70件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

脂肪組織のボールであるミニ乳房へ血管構造により栄養と酸素を供給できる。... 脂肪細胞と脂肪由来幹細胞、血管内皮細胞を培養し、血管網を持つ約900マイクロメートルのミニ乳房を作製。... 患者自身の脂...

横浜市立大学附属市民総合医療センター形成外科が、同社の脂肪由来幹細胞培養受託サービスを採用。... 脂肪とともに細胞を入れると、定着率が数割上がる可能性があるという。... 同社は脂肪由来幹細胞の加工...

株式上場ニューフェース/セルソース社長・裙本理人氏 (2019/12/10 中小・ベンチャー・中小政策)

「脂肪由来幹細胞加工受託と血液由来加工受託のサービスを主力としている。... 現在、237院と提携している」 ―他人の細胞や血液を培養するのですか。 「患者さん自身...

大阪大学医学部付属病院の沢芳樹教授らは、心臓表面に細胞を吹き付けて投与する「細胞スプレー法」の医師主導治験について、心不全の原因の一つである虚血性心筋症の患者を対象に行う。... 治験ではロート製薬が...

加齢に伴い増加し、幹細胞から新生細胞の生成を阻害する。 間葉系幹細胞は骨、脂肪、筋肉などさまざまな細胞を生成する能力を持つ幹細胞。... 同研究では、脂肪吸引で入手が容易なヒト脂肪組...

東京医科歯科大学の武部貴則教授らは、iPS細胞(人工多能性幹細胞)から、脂肪性肝炎を再現したヒトの小型の肝臓を作ることに成功した。有効な薬剤が存在しない脂肪性肝炎の一種「非アルコール性脂肪性肝炎(NA...

「医療機関で採取された脂肪から脂肪幹細胞を抽出、培養する。... 変形性膝関節症の治療を進化させる」 ―エクソソームは脂肪幹細胞から抽出します。... 少ない細胞から大量のエクソソー...

脂肪幹細胞の抽出および加工を手がけてきた経験から、細胞間のシグナル伝達に着目。... 発売したばかりのクリームには、抗炎症などの作用を持つとされる細胞外小胞(エクソソーム)の排出量を調節するような成分...

ちょっと訪問/セルソース 臨床応用、事業化にも挑む (2019/1/14 素材・ヘルスケア・環境)

セルソースは脂肪幹細胞や血液を用いた細胞培養受託サービスなど、再生医療事業を手がける。脂肪の抽出から輸送までがワンストップでできるほか、血液から抽出した成分の濃縮、無細胞化およびフリーズドライする独自...

細胞間コミュニケーションにより肌のターンオーバーの正常化をサポートする成分「シグナペプチド」を独自に開発し、配合した。... 同物質に細胞がコラーゲンやケラチノサイトなどを生み出す手助けをする機能があ...

琉球大は脂肪幹細胞による再生医療分野で臨床成果を上げている。... 東京女子医科大学から技術移転した細胞シートを活用する。... 再生医療に不可欠な細胞大量培養を、10億個単位で実現する装置を4月に発...

ロート製薬は発毛・育毛効果があるとされるミノキシジルが、脂肪由来間葉系幹細胞からの発毛因子の遺伝子発現を高めることを確認した。脂肪由来間葉系幹細胞は体性幹細胞の一つで、脂肪の中にある幹細胞。... 毛...

ADR―001は肝硬変を対象に創製した他家脂肪組織由来間葉系幹細胞を構成成分とする細胞製剤。

同製品候補はヒト脂肪由来の幹細胞を主成分とする細胞製剤で、点滴で肝臓に届き、機能を回復させる効果がある。

「脂肪幹細胞から抽出するため、骨髄などからの抽出と違い、患者さんの負担が少ない」という。脂肪組織から脂肪幹細胞を抽出、培養するサービスなどを手がけており、培った技術を生かす。

テオリアサイエンスが研究を進めてきたエクソソームを、セルソースが脂肪組織由来幹細胞(脂肪幹細胞)から抽出し、実用化する。エクソソームは細胞間の情報伝達の役割を担う小胞。... 患者自身の脂肪幹細胞から...

NPO法人再生医療推進センター(京都市下京区、井上一知理事長、075・254・7282)は5日、患者の脂肪幹細胞を使う再生医療の臨床研究を、厚生労働省の申請受理後、アルツハイマー型認知症とパーキンソン...

セルトラスト、細胞治療で新技術 イヌの難治性慢性腸症 (2018/7/26 素材・ヘルスケア・環境)

セルトラスト・アニマル・セラピューティクス(横浜市中区、牧野快彦社長、045・334・8495)は25日、イヌの難治性慢性腸症を対象とする細胞治療の新技術を開発したと発表した。自己免疫疾患を改善する効...

東京医科歯科大学統合研究機構の武部貴則教授らは4日、iPS細胞(人工多能性幹細胞)から作製したヒトの微小臓器「オルガノイド」に無線識別(RFID)を埋め込み、細胞の情報を追跡する技...

【第3の幹細胞】 日本の再生医療技術は、他人由来のiPS細胞(人工多能性幹細胞)を用いて加齢黄斑変性患者への細胞移植手術を行うなど、世界トップレベルにある。いま、ES細胞(胚性幹細胞...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる