見通しを示した。米CNBCテレビによると、ボーイングは6月か7月ま...

米ボーイング、MAXで新たなソフト問題 (2020/1/21 機械・ロボット・航空機1)

米ボーイングは運航停止中の「737MAX」で新たなソフトウエアの問題が見つかったと明らかにした。... ボーイングの電子メールによれば、同社はこの問題について米連邦航空局(FAA)に報告したほか、顧客...

米AerSale、ボーイング737など装置分解修理で認証 (2020/1/13 機械・ロボット・航空機)

航空機機体・部材を供給する米AerSaleの一部門AerSale・Component・Solutionsは米ボーイングの「737」「757」「767」型機の着陸装置の分解修理について、米連邦航空局(F...

THIS WEEK (2020/1/13 総合2)

13日(月) 赤口 成人の日 ■政治・経済 ▽茂木外相が訪米(16日まで) ■国 際 ▽12月の米財政収支(14日4時、財務省)...

米ボーイングは「737MAX」を運航する操縦士に模擬訓練を受けさせるよう航空会社に推奨する。... ボーイングは米連邦航空局(FAA)に方針転換を通知。... 新たな模擬訓練の義務付けは、各国当局の再...

FAA長官、「737MAX」めぐり下院証言へ (2019/12/4 機械・航空機 1)

米連邦航空局(FAA)のディクソン長官は運航を停止している米ボーイングの新型旅客機「737MAX」について、11日に米下院で証言する。... 米当局者は先週、ロイター通信に対し、年末までの再開の可能性...

米連邦航空局、新製造737MAX精査へ (2019/12/2 機械・ロボット・航空機)

米連邦航空局(FAA)は米ボーイング製旅客機737MAXの商業運航が再開された後に引き渡しが行われる同型機について、同社従業員に承認の権限を付与する通常のプロセスの代わりに、FAAが最終検査を実施する...

米運輸安全委員会、ボーイングにエンジン再設計勧告 (2019/11/26 機械・ロボット・航空機2)

米運輸安全委員会(NTSB)は米ボーイングに対し737ネクスト・ジェネレーション(NG)のエンジン部品を再設計するよう勧告した。... NTSBは、この設計変更を新たに製造される737NGに加えるとと...

【クアラルンプール=ロイター時事】米連邦航空局(FAA)は、マレーシアの航空安全性評価を「カテゴリー1」から「カテゴリー2」に引き下げた。... FAAは格下げについて、マレーシア民間航空局(CAAM...

737MAX、来年1月運航再開 ボーイングが見通し (2019/11/13 機械・航空機 1)

年内の米承認目指す 米ボーイングは、2件の墜落事故を起こし世界中で運航停止となっている新型旅客機「737MAX」について、2020年1月に運航が再開されるとの見通しを示した。航空各社...

米アメリカン航空のダグ・パーカー最高経営責任者(CEO)は墜落事故を受け運航停止となっている米ボーイング737MAX型機について、近い将来、米連邦航空局(FAA)から運航再開の認可が下りるという見方を...

欧州航空安全局(EASA)は、墜落事故を起こし運航停止となっている米ボーイングの「737MAX」について、2020年第1四半期に運航が再開されるとの見通しを示した。 EASAのエグゼ...

737MAX運航再開は「皆が納得した時」 米ボーイングCEO (2019/10/31 機械・ロボット・航空機1)

米ボーイングのミューレンバーグ最高経営責任者(CEO)は、新型旅客機「737MAX」の2件の墜落事故に関する上院商業科学運輸委員会の公聴会で、同型機の運航再開時期について、「すべての人が安全だと納得し...

米当局、A220の検査強化を命令 (2019/10/30 機械・航空機 1)

米連邦航空局(FAA)は欧エアバスの新型単通路機A220について、飛行中にエンジン停止が相次いだことは「安全性にかかわる緊急課題」として、コンプレッサーの動翼列に亀裂がないかを調べる検査の強化を命じた...

2018年10月のライオンエア機墜落事故についてインドネシア当局が調査報告書をまとめ、米ボーイングの旅客機737MAXの設計・認証上の問題やパイロットのミスが重なったと指摘した。... 今年3月のエチ...

おすすめコンテンツ

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる