電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

380件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

医師の要求理解し信頼高める 家次恒シスメックス会長グループ最高経営責任者(CEO)は義父が立ち上げた中小企業を引き継ぎ、同社をヘマトロジー(血球計数検査...

経営は意思決定することだと捉え、「誰のために、なぜそうするのか」を意識する。... 5月13日に発表した新中期経営計画では策定したパーパス(存在意義)を披露した。... 従業員から共感...

190年、会社の持続的な発展追求 「人と仕組みを作る」―。長瀬産業の上島宏之社長が若手時代から大事にする取り組みで、今も自身の重要な役割と位置付ける。優秀な営業マ...

製造業では現業職、事務職を問わず「仕事が人格を、人間をつくる」との思いが、人事・経営企画畑での思考の原点となった。... 「これからが、これまでを決める」を持論とし「歴史を教訓とするためにも、経営危機...

長井社長は厳しい経営環境のもと経営効率化を進め、2024年3月期業績を3年ぶりに黒字化した。 ... 経営企画畑が十数年と長く、長井啓介社長の側で経営哲学を学んできた。... 直近で...

木造建築で社会に喜びと感動を 木造建築で国内初の金物接合工法「KES構法」を半世紀ほど前に開発したシェルター(山形市)の木村一義会長。在来工法主流...

経営託せる人 育てるのが使命 「自分が生み出した設備が動き、自分が生み出した鋼が多くの場所に採用されたのを見ると、技術者冥利(みょうり)に...

その後、当初予定にはなかったものの、巡り合わせで18年には40歳で実父から経営を引き継ぐことに。日本の社長の平均年齢が60代である点を踏まえると、早い段階で経営を継承した。... 06年野原産業...

顧客に寄り添いブランド力向上 会社員人生の大半を海外で重ねてきたフジテックの原田政佳社長。外語大学出身ということもあり、語学も堪能だ。入社のきっかけについて、「海外志向が非常に強かっ...

経営者としての父は「モノづくりには厳しかった」。... 取引先の倒産の影響を受けて一時的に経営が厳しくなることもあったが、金融機関や別の取引先の協力に支えられた。... ただ、継がなくてはという思いは...

次世代を担う経営リーダーには、世の中の動向を見極める先見性など五つの要素が重要とみる。... (山岸渉) 【略歴】こぼり・ひでき 78年(昭53...

さらに2008年のリーマン・ショック時には売上高が4分の1まで減少し、経営危機が足元にまで迫った。 ... そこで5マイクロメートル(マイクロは100万分の1)以下の...

健康を基盤に「プロフェッショナルとして仕事に取り組んでほしい」「多彩な人財と先進の情報技術を組み合わせた独自サービスによって、新たな価値を創造する」との思いを込めた同社の事業ブランド「Human...

2人のトップはもちろん、当時の社外取締役を含めた経営陣から学んだことも、FG経営に大きく影響した。... 菅会長は経営を「頂上の見えない山登り」と説く。高みを目指すほど道のりは険しくなるが、過去の経験...

10年取締役兼執行役副社長、11年社長・グループ最高執行責任者(COO)、14年社長・グループ最高経営責任者(CEO)。

岡本氏は直面する難局に対し、独自に編み出した“三直三現主義”、すなわち「すぐに現場に出て、すぐに現物を確認し、すぐに現実に即した対応」を基本方針に掲げ、“現場が利益の源泉”との意識を社内に植え付けると...

日産の経営トップに就いたカルロス・ゴーン氏は、再生計画「日産リバイバルプラン」とともに部品メーカーとの資本関係の解消、いわゆる「系列解体」を進めた。... 当時の経験から経営にはスピード感と絶対に諦め...

ファンド経営の間に盟友との出会いもあった。... スコット会長は「天才経営者だった。... 20年には経営再建中のJDIへの出資を決断、同社の会長兼CEOに就任した。

社会課題解決に貢献、使命 「業績やシェアなど、過去の栄光にしがみついていたら会社はどんどん衰退していく。人も企業も変わってなんぼ」―。「事業活動を通じて社会に貢献する」ことを使命とし...

大東建託の竹内啓社長は2023年4月のトップ就任を機に、社員に向けてこの三つの経営方針を打ち出した。 ... (編集委員・古谷一樹) 【略歴】たけう...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン