電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

249件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

【東大阪】近畿大学農学部と東邦大学理学部などの研究グループは、ウシ胎児血清成分を含まない、マウスの多能性幹細胞用無血清培地「DARP培地」を開発した。... マウスES細胞の培養で...

ロッテ・千葉県など、歯の健康づくりで連携 かむ大切さ啓発 (2024/5/31 生活インフラ・医療・くらし1)

協定に基づき、3者は胎児期から高齢期までのライフステージを考慮した歯・口腔の健康づくりや、かむことの大切さの普及啓発、健康推進に必要な事項などで連携する。

開発手法はラット自身のFSHで卵胞が発育し、排卵数も増え過ぎないため、胎児が順調に発育すると考えられる。

妊娠26週未満の脊髄髄膜瘤の胎児が対象。... 手術後は胎児を子宮内に戻して妊娠を継続させた。... そこで妊娠中の母親の開腹手術で胎児を治療する「胎児脊髄髄膜瘤閉鎖術」が開発され、海外では一般的に実...

腎臓内科が専門の長船教授は2006年、胎児期の腎臓の中にあり、腎臓を構成する糸球体や尿細管などのもとになるネフロン前駆細胞を発見。

胚盤胞は受精卵が分裂して成長した状態で、内側の細胞群から胎児、外側の細胞群から胎盤が生じる。

これを基に、妊婦から胎児への薬剤やウイルスなどの物質移行を定量的に評価できる胎盤バリアーモデルを開発した。胎児への副作用を抑えた医薬品開発に加え、ウイルスなどが胎盤に感染するメカニズムや胎盤形成不全の...

斎藤通紀京大教授はヒトの胎児卵巣から卵子の元の卵母細胞を含む原始卵胞を体外で培養することに成功した。

思春期以降、一生作られ続ける精子と異なり、卵子の減数分裂は胎児期のごく限られた期間にしか起きず、その仕組みはよく分かっていなかった。 ... STRA8とRBが結合できないようにした...

ヒトの胚盤胞は受精後6日目ごろに子宮内膜に着床し、14日目ごろに「胚盤葉上層」と呼ばれる部分に原始線条が形成されて、胎児の体になる基本的な構造ができ始める。

だが培養肉の培養には牛の胎児の血清や成長因子と呼ばれるたんぱく質が必要で、製造コストが高いという課題があった。

着床後に胎児まで成長することはなかったが、人のブラストイドの子宮への移植は国際的に禁止されており、サル実験の成果が人の不妊治療に役立つという。

画像処理技術を用いて医療分野で胎児の不整脈診断や眼底血管の動脈硬化診断について大学や病院と開発を進める。

実際の胎位との整合性を確認し、胎児を動かして正しい整復のプロセスを学べるようにした。

胎児エコーの遠隔診断が役立った。

【東大阪】近畿大学医学部小児科学教室は先天性心疾患の「三心房心」を胎児エコーの遠隔診断で出生前に発見し、発症前のリスクが低い段階での治療に成功した。近畿大の稲村昇准教授らはインター...

ニュース拡大鏡/三菱ケミG、植物由来因子で無血清細胞培養 (2022/12/20 素材・医療・ヘルスケア1)

既存のウシ胎児血清を使う方法は倫理的な問題に加え、供給網は弱く、課題が多い。... ウシ胎児血清は同因子が豊富だが、倫理的問題や個体間のバラつきに加え、生きたウシから血液を採取できる国は限られる。

成長を続ける胎児は、母親にとっては「異物」のはずだ。正常な免疫反応が起こっていれば、母親の免疫細胞は胎児を攻撃して、流産などのかたちで排除してしまうだろう。胎児が母親の免疫細胞に攻撃されずに済んでいる...

京都大学の斎藤通紀教授や水田賢助教らは、ヒトの胎児卵巣から卵子の元の卵母細胞を含む原始卵胞を体外で培養することに成功した。... 研究チームはこれまで、ヒト多能性幹細胞から胎児のごく初期に存在する卵原...

NEC、味の素などと保健プロ ガーナ母子の栄養改善に貢献 (2022/5/30 電機・電子部品・情報・通信)

これにより栄養失調の改善とともに、胎児・乳幼児の身体と脳の成長を遅らせる要因となるマラリアの早期治療への貢献、医療従事者の人材育成の強化を図る。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン