電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

29件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.002秒)

私たちは、多くの異なる細菌が共存する糞便や唾液中の各ベシクルをどの細菌が作り出しているのか、直接的に解析する技術を世界で初めて開発した。

牛のメタン、泡盛粕で減 ロート製薬など確認 (2023/7/11 生活インフラ・医療・くらし)

温室ガス削減も ロート製薬とやえやまファーム(沖縄県石垣市、中家勝則社長)は、泡盛の製造副産物である蒸留粕(かす)を発酵した飼料を牛に与えた結果、かみ...

研究が本格化した背景には、時間や費用の掛かる培養や顕微鏡観察などを行わなくても、検体(糞便や唾液等)から直接細菌のDNAを解析し、細菌構成を解析する技術(メタゲノム解析技術&#...

AdvanSentinel、対インフルで下水調査 コロナ検出手法活用 (2022/12/20 素材・医療・ヘルスケア1)

下水疫学調査は感染症の原因ウイルスが糞便や唾液などから検出されるのを生かし、下水中のウイルス濃度から医療機関を受診しない無症状者や軽症者を含めた感染状況を把握できる。

同じ手法で下水中の糞便濃度の指標に使われるトウガラシ微斑ウイルスRNAも検出でき、これを基準に新型コロナウイルスに関する分析結果の妥当性の評価や雨水などによる影響の補正が可能。

これらは、ヒト糞便を対象としたショットガンメタゲノム解析を想定したものである。... これまで、国内の健康者を対象にした1200検体以上の糞便からショットガンメタゲノム情報を取得した。... 健康者の...

血液や糞便などの試料をシステムに投入したら各種データがデータベースに格納されるまで人手は介在しない。

新型コロナ感染者の糞便中には、発症の前段階からウイルスが存在する可能性が指摘されており、島津製作所や塩野義製薬も取り組みを進める。

塩野義製薬、下水中のコロナ検出 北大とライセンス契約 (2021/6/15 素材・医療・ヘルスケア)

新型コロナ感染者の糞便中には、発症の前段階からウイルスが存在する可能性が指摘されている。

感染者の糞便には発症前からウイルスが存在し、日本と違って、欧米は下水の定期観測で流行状況の早期検知、収束判断を行っているという。

感染者の糞便は発症前から同ウイルスが存在する。

塩野義と北大、大阪で下水からコロナ流行監視 (2021/4/16 素材・医療・ヘルスケア)

新型コロナは感染者の糞便から高い割合で検出されている。

新型コロナ/島津、下水と人にPCR検査 「京都モデル」実証 (2021/3/29 素材・医療・ヘルスケア)

新型コロナは発症前から感染者の糞便に存在し、トイレ排水から集団の定期監視ができ、陽性者が1万に1人でも検出可能という。

「この治療法として糞便(ふんべん)移植治療がある」と続ける。

細菌性腸炎患者の「糞便(ふんべん)移植治療」の前後と、健常な糞便提供者の腸内細菌の全遺伝情報(ゲノム)と腸内ウイルスのゲノムを抽出し解析。... 糞便移植治療は健康な人...

このウイルスは既に患者の唾液や糞便に排出されていることが明確に認められている。

ネコを終宿主としてヒトに感染する寄生虫のトキソプラズマについて、首都圏で飼われるネコの糞便(ふんべん)を検査して寄生率などを解明する。... まず、首都圏近郊の飼いネコ300匹のフンを...

世界各地で糞便(ふんべん)中に新型コロナが検出されるとの研究が報告されている。

肥満や糖尿病で増加が報告されているヒトの腸内細菌を糞便(ふんべん)によりマウスに移植し、高脂肪の食事を与えた。

また国立がん研究センターや東京工業大学は、腸内フローラのゲノム解析に欠かせない糞便の簡便な保存方法を開発。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン