電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

71件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.008秒)

住友ファーマ、再生・細胞医療で日米拡充 (2024/2/26 生活インフラ・医療・くらし)

一方、米国ではノースカロライナ州に新設した細胞製品の製造施設を活用。... 両地域で27年度に中枢神経や眼科、希少疾患を対象領域に市場投入2製品以上、開発品目総数5品目以上を目指す。 ...

(大阪・市川哲寛) 細胞医薬では23年度中に、米国で他家人工多能性幹細胞(iPS細胞)やリサイミック関連の細胞製品の製造施設が完成...

両社は理化学研究所と人工多能性幹細胞(iPS細胞)の自動分化誘導技術を確立した。この知見を基に再生医療などの細胞製品の製造を支援する。 ... 再生医療の実用化や普及...

日本精工が培ってきたメカトロニクスや精密位置決め技術などを活用し、患者の細胞を培養して生み出す3次元(3D)細胞製品に必要な設備開発などを進める。... こうした3D細胞製品は生体に近...

汎用ヒト型ロボット「まほろ」で細胞培養に必要なピペット操作や細胞剝離操作などを行う。... 再生医療のデファクト(業界標準)を押さえれば、細胞製品の研究と生産が直結する研究生産プラット...

住友ファーマ、米に細胞製品製造施設 iPS対応も視野 (2022/4/25 素材・医療・ヘルスケア)

住友ファーマは米国に細胞製品製造施設(CPC)を建設する。... 将来は、住友ファーマが事業化を目指す他家人工多能性幹細胞(iPS細胞)由来の細胞製品の製造に対応するた...

経営ひと言/大日本住友製薬・野村博社長「iPSで先頭」 (2022/3/18 素材・医療・ヘルスケア)

「日本発の技術のiPS細胞(人工多能性幹細胞)製品で先頭を走っている自負はある」と胸を張るのは、大日本住友製薬社長の野村博さん。 ...

その利益を最大化するとともに2年目となる新製品を成長ラインに乗せる。... 薬や細胞では踏み入れることができない市場に手が届く。... 日本発の技術iPS細胞(人工多能性幹細胞)製品な...

厳格な管理の下、ノウハウを蓄積し、将来、細胞治療製品が承認され広く流通する時には、独占的に物流を担う狙いだ。... また、アルフレッサHDの子会社のアルフレッサ(東京都千代田区)は、日...

患者本人の細胞を使った「自家細胞」などでの再生医療製品販売と、再生医療製品の受託製造開発(CDMO)の二つの事業の強化で達成を目指す。 ...

日本の製薬企業がFDAに申請する際、同社の医療用iPS細胞を医薬品の原料として使えば、細胞製品の製造施設の詳細を調査・監査し、報告する手間を削減できる。 iPS細胞を原料と...

太陽ファルマテック、細胞製品の製造施設 (2021/10/7 素材・医療・ヘルスケア1)

太陽ファルマテック(大阪府高槻市、佐藤英志社長)は、高槻工場内に細胞製品製造施設を完成させた。再生医療用び細胞製品受託製造に利用する。 ...

LSII、「Muse細胞」の良好な忍容性確認 (2021/5/27 ヘルスケア)

生命科学インスティテュート(LSII、東京都千代田区、木曽誠一社長)は、脳梗塞患者を対象に多能性修復幹細胞の一種「Muse細胞」を使った臨床試験の中間結果を公表した。 ...

生命科学インスティテュート(LSII、東京都千代田区、木曽誠一社長)は、新型コロナウイルス感染症に伴う急性呼吸窮迫症候群(ARDS)の患者に、多能性修復幹細胞の一種「M...

Muse細胞で脳梗塞治療 低コスト「他家細胞」で再生医療実現へ 生命科学インスティテュート(LSII、東京都千代田区)は、多能性幹細胞の一種「Muse細胞」を...

LSII、ALS対象に臨床試験 Muse細胞活用 (2021/2/1 素材・医療・ヘルスケア)

生命科学インスティテュート(LSII、東京都千代田区)は、多能性幹細胞の一種「Muse細胞」を使った細胞製品「CL2020」について、筋萎縮性側索硬化症(ALS)を対象...

ウイルスが細胞に接着し、細胞内に侵入するのを防ぐ。 ... ヘリオスは、米アサシスが創製した間葉系幹細胞製品「マルチステム」を、ARDSを適応症に国内で開発中だ。... 重症肺炎や外...

LSIIは既にMuse細胞を用いた再生医療製品の実用化にめどをつけており、「国内の臨床試験の結果に興味を示す企業も多い」(木曽社長)という。 ... 世界の製薬企業が...

検証2020/創薬ベンチャーの戦い ワクチン・薬の開発活発 (2020/12/9 素材・医療・ヘルスケア)

肺で炎症性細胞が活性化されて組織が傷つく疾患で、重度の呼吸不全を招く。... ヘリオスは、米アサシスが創製した間葉系幹細胞製品「マルチステム」を、ARDSを適応症に開発中。... またヒューマンライフ...

ニュース拡大鏡/コロナ重症患者を救う! ARDS国内臨床 (2020/11/24 素材・医療・ヘルスケア)

同社は米アサシスが創製した間葉系幹細胞製品「マルチステム」を日本でARDS治療薬として開発・販売する権利を持つ。 ... マルチステムは骨髄由来の間葉系幹細胞を活用した治療薬。......

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン