電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

119件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.017秒)

大規模問題、分割し求解 Quanmaticが手法 (2024/3/14 科学技術・大学2)

量子アニーリング、1億ビット実現 Quanmatic(東京都新宿区、古賀純隆社長)は、巨大な組み合わせ最適化問題を分割して解く手法「リボアニーリング」を開発した。.....

細胞を試薬にさらす処理時間などの、生命科学実験の細かなルールを加味して作業順を最適化する。PCR検査と遺伝子発現解析の2種類の実験の最適化では、1・6秒で結果が得られた。... 生命科学実験は試料調製...

組み合わせ最適化問題を解くと、計算エラーを従来法の99・2%から1・6%に低減できた。... 組み合わせ最適化問題に適用すると、時間平均化と不活性化の両方とも最適値にたどり着いた。.....

早稲田大学の松田佑教授と井上智輝大学院生、窪田航陽大学院生らは、大量の時系列データの分類を組み合わせ最適化問題として解く手法を開発した。組み合わせ最適化問題とすると専用計算機のアニーリングマシンを利用...

ロームなど、半導体製造工程の最適化実証完了 量子技術を活用 (2023/12/6 電機・電子部品・情報・通信1)

半導体工場の大規模量産ラインで同技術による製造工程最適化が実証できたのは世界初という。... 量子技術の一つである量子アニーリング方式を活用した組み合わせ最適化により、工程を効率化した。 &#...

現在は2050年ごろの実用化が見込まれるゲート方式量子コンピューターをしのぐ計算能力を、シリコン半導体を使って30年ごろまでに達成する目標に挑む。 半導体は集積化により性能をどんどん...

創薬や材料開発などに生かせる「組み合わせ最適化問題」を低消費電力かつ高速に解く。... 組み合わせ最適化問題の一つである4096頂点の「頂点被覆問題」が解けることを確認している。 ....

NEC、米社とSIパートナー契約 数理最適化ソルバー、ソリュに組み込み (2023/11/15 電機・電子部品・情報・通信1)

NECは量子コンピューティング技術や人工知能(AI)と組み合わせ、最適化の方式検討から適用検証・チューニング(調整)まで顧客の最適な意思決定を包括的に支援する。 ...

物流経路や生産計画の最適化では、膨大な選択肢から最適な解を抽出する「組み合わせ最適化」が有効とされている。 DNPは2021年に組み合わせ最適化問題を高速処理する「DNPアニーリング...

空間光イジングマシンは光学変調を利用して組み合わせ最適化問題を解く。... 実際に、最適化問題の一種である整数重みナップサック問題を解いて有効性を実証した。... 空間光イジングマシンはパラメーター数...

Quanmatic(東京都新宿区、古賀純隆社長)は、量子アニーリングマシンなどの最適化計算能力を高めるソフトウエアを開発した。... 通常のコンピューターが苦手とする組み合わせ最適化問...

AMRの移動距離短縮 大日印など、シミュレーター開発 (2023/6/28 電機・電子部品・情報・通信1)

大日本印刷(DNP)はアルティマトラスト(東京都千代田区)と共同で、物流倉庫や飲食店で稼働する自律移動ロボット(AMR)の経路を最適化するアルゴリズム&...

量子ビットは量子効果、疑似量子アニーラは温度効果を用いて組み合わせ最適化問題を解く。

みずほリースは、ビッグデータ(大量データ)統計解析を軸に組み合わせ最適化サービスを提供するモーション(東京都文京区)と電気自動車(EV)関連サービスの構...

Jijがドイツに事業拠点 量子計算、エネ分野で攻勢 (2023/5/23 電機・電子部品・情報・通信1)

量子計算では組み合わせ最適化問題に強い「イジングマシン」を軸に攻勢をかける。 ... 組み合わせ最適化問題などの多数の変数が絡み合う問題を高速で解ける。 ... も...

膨大な組み合わせパターンの中から、荷物の積みつけ順と配送ルートの割り付けの最適モデルを計算する。 ... 物流分野では一部の量子コンピューターが得意とする「組み合わせ最適化問題」とし...

富士通は8日、老朽化した広域ネットワーク設備を最新の光ネットワーク技術を用いた設備へと移行するモダナイゼーション(最新化)の最適化手法を検証し、有効性を確認したと発表した。... 共同...

量子アニーリングマシンは膨大な組み合わせの中から良い答えを探す組み合わせ最適化問題に利用される。... 事業面では特定のハードウエア(量子計算機)に頼らず、ソフトウエアに特化。疑似量子...

量子コンピューターは組み合わせ最適化など特定の用途に特化した「量子アニーリング方式」と、現在我々が利用しているパソコンに相当するような汎用コンピューターである「量子ゲート方式」の2種類存在する。......

東京工業大学の川村一志特任助教と本村真人教授らは、計算原理を問題に応じて最適化できるアニーリングプロセッサLSI(大規模集積回路)を開発した。組み合わせ最適化問題など、既存のコンピュー...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン