電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

111件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

ニュース拡大鏡/帝人、再生医療で強み生かす バイオ関連と連携加速 (2024/2/20 素材・建設・環境・エネルギー2)

顧客は大手製薬企業やスタートアップなどさまざまだが、足元ではがん患者自身の免疫細胞を強化する療法「CAR―T細胞療法」の需要が大きいという。

他家T細胞で免疫治療 リバーセル、量産技術急ぐ (2024/2/16 中小・ベンチャー・中小政策)

すでに開発が進んでいる自家のT細胞を材料にしたT細胞療法と異なり、他家移植で汎用性の高い免疫療法として確立を目指す。... 自家T細胞ががん細胞などの表面にあるたんぱく質を認識するのに対して再生キラー...

リバーセル(京都市上京区、梶川益紀社長)は、多能性幹細胞から再生したキラーT細胞での他家移植系の免疫療法に関する開発を拡充する。... 同社は再生キラーT細胞の量産...

次世代型、3年内完成目指す 京都大学iPS細胞研究所(CiRA)によるiPS細胞(人工多能性幹細胞)の研究成果が目に見える形になってきた。... 島津...

島津製作所と京都大学発スタートアップのリジェネフロ(京都市左京区)、京大iPS細胞研究所(CiRA)、東洋製缶グループホールディングス(GHD)は27日...

国立がん研究センターと旭化成は20日、キメラ抗原受容体遺伝子改変T細胞(CAR―T細胞)療法の開発に関する共同研究契約を締結したと発表した。国立がん研究センター研究所と旭化成グループの...

「検査器の用途拡大に向け、患者自身の細胞を用いてがんと闘う『CAR―T細胞療法』に注目している。白血病など免疫細胞系のがん治療に効果的な治療法だ。治療プロセスでCAR―T細胞ががん細胞を攻撃できるまで...

小野薬品工業は米フェイトセラピューティクス(カリフォルニア州)との創薬提携契約に基づき創製した人工多能性幹細胞(iPS細胞)由来のキメラ抗原受容体T細胞(CAR...

経済透視図(72)CAR―T細胞療法 (2022/11/2 金融・商品市況)

このヒトに本来備わるがん細胞を排除する免疫機構を応用したアプローチはがん免疫療法と呼ばれ、近年技術の発展が目覚ましい。 ... 近年大きな成果を出しているがん免疫療法のカテゴリの一つ...

研究を進めることで、効果の高い免疫細胞療法の開発につながることが期待される。 ... IL―15産生細胞はiNKT細胞の分化などで必要なサイトカインだが、iNKT細胞の機能...

慶大、「慶応医学賞」に日米2氏選定 (2022/9/21 科学技術・大学)

CAR―T細胞療法開発 ジューン教授の受賞研究テーマは「新しい免疫治療戦略としてのCAR―T細胞療法の開発」。免疫システムの司令塔と実行役を担う「T細胞」の増殖機...

iPS細胞(人工多能性幹細胞)を含むヒト多能性幹細胞は培養が難しい。... 細胞医薬品の原材料となるヒト多能性幹細胞として主に胚性幹細胞(ES細胞)を提供している。.....

タカラバイオ、遺子治療用製品の受託製造開始 (2022/9/13 素材・医療・ヘルスケア)

タカラバイオが保有する遺伝子改変T細胞療法に用いられる「siTCR技術」や「JAK・STAT技術」を活用し、ベクター(運び屋)の設計・構築も担う。 患者のT細胞から、がんを攻撃...

変動解析、バラつき抑制 シンフォニアテクノロジーは自動細胞培養装置事業に本格参入した。... 「細胞製造を一つの産業とするには工程の見える化が欠かせない...

第一三共など、CAR―T細胞療法の体制整備 (2022/1/10 素材・医療・ヘルスケア)

血液のがんの一つである、再発または難治性の大細胞型B細胞リンパ腫の治療を目的とする。CAR―T細胞療法では、血液から分離したT細胞に、特定のがん細胞を認識して攻撃するキメラ抗原受容体の遺伝子を導入後、...

【京都】島津製作所は15日、リジェネフロ(京都市左京区)、京都大学iPS細胞研究所(同)などと共同で、ヒトiPS細胞(人工多能性幹細胞)から作製されるネ...

実証試験では、多重フラスコ底部のカメラで1日おきにiPS細胞(人工多能性幹細胞)を撮影し、画像解析でコロニー端部を認識。細胞専有面積率を算出し、細胞の増殖を評価した。... シンフォニ...

細胞医療とは生きた細胞を用いて組織や臓器の機能を再生させたり、改変した細胞を投与したりすることで病態を改善する医療である。... つまり「対症療法」から「根本治療」への飛躍である。 ...

患者自身のT細胞に遺伝子導入して投与するキメラ抗原受容体T細胞(CAR―T細胞)療法も、がん領域で近年実用化が進む細胞治療だ。 細胞の移植や投与を受けた際、免疫による...

京都大学iPS細胞研究所(CiRA)の入口翔一研究員と金子新教授らは18日、培養条件を整えるフィーダー細胞や牛の血清など動物由来成分を使わずiPS細胞(人工多能性幹細胞)...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン