電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

1,349件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

同センターの開設により、使用済み製品の回収・再生が義務化される可能性のある欧州環境規制などへの対応も図る。

三菱自、安全性・燃費を向上 ミニキャブトラック改良 (2024/5/29 自動車・モビリティー)

改良したミニキャブトラックは、継続生産車で24年5月に設置が義務化された後退時車両直後確認装置に対応。

例えば、東京証券取引所のプライム市場に上場している企業は、サプライチェーン(供給網)全体のGHG排出量情報の開示が実質義務化されている。... 欧州連合(EU)内で販売...

マクセル、車載コイン形電池増産 タイヤ空気圧監視装置向け (2024/5/24 電機・電子部品・情報・通信)

CASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)の潮流などを背景としたTPMSへの需要拡大に備える。... 欧米を含む海外ではTPMSの装着義務化が進む。自動運転の実用化に伴い...

リーグを付けるのは、周囲で常態化しているからなのか。... ハラスメントが頻繁に耳に入る中、防止に向けた法制化が進む。労働施策総合推進法の改正で、2020年6月から事業主にパワハラ防止策を講じることが...

研究成果のオープン化にも予算の制約が生じている。... APCは高額化しており、助成制度が要望されている。... 25年度公募から始まる論文の即時オープンアクセス義務化は研究者の6割、マネジメント層の...

王子HD、環境型包材の開発に着手 ワルキと食品・日用品向け (2024/5/10 素材・建設・環境・エネルギー)

両社の技術を融合し、より高性能な包装材の製品化につなげる。 ... 自社が持つ包装材関連の技術とワルキが持つ技術を融合し、より高機能な環境配慮型の包装材を早期に製品化。... 欧州で...

義務化の背景には、従業員をコストではなく資本と捉えて企業価値向上を図る「人的資本経営」が重要になってきたことがある。デジタル化による効率化や、モノとコトを組み合わせた課題解決型サービスが競争力を左右す...

DXの先導者たち(151)AIoTクラウド AI・IoT融合に強み (2024/4/25 電機・電子部品・情報・通信2)

スリーゼロは23年12月に業務上の運転の前後に検知器の使用が義務化されたのを踏まえたサービスだ。... 「点検の迅速化に加え、人手不足やヒューマンエラーの対策となる」(松本社長)。スマ...

そのため、気候変動を筆頭に、サステナビリティ関連情報開示の基準の作成や法定義務化が主要国で進展する。 ... 日本では地球温暖化対策推進法の下で多数の企業が温室効果ガス排出量を算定し...

従来手作業で行っていた同業他社の有価証券報告書の人的資本に関する情報抽出や分析作業を生成AIを使って効率化した。... 人的資本経営の重要性が高まり、2023年3月期決算から上場企業は有価証券報告書に...

ローム、樹脂製光拡散材で封止 赤外線光源、LED並み照射角度 (2024/4/9 電機・電子部品・情報・通信1)

民生用の製品化は10月、車載用は2025年後半を予定。... 欧州連合(EU)がドライバーモニタリングシステムの搭載義務化を予定しているほか、運転者以外の同乗者を検出する車室内モニタリ...

成果開示、社員能力向上へ 上場会社では2023年3月決算企業から順次、人的資本経営に関する情報開示が義務化された。... 各企業で試行錯誤し、独自の考え方を構築していくと差別化につな...

したたかな産業育成手本に 欧米の気候変動政策が、経済政策との一体化を鮮明にしている。... 本格運用となる26年以降、EUの排出量取引制度の炭素価格を基準に決める対策コストの支払いを...

1日から「無期転換ルール」の明示が義務化された。... だが生活基盤が安定することで、個人消費や少子化対策にプラスに作用すると期待したい。 ... 同一労働同一賃金による処遇改善や、...

4月から…こう変わる (2024/4/1 総合3)

法制度 ▽改正労働基準法 自動車運転業などの時間外労働に関して上限規制が適用 ▽改正金融商品取引法 ...

THIS WEEK/4月1日ー7日 (2024/4/1 総合2)

1日(月) 赤口 ■政治・経済 ▽3月の日銀短観 ▽2月末の税収実績(財務省) ▽一般ド...

栗本鉄工所、橋梁向けFRP検査路販売伸長 (2024/3/15 機械・ロボット・航空機)

5年に1度点検義務化が追い風 栗本鉄工所の橋梁向けの繊維強化プラスチック(FRP)検査路の販売が好調だ。... 国土交通省が道路橋などに5年に1度...

電子取引データ保存などに対応し、1月からの保存義務化が追い風となった。

2022年の知床遊覧船事故を受けて国土交通省が24年度から改良型救命いかだなどの積付けを義務化することから、新たに設計開発。... 国交省の知床遊覧船事故対策検討委員会の取りまとめでは、一定の水温を下...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン