263件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

【名古屋】ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング(J―TEC)は目の病気である角膜上皮幹細胞疲弊症の治療を目的とした再生医療等製品の自家培養口腔(こうくう)粘膜上皮「COMET01=写真」について、厚...

赤穂化成は皮膚や粘膜の健康維持に必要な亜鉛を補給できる栄養機能食品「まいにちの健康対策水」を28日に発売する。

それを受け取った利用者は、綿棒で鼻腔(びくう)内の粘膜を自己採取した上で、クエスト側へ送付する仕組みだ。

同社は、2002年に鼻・口腔(こうくう)の粘膜の粘液を効率的に採取するポリエステル綿を使用した綿棒を開発。

村上教授らは、こんにゃく粉が胃の内容物の粘り気を高め、食物が胃の中を通る時間を長くさせた結果、腸管粘膜での糖質吸収を抑制したと考えられるとしている。

まず自然免疫が第1のバリアーとして働き、皮膚や粘膜などが病原体の体内侵入を防ぐ。

腸管の内側を覆う「腸管上皮」は栄養や水分を吸収するだけでなく、腸内細菌から生体を保護する粘膜バリアーとしての役割もある。

水分量の違いによる誘電率の変化をセンサーで検出する技術で、口腔粘膜表面に水分計を押し当てて湿潤度を数値化する。

塩野義製薬とステムリム、再生誘導医薬で臨床実施契約 (2020/7/7 素材・医療・ヘルスケア)

大阪大学などで実施された第2相臨床試験では、皮膚や粘膜のただれが生じる表皮水疱(すいほう)症への有効性が示された。

これまでは患者の鼻の奥の粘膜をぬぐった液を検査に用いており、医療従事者がウイルスに感染する危険性があった。

粘膜表層の微細な血管や構造を強調して観察でき、赤色を強調して表示し病変を見つけやすい。

鼻の奥の粘膜を拭った液から検体を採取し、ウイルス表面の特定のたんぱく質(抗原)を検出する。

歯科診断用口腔内カメラ「イルミスキャンII」が、舌がん手術に用いる口腔粘膜蛍光観察機器として保険適用を受けた。口腔内に生じた粘膜疾患の疑いがある部分が分かり、切除の範囲設定の目安に用いる。

マスクや手袋の着用といった最低限の感染防御で実施でき、これまでの鼻や喉の粘膜を拭う検体採取方法と比較して、医療従事者の感染リスクを下げられる。... 鼻や喉の奥の粘膜を検体として利用するPCR検査の結...

新型コロナに対する有効な粘膜ワクチンも開発する。

鼻の奥の粘膜から検体を採取し、ウイルス表面の特定のたんぱく質(抗原)を検出する。

ファイルいい話/リレート 医療用保護眼鏡 (2020/4/28 素材・ヘルスケア)

「ウイルスは目の粘膜からも感染する」(深田社長)ため、医療機関からのニーズが高まっている。

人間のコロナウイルス感染も、無症状でも既に腸管粘膜に感染し発症を待っているのかもしれない。

【京都】松風の歯科診断用口腔(こうくう)内カメラ「イルミスキャンII=写真」が、舌がん手術に用いる口腔粘膜蛍光観察機器として、厚生労働省から保険適用を受けた。同機器を使うと、口腔内に生じた粘膜疾患の疑...

通常では粘膜の表面反射により咽頭の毛細血管を確認することが難しい。開発した製品は、独自の粘膜透過技術を活用しスマホ画像での確認を可能にした。... 【外出せずに判断】 ウイルスに感染...

おすすめコンテンツ

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

図解!わかりやすーい強度設計実務入門
基礎から学べる機械設計の材料強度と強度計算

図解!わかりやすーい強度設計実務入門 基礎から学べる機械設計の材料強度と強度計算

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる