3,166件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

鹿島、建設に3Dプリンター導入 金沢工大と共同研究 (2022/5/25 建設・生活・環境・エネルギー2)

CO2―SUICOMを1立方メートル使って構造物を製作すると、18キログラムの脱炭素に貢献できるという。

伊藤忠商事は24日、カナダのアルバータ州で進める製造時に発生した二酸化炭素(CO2)を地下に貯蔵するブルーアンモニア・ブルーメタノール製造販売事業プロジェクトで、2022年度中にプラン...

3年間に計220億円の投資を予定し、うち90億円を脱炭素に向けた燃料転換などの戦略投資、130億円を維持改善投資などに充てる。

パリ協定の実現に向けた中長期的な移行戦略(トランジション)があり資金使途が限定された債券で、JERAは二酸化炭素(CO2)排出ゼロ火力の実現に向けた発電所の建て替えなど...

経営ひと言/ユアサ商事・田村博之社長「知ることから」 (2022/5/25 機械・ロボット・航空機)

産業界全体で脱炭素対応の重要性が増す中で「自社の二酸化炭素(CO2)排出量を把握している企業はまだ多くない」と指摘するのは、ユアサ商事社長の田村博之さん。 ...

脱炭素需要取り込む 【姫路】帝国電機製作所は従来品よりも性能を高めた無漏えいポンプ(キャンドモーターポンプ)「IEシリーズ」の受注活動を始めた。

企業の経営相談は資金調達のほかM&A(合併・買収)の相談など多岐にわたるが、近年増えているのが“脱炭素”など国連の持続可能な開発目標(SDGs)にまつわる相談だ...

脱炭素化に貢献したいと考えている顧客は多く、EV、FCVに対するニーズは高い。... 多額の投資が必要になるが、当面は特定の技術に絞らず、脱炭素化に貢献する技術開発を広く進めていく方針だ」 &...

要望書には「空飛ぶクルマ」の飛行に必要な制度の整備や、脱炭素技術の社会実装を見据えた開発支援なども盛り込まれた。

同社は2021年2月に具体策を定め「二酸化炭素(CO2)フリー電源の拡大」「電源のゼロエミッション化」「電力ネットワーク」の3本柱でCO2の排出を段階的に削減し、50年の脱炭素化を目指...

二酸化炭素(CO2)の回収・貯蔵への出資・債務保証、適地調査も進めるほか、国内でレアメタル(希少金属)など金属鉱物の選鉱・製錬への出資・債務保証を始める。

2023年度始動の次期中期経営計画で事業化して成果を出したい」 《カーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)への取り組みも強化する》 ...

日本酸素HDが新中計、4年間で4330億円投資 (2022/5/24 素材・医療・ヘルスケア)

成長領域で存在感を高めるとともに、脱炭素に貢献する新規事業の創出を目指す。 ... アジアや米国で増設が進む電子材料関連の生産拠点へのガス供給を拡大するほか、(水素...

数量的には当初限定的ながら、欧州メーカーなどを含めた“脱炭素商品競争”に一歩踏み出すことになる。... 高炉業界にとって今は、究極の脱炭素技術である100%水素還元までの“つなぎ”期間。......

石連が定款変更 事業領域に脱炭素燃料 (2022/5/24 建設・生活・環境・エネルギー)

石油連盟は23日に開いた総会で定款を変更し、事業領域に合成燃料、水素、その他の低炭素、脱炭素化した新燃料を含めるとした。

電力・石油業界、脱炭素前倒し 工程表改定、再エネ導入急ぐ (2022/5/24 建設・生活・環境・エネルギー)

これに伴い30年までの脱炭素投資をアライアンスを前提に従来計画の3倍の9兆円に引き上げ、「人類史上極めて困難な課題に挑戦」(小林喜光会長)する。 ... 「エネルギー...

あいおいニッセイ同和損保は脱炭素社会の実現に向けた取り組み推進しており、今回もその一環となる。

火力と原子力発電用機器が中心だが、将来のエネルギー移行を見据えて、脱炭素化の技術開発に31年3月期までに計2兆円投資する計画。

(総合1参照) IPEFの発足はインド太平洋地域で経済と軍事で影響力を拡大する中国を念頭に、デジタルを含む貿易、サプライチェーン(供給網)、クリーンエ...

脱炭素やデジタル変革(DX)など新潮流をめぐる国際競争が激化する中、標準化戦略を担える人材育成支援や規格開発を後押しする場の提供強化が柱。... ―脱炭素など成長分野で優位性のある技術...

おすすめコンテンツ

技術士第一次試験 
「機械部門」 合格への厳選100問 第5版
合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験 「機械部門」 合格への厳選100問 第5版 合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験 
「環境部門」専門科目 問題と対策
第4版

技術士第一次試験 「環境部門」専門科目 問題と対策 第4版

雲海を翔る
クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

雲海を翔る クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

利益が出せる生産統制力
異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

利益が出せる生産統制力 異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

中小製造業の「製造原価と見積価格への疑問」にすべて答えます!

中小製造業の「製造原価と見積価格への疑問」にすべて答えます!

未踏に挑み、オンリーワンを生み出す 
新・日本型人づくり
興研の経営哲学と人事評価制度

未踏に挑み、オンリーワンを生み出す 新・日本型人づくり 興研の経営哲学と人事評価制度

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる