電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

373件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

アサヒビールは、RTD(フタを開けてそのまま飲めるアルコール飲料)の缶チューハイ「アサヒ贅沢搾りプレミアムぶどう」を14日に発売する。

挑戦する企業/キリンHD(6)祖業・ビールの使命 (2023/12/19 生活インフラ・医療・くらし)

このため既存ブランドのビール「一番搾り」や缶チューハイ「氷結」、ノンアルコール飲料「グリーンズフリー」などは「生産と物流をセットで見ながら、構造的にさらに効率化を進める」方針。

発売した香辛料の風味が特徴の缶チューハイに手応えを感じている。 2026年まで缶チューハイなどは酒税税率が変わらないが、第三のビールは増税になる。このため「缶チューハイなどの市場は緩...

ニュース拡大鏡/レモンサワーの次で勝負 RTD、新たな定番作り (2023/10/4 生活インフラ・医療・くらし2)

(編集委員・井上雅太郎) 缶チューハイなどのRTDといえばレモンサワーが想起されるほど定番中の定番。... 7月にはジン「翠(すい)」のRTD「翠ジン...

ビール、キレある新戦略 10月の酒税改正追い風 (2023/8/29 生活インフラ・医療・くらし)

今回税率が変わらない缶チューハイでも8種の香辛料を使う新商品を投入する。

ジン「翠(すい)」のRTD「翠ジンソーダ缶」では7月にリニューアルし、ユズの香りを高め、炭酸も強化し爽快感を強めている。... 第1弾として今春発売した缶チューハイ「サッポロ ...

10月酒税改正 商機へ戦略ビール続々 (2023/8/24 生活インフラ・医療・くらし)

純アルコール量は500ミリリットル缶が14グラムで、スーパードライ350ミリリットル缶と同量。 ... また、新RTD「サッポロ クラフトスパイスソーダ」は柑橘(かん...

サッポロ、激戦RTDに攻勢 AI駆使し開発期間を半減 (2023/5/4 生活インフラ・医療・くらし)

サッポロビールはチューハイやカクテルなど、ふたをあけてそのまま飲めるアルコール缶飲料「RTD」の開発、生産体制を強化する。... 3月には缶チューハイの新商品「ニッポンのシン・レモンサワー」を発売。

サッポロ、30―40代向けRTD新商品 “食中酒”缶チューハイを来月投入 (2023/2/1 建設・生活・環境・エネルギー1)

サッポロビールは31日、缶チューハイの新商品「ニッポンのシン・レモンサワー」を3月22日に発売すると発表した(写真)。... サッポロは缶チューハイなどのそのまま飲...

ニュース拡大鏡/酒類大手、RTD拡充 低価格帯は「第三」からシフト (2023/1/26 建設・生活・環境・エネルギー1)

酒類大手4社は低価格品の需要が缶チューハイや缶ハイボールといったRTD(そのまま飲めるアルコール飲料)にシフトするとみて、商品の強化を図る。... 同年は350ミリリットル缶でビールが...

キリンとアサヒ、ビール類を今月減産 買い控えで市場縮小 (2022/11/24 建設・生活・環境・エネルギー1)

ビール大手は10月にビール類や缶チューハイ、ワインなどを2―17%値上げし、9月は駆け込み需要でビール類の販売数量が同50%増と大幅に伸び、10月は反動減で同32%減となった。...

サッポロビール、物流拠点再編 効率化加速 (2021/12/21 建設・生活・環境・エネルギー2)

サッポロビールは缶チューハイなどのRTD(そのまま飲めるアルコール飲料)が好調。

サッポロビール/炭酸水感覚 ピーチ缶チューハイ (2021/11/29 新製品フラッシュ1)

サッポロビールは缶チューハイ「WATER SOUR ピーチ」を12月7日に数量限定で発売する。

高齢の従業員も楽々作業 ビールと、缶チューハイや缶カクテルなどのアルコール飲料(RTD)を一緒に製造できるハイブリッド型ラインを強みに持つキリンビール福岡工場(...

「今は缶入り製品のニーズが高くなっていて、作り分けるのが大変になってきた」と工場の状況を語るのは、キリンビール福岡工場長(福岡県朝倉市)の高橋伸夫さん。 ... ビールや缶チュ...

アサヒビール、来月から缶体に純アルコール量表記 (2021/6/7 建設・生活・環境・エネルギー)

アサヒビールは7月から順次、国内で製造するビール類(ビール、発泡酒、第三のビール)、缶チューハイ、ビールテイスト飲料の缶体に、純アルコール量の表記を始める。2021年内に表示を始めるの...

アサヒの缶チューハイ、全業態に販路拡大 (2021/6/3 建設・生活・環境・エネルギー2)

アサヒビールは缶チューハイ「アサヒ ザ・レモンクラフト=写真」を7月6日にリニューアルし、全業態に販路を広げる。

宝酒造は20日、楠工場(三重県四日市市)で製造した「タカラ焼酎ハイボール」などの製品の缶上部外周からアルミニウムの一部がはみ出している可能性があるとして、対象商品を自主回収すると発表し...

一方で放射能の風評被害に遭っていた福島県産梨の缶チューハイ「氷結」を開発し、売り上げの一部を寄付に充てるかたちで全国発売したところ、非常に売れた。

サッポロ、静岡に物流倉庫増設 保管量1.4倍 (2021/5/13 建設・生活・環境・エネルギー2)

静岡工場は3月に発売した缶チューハイ「濃いめのレモンサワー」を製造しており、販売が好調。... 静岡工場は缶チューハイなどそのまま飲めるアルコール飲料「RTD」の主力工場。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン