8,147件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.017秒)

構造を比較すると、細菌は細胞壁や細胞膜で細胞を包み、内部にデオキシリボ核酸(DNA)とリボ核酸(RNA)の両方を持っているのに対して、ウイルスに細胞はなく、DNAかRNAのどちらかを持ち、それを包み込...

また感染時に細胞から分泌されるたんぱく質で炎症物質のひとつであるサイトカインや白血球の運送に関わるたんぱく質「ケモカイン」の量も重症度に比例して多く産み出されていた。

東京工科大、がん幹細胞をAIで識別 (2020/8/10 科学技術・大学)

東京工科大学の杉山友康教授や亀田弘之教授らは、がん細胞の元となる「がん幹細胞」とそれ以外の細胞を見分けられる人工知能(AI)技術を開発した。マウス由来のがん幹細胞を撮影し、画像に含まれるがん幹細胞の形...

当センターでは、遺伝工学基盤技術室がその技術開発を担っており(1)凍結保存(2)顕微授精(3)核移植(4)新規幹細胞樹立およびモデル動物開発―の各技術を鋭意開発している。 ... さ...

岡山大学の妹尾昌治教授らはマウスのiPS細胞(人工多能性幹細胞)から、がん幹細胞に変化させる手法を利用し、化学物質の発がん性を短期間で評価できる方法を確立した。... 化学物質を添加しマウスのiPS細...

(大阪・中野恵美子) 嗅覚細胞にはにおいを捉える約400種類の受容体が存在する。... ガラスプレート上に400マス用意し、その中に生きた細胞を埋めることでにおいを感じる仕組みをつく...

骨髄移植後にGVHDを発症した患者に間葉系細胞を投与する。... 同細胞は炎症を抑えるといわれる。... 間葉系細胞は骨髄や脂肪からも抽出、培養できる。

異科接ぎ木ではタバコ属のみが細胞外にアミラーゼを分泌し組織の癒合(ゆごう)を促す。... 異科接ぎ木では切断部に細胞壁が積層し組織の癒合を阻害する。アミラーゼが細胞壁を消化する。

抗体が、がん細胞に発現している標的因子に結合して薬物をがん細胞へ直接届けることでがん細胞への攻撃力を高める。... アストラゼネカと共同開発するDS―1062は、がん細胞に発現する分子「TROP2」に...

政府は5日、京都大学iPS細胞研究所の山中伸弥所長ら学識経験者4人の助言グループから、実行に先立って意見を聞いた。

大阪大学と理化学研究所、高輝度光科学研究センターは、細胞生物学や超高速現象の観察に使う「X線自由電子レーザー(XFEL)」で、ビームの直径10ナノメートル(ナノは10億分の1)以下の集光の実証に成功し...

研究グループは、ショウジョウバエを使い、神経細胞内の受容体たんぱく質の分布を基に再構築のためのたんぱく質を探索。

甲状腺がんのほか、肝細胞がんなどの治療にも使われている。

1種類の細胞から作られた混じりけのない単一の抗体で、特定の細胞や分子のみを狙って攻撃できる。... 悪性細胞のみを狙え、正常細胞への影響が少ない。

武田薬品工業は、開発中の「ペボネジスタット」について、血液細胞に異常が生じる高リスク骨髄異形成症候群(HR―MDS)の治療薬として米国食品医薬品局(FDA)より画期的治療薬(ブレークスルーセラピー)の...

幹細胞移植、適切な臨床を 新型コロナウイルス感染症の治療法の確立に向けて、薬剤やワクチンの開発だけでなく「幹細胞」の能力を利用した治療法の臨床試験が始まっている。... 日本再生医療...

島津、質量分析計向けAIソフト発売 解析処理速度5倍 (2020/8/4 機械・ロボット・航空機2)

バイオマーカー探索や薬物動態解析、細胞培養、残留農薬分析などを行う大学、製薬会社、受託分析会社、食品会社がターゲットとなる。

骨細胞は骨内部で規則的に並び、細胞から長く伸びた細胞突起により骨の応力情報を受け取る。 ... 複雑な細胞網を築く骨細胞の制御は骨の健全な機能発揮に必須。... 骨細胞は骨の応力を起...

英センタスバイオ、バイオ後続品がEMA承認勧告 (2020/7/31 素材・医療・ヘルスケア)

結腸がんや直腸がん、非小細胞肺がんなどが適応となる。 ベバシズマブは血管内皮細胞増殖因子「VEGF―A」を阻害し、がん細胞の血管新生を抑制する抗VEGFヒト化モノクローナル抗体の医薬...

(木曜日に掲載) ◇産総研 バイオメディカル研究部門細胞・生体医工学研究グループ 主任研究員 添田喜治 大学は建築学専攻、快適な光・音環境設計に興味を持った。

おすすめコンテンツ

バーチャル・エンジニアリングPart3 
プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

バーチャル・エンジニアリングPart3 プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる