電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

206件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

これが光触媒だ。... 光照射によってさまざまな酸化還元反応を引き起こす光触媒は、環境調和型の材料だ。... ただし、今回開発した光触媒は、紫外光を照射した環境では十分な機能を発揮するが、可視光を照射...

クロロホルムからホスゲン、メタン有効利用も 神戸大学の津田明彦准教授はクロロホルムに紫外光を照射してホスゲンに変え、それを医薬品中間体など有用な化学品に合成する研...

光と熱で変形制御 北大、分子スイッチ開発 (2024/2/29 科学技術・大学1)

光刺激は可視光と紫外光を使い分けられる。... 熱刺激では窒素側の腕、紫外光刺激では両側の腕が回転する。... 生分解性分子の高機能化では、室内の蛍光灯の下では生分解を抑え、捨てられて屋外で紫外光を浴...

日本タングステンと理研、遠紫外LED光源を開発 ウイルス不活化 (2023/11/29 素材・建設・環境・エネルギー1)

【福岡】日本タングステンと理化学研究所は、波長230ナノメートル(ナノは10億分の1)の遠紫外発光ダイオード(LED)光源を共同開発した。... 透...

浜松ホトニクス/UVに高い感度、低価格ミニ分光器 (2023/11/20 新製品フラッシュ2)

浜松ホトニクスは、微小電気機械システム(MEMS)や光半導体などの独自技術を応用し、紫外光(UV)に高い感度を持つ小型で低価格の分光器「ミニ分光器マ...

複数波長を同時測定 浜松ホトニクスがUVミニ分光器投入 (2023/11/8 機械・ロボット・航空機2)

【浜松】浜松ホトニクスは微小電気機械システム(MEMS)や光半導体などの独自技術を応用し、紫外光(UV)に高い感度を持つ小型で低価格の分光器「ミニ分...

NICT、深紫外LEDの配光制御 取り出し効率1.5倍 (2023/11/2 科学技術・大学1)

情報通信研究機構深紫外光ICT研究室の井上振一郎室長らは1日、光学レンズを使わずに配光制御する深紫外発光ダイオード(LED)を開発したと発表した。... 窒化アルミニウム・ガリウム製の...

太陽電池の発電性能でなく、薄膜の光吸収やマイクロ波伝導度など計測しやすい物性値で評価する。... 紫外光や可視光、赤外光の吸収と励起光、電荷の動きやすさを表すマイクロ波伝導度などを測定する。

海洋エアロゾルの光反応の理解が進み、気候変動の予測精度向上につながる。 ... 紫外吸収分光法で紫外光の吸収断面積を調べると、太陽光を含む波長240―310ナノメートル(ナノ...

銅添加濃度を変えて結晶を作ると、添加濃度が1%と5%の結晶が、近赤外から中赤外領域で高い光吸収を示した。... そのため可視光や紫外光の利用が先行している。赤外光の活用で太陽光の全波長...

物質・材料研究機構(NIMS)の王思乾NIMSポスドク研究員と内藤昌信分野長らは、光で溶剤への溶不溶を切り替える再生可能接着剤を開発した。... 溶剤に溶かして塗布...

光合成過程の量子性解明 植物やラン藻などの微生物は「光」から光合成過程によりエネルギーを得る。光化学系と呼ばれるクロロフィル(色素分子)―たんぱく質複合体がアンテナと...

神戸大学の津田明彦准教授らはAGCと共同で、安全に光酸化させる化学反応を用い、最高収率97%でパークロロエチレンからN―置換トリクロロアセトアミド(NTCA)を合成し、ウレタン...

紫外光の力で、これまで隠れていたさまざまな新用途が浮かび上がろうとしている...

UVで強発光、ポリマー・有機溶媒に溶けやすく 東芝が独自蛍光体 (2022/12/13 電機・電子部品・情報・通信1)

東芝は、室内光の下では無色透明で、紫外光(UV)を照射すると発光する独自の蛍光体について、発光強度を従来比約6倍高め、ポリマーや有機溶媒に溶けやすくすることに成功した。......

色素で青い光を吸収し、このエネルギーを足し合わせて高エネルギーな紫外光として放出する。... 一重項状態から光を放出すると波長の短い紫外光として得られる。 ... 市販の青色LEDで...

神戸大学の津田明彦准教授らは、紫外光を用い96%という高い変換効率で気体状態のクロロホルムからホスゲンを原料とする医薬品中間体やポリマーを製造する連続合成生産シス...

錯体部分に紫外光と塩化水素を作用させると分解する。... これが紫外光と酸を同時に作用させた場合に開裂する。... 白色光の下では透明で、紫外光を当てると発色し文字が浮かび上がる材料を作製できた。&#...

そこで我々は、波長の短い紫外光を照射した部分のみが分極する基板を用い、ここに金属インクを選択的に吸着させることで、1マイクロメートル以下という微細な配線を可能とする独自の印刷技術を開発した。 ...

2019年に光触媒シート面積100平方メートル規模の紫外光吸収光触媒を用いた実証設備を設置した。今回の事業では29―30年に可視光吸収光触媒を用いたヘクタール級の水素製造設備で実証実験を実施。... ...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン