542件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.019秒)

ユニチカトレーディング、布マスク2種投入 シキボウと協業第1弾 (2021/7/27 建設・生活・環境・エネルギー2)

両社が4月に発表した繊維事業の協業による第1弾となる商品。

繊維製品の製造販売を手がける。創業70年を超える老舗だが「サイボーの悪いところは繊維事業に関し単発(商品)なこと。

繊維事業、強み生かす スピード重視で商品開発 ユニチカトレーディング(大阪市中央区、細田雅弘社長)は、シキボウと繊維事業で協業する。両社が繊維事業で連携するのは初...

帝人の通期見通し、営業益9.2%増 車回復・ヘルス好調 (2021/5/12 素材・医療・ヘルスケア)

ヘルスケア事業は高尿酸血症・痛風治療剤の販売増、武田薬品工業から承継した糖尿病医療薬が業績に寄与する。マテリアル事業は車用途のアラミド繊維や複合成形材料で回復を見込む。 ... 当期...

高機能繊維事業本部や衣料繊維部門などを経て、4月1日に設立した新会社社長に就いた。... 新型コロナウイルスの影響で繊維製品の受注が減る中での厳しい船出となった。

東洋紡の通期見通し、営業益1.3%増 車低迷など懸念 (2021/5/11 素材・医療・ヘルスケア)

前期にアクリル繊維事業の事業用資産の減損損失や、工場火災による特別損失を計上していたことから、大幅増を見込む。

人口減少などでアパレル業界を取り巻く経営環境が厳しいことから、両社の繊維事業の相乗効果発揮や生産効率化を狙う。... シキボウの清原幹夫社長は28日の会見で、完全子会社化の背景を「上場企業としての自主...

繊維産業が海外に押され厳しい状況で、グローバル化により活路を開いた。... 後任に名前が挙がるのが、繊維事業出身の大矢光雄副社長だ。... 炭素繊維複合材料事業を束ねる吉永稔取締役やフィルム事業本部長...

ニッケ、基幹システム刷新 管理効率化・生産最適化 (2021/4/7 素材・医療・ヘルスケア)

ニッケは、衣料繊維事業の基幹システムを刷新する。... 衣料繊維事業で共通の新しいシステム基盤を構築することで、管理部門業務の効率化や、生産計画の最適化を図る。... ニッケの衣料繊維事業はウール製の...

ユニチカトレーディング(大阪市中央区、細田雅弘社長)とシキボウは6日、繊維事業で連携すると発表した。両社が繊維事業で連携するのは初めて。... シキボウの加藤守上席執行役員繊維部門長(同左)も「連携に...

中国の学生服事業について「昨年は新型コロナウイルス感染拡大で動きが止まってしまった」と振り返るのは、ニッケ取締役常務執行役員の川村善朗さん。 ニッケは中国で販売する学生服を衣料繊維事...

特殊加工糸事業においても、技術を融合することで開発力を強化する狙いだ。 帝人フロンティアは、帝人の主力の一つである繊維事業の中核子会社。

TOBに不快感を表した東京製綱は、反対理由に鉄の取引拡大や東京製綱が手がける炭素繊維事業の見直し要求がないかなど、日鉄の影響力増大の可能性を挙げる。... 国内事業の選択と集中を進める一方、中国勢と開...

綿の原料から製品まで手がけるスミテックスと化学合成繊維を得意とする蝶理が強みを持ち寄る。両社の繊維事業の単純合算は2020年3月期売上高が約1700億円、経常利益が約50億円。... スミテックスは6...

帝人は25日、炭素繊維中間材料の新ブランド「TENAX PW」(テナックス パワーシリーズ)、「TENAX BM」(テナックス ビームシリーズ)を発足し、発売したと発表した。... 帝人の炭素繊維「テ...

シキボウ、緊急経営計画 コロナ対応・新事業創出 (2021/2/23 素材・医療・ヘルスケア)

繊維事業では従来から課題だった国内市場の縮小に対処する。... 「特に繊維事業に関しては、コロナ禍以前から採算の難しいところに手を打ってきている。... 「20年6月には完全バーチャルで、10月にバー...

そのためにサンドラッグと連携し、個人でも購入できるようにした」 ―繊維事業の赤字をどう解消しますか。 「繊維の既存ビジネスは、コロナ前の約7割までしか戻らないだろう...

第63回十大新製品賞/日本力賞 クラボウ (2021/2/17 電機・電子部品・情報・通信)

クラボウは繊維事業から発展した色のセンシング技術を基に、この課題に対応した。 ... 開発のきっかけは、クラボウグループ全体の技術開発を担う独立組織「技術研究所」が2016年に始めた...

新型コロナウイルス感染拡大で、マイクロデバイス、ブレーキ、精密機器、繊維事業が営業赤字となったことが響いた。 ... 足元はマイクロデバイス事業が「フル生産の状況で、これ以上の増産は...

中国市場や自動車用途の回復が機能化成品事業などの業績を押し上げる。炭素繊維複合材料事業の事業損益は航空機用途の需要減で前回予想比10億円悪化の80億円の赤字となる見通し。 20年4―...

おすすめコンテンツ

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

プラスチック製品設計者1年目の教科書

プラスチック製品設計者1年目の教科書

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説
第8版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第8版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる