7,939件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

京都大学iPS細胞研究所(CiRA)の辻本啓大学院生と長船健二教授らは、ヒトiPS細胞(人工多能性幹細胞)を元に、連結した腎組織の作製に成功した。... 将来は再生医療用の細胞作製へ貢献が期待できる。...

そうした中、がん細胞に特異的に含まれる、またはがん細胞が放出する微小物質を血液から検出することで早期にがんを精度高く診断する手法の研究が進みつつある。日本において先行するのは、がん細胞から血中に分泌さ...

同社の遺伝子解析ソフトウエアは、免疫細胞の表面に発現する受容体の集合体「免疫レパトア」の解析に適している。... 従来、免疫領域の研究では、特定の異物(抗原)に反応する抗体を検出する場合、細胞染色など...

がん細胞などのテロメラーゼ陽性細胞に感染し、特異的に増殖、蛍光発光を促す。 ... 光らせた状態を撮影し、光っている細胞を見つけることで、CTCの有無を確認する。 ...

新たに開発した内部の微生物を細胞単位で可視化する手法で調べたところ、玄武岩の亀裂に詰まっている粘土鉱物内に1立方センチメートル当たり100億程度の微生物がいることが分かった。

近畿大学病院の中尾慎一教授と福田寛二再生医療部長らは、再生医療に使われる幹細胞の一種「骨髄間葉系幹細胞」が老化する新しい仕組みを発見した。老化した骨髄間葉系幹細胞で多く発現する核酸により、劣化した細胞...

人工細胞の中に分子を含んだ水溶液を流し込む間、細胞表面の分子組成が変化して分子が外部に漏れにくくなっていた。原始の細胞がデオキシリボ核酸(DNA)や核酸などの分子をどのようにため込んだのかという生命起...

京都大学ウイルス・再生医科学研究所の河本宏教授らは、免疫反応で病気の細胞を攻撃するキラーT細胞をiPS細胞(人工多能性幹細胞)から作り、固形がんモデルで治療効果を確認した。iPS細胞に、T細胞の表面で...

▽KYOTO’s 3D STUDIO(京都市左京区)=3D計測で採取保存した文化財データと、その文化・歴史・由来などを多言語で組み入れて表現した「体験学習型3Dデジタルコンテンツ」の開発とサービス提供...

米エネルギー省はIBM製のスパコン「サミット」を用いて、新型コロナの感染に影響を及ぼす化合物のモデルを作り、宿主細胞に取り付いて感染する能力を弱める薬剤や天然化合物の発見で成果を出している。 ...

アビガンは、細胞内でウイルスの増殖に必要な酵素の働きを阻害する。... インフルと同じウイルスではないものの、細胞内のウイルス増殖を阻害するという作用が新型コロナにも有効と期待される。 ...

本多電子と穂積教授らが開発した「細胞観察用超音波顕微鏡」の試作機は、生きた細胞の弾性的構造を非侵襲、無染色で観察できる。深さ方向で1―3マイクロメートル(マイクロは100万分の1)程度の細胞に対応し、...

京都大学iPS細胞研究所(CiRA)から分離した京都大学iPS細胞研究財団(京都市左京区)は、公益財団法人認定に伴い、iPS細胞(人工多能性幹細胞)の製造や品質評価などの技術を産業界に橋渡しする活動を...

風邪コロナウイルスの細胞表面への吸着を抑えてウイルス増殖を抑制し、炎症物質の放出量を減らしていた。... その結果、気管支拡張薬の投与によって、風邪コロナウイルスが細胞に吸着するのに必要な受容体が減少...

がん細胞のにおい検知や、スマートフォンのアプリケーション(応用ソフト)で口臭検知などでの利用を想定している。

大阪大学とロート製薬は、眼の組織の元となる眼周囲間葉(POM)細胞を得るのに有用なiPS細胞(人工多能性幹細胞)を作製した。... そこから蛍光のある細胞だけを取り出すと、POM細胞を独立して得られた...

ガードナー国際賞、理研の竹市氏受賞 (2020/4/2 科学技術・大学)

動物の細胞が組織や臓器を形成する過程で、細胞同士が互いにくっつく現象に着目し、そのカギとなるたんぱく質「カドヘリン」を発見したことなどが評価された。

京都大学高等研究院ヒト生物学高等研究拠点のアレヴ・ジャンタッシュ准教授らは、理化学研究所と京大iPS細胞研究所、名城病院と共同で、ヒトiPS細胞(人工多能性幹細胞)を使い、体の各部分の元となる体節の段...

ウルトラジェニクスは「HeLa細胞」などを使ったAAVの生産技術を持ち、第一三共はこれらの技術をもとに遺伝子治療薬の製造技術確立をめざす。... 遺伝子異常により変異した細胞に特定の遺伝子を組み込んだ...

最大氷結晶生成温度帯で時間をかけて緩やかに凍結すると、氷結晶が大きくなり細胞を傷つけ、解凍時にうまみ成分であるドリップを漏出する。... 液体凍結では最大氷結晶生成温度帯を急速凍結するため、氷結晶が食...

おすすめコンテンツ

2020年度版 技術士第一次試験 
「建設部門」専門科目 受験必修過去問題集
<解答と解説>

2020年度版 技術士第一次試験 「建設部門」専門科目 受験必修過去問題集 <解答と解説>

社員も会社も輝く! 関西の優良企業50社
2020年版

社員も会社も輝く! 関西の優良企業50社 2020年版

東京の長寿企業70社

東京の長寿企業70社

2020年度版 技術士第一次試験 
「建設部門」受験必修問題300

2020年度版 技術士第一次試験 「建設部門」受験必修問題300

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる