電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

640件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.015秒)

エーザイ、アルツハイマー薬の投与間隔変更 米で申請 (2024/4/2 生活インフラ・医療・くらし)

レカネマブは、病気の原因とされる脳内のたんぱく質「アミロイドベータ(Aβ)」を除去する治療薬で、米国と日本、中国で承認取得している。

だが、40ヘルツ周期の音を1日90分ほど聞くと脳内でガンマ波が生まれるという。

お互いの胸の内を探り合うババ抜きが、新たな心理戦へと生まれ変わるのだ。 ... これからの未来において、人の脳をつなぐコミュニケーション・テクノロジーが生まれるかもしれない。自分の脳...

難治性脳疾患の神経再生法の開発につながると期待される。 ... へパラン硫酸を含ませたゼラチン不織布をマウスの脳の傷害部位に移植すると脳内での新生の神経細胞の移動・再生を促進し、歩行...

タウは脳の神経細胞に蓄積することで「神経原線維変化」を引き起こすとされる。すでに実用化した同社のAD治療薬「レカネマブ」は脳内に蓄積したたんぱく質「アミロイドβ(Aβ)」を標的とする。

血中の薬剤を脳内移行する機構を再現した血液脳関門モジュールと脳腫瘍モジュールを組み合わせたモデルを構築して実証に取り組んだ。 結果、血液脳関門を透過して脳腫瘍に作用する薬剤のスクリー...

先端技術と社会の架け橋 アラヤ(東京都千代田区)が研究する脳×AIの最前線と、その研究者を紹介する本連載。... 共創の輪、SFが広げる ...

脳疾患の解明や再生医療への応用などが期待される。 ヒトの脳内では軸索が標的の神経細胞と結合することで、神経ネットワークを構築している。... マウスの脳内にある神経細胞を培養し材料と...

変調音で認知症予防 塩野義など確認 (2024/2/7 生活インフラ・医療・くらし1)

認知症患者はガンマ波が低下していることや40ヘルツの感覚刺激で脳内のガンマ波が同期すると認知機能低下や脳容積縮小の抑制につながる可能性があることが従来の研究で報告されている。

認知症薬「レカネマブ」、国内投与開始 患者負担少ない診断体制へ (2024/1/17 生活インフラ・医療・くらし2)

(安川結野) レカネマブはAD型認知症患者を対象とした治療薬で、脳内に蓄積して病気の原因になるとみられるたんぱく質「アミロイドベータ(β&...

脳内に蓄積して病気の原因になるとみられるたんぱく質「アミロイドベータ(β)」を除去することで、ADの進行を平均約3年遅らせると推定される。

これらは脳内の生化学的反応に過ぎず、悲観的性格や楽観的性格は脳の回路の状態による。... 若者が将来に不安を感じるのは世の常だが、そのとき脳内で何が起きているのか。... 著者は研究で脳内の秘密を解き...

量子科学技術研究開発機構の南本敬史次長と堀由紀子研究員らは、脳内神経伝達物質であるセロトニンの不足によりやる気が下がる仕組みを解明した。... だが脳脊髄液のセロトニン濃度を薬剤で約30%低下...

シスメックス、欧にアルツハイマー血液検査試薬 来月投入 (2023/12/28 生活インフラ・医療・くらし)

同試薬はアルツハイマー病の原因とされるアミロイドβの脳内の蓄積状態の把握を補助する。

小野薬と英機関、認知症薬開発で提携 新規標的突き止め (2023/12/25 生活インフラ・医療・くらし)

小野薬品のオープンイノベーション推進の一環で、UKDRIの研究者を対象に脳内環境の維持を担うグリア細胞に関連する疾患や神経炎症領域などで研究テーマを募る。

レカネマブは、脳内に蓄積して病気の原因になるとみられるたんぱく質を除去し、症状の進行を抑制する効果が期待される医薬品。

アステラスの更年期障害薬、欧で販売承認取得 (2023/12/12 生活インフラ・医療・くらし)

フェゾリネタントは体温調節に関わる脳内物質「ニューロキニンB」の結合をブロックして脳の体温調節中枢のバランスを回復させる薬で、ホットフラッシュや寝汗の頻度と重症度を軽減する。

検証2023年/レカネマブ実用化 認知症の進行抑制 (2023/12/7 生活インフラ・医療・くらし)

レカネマブはAD型認知症患者を対象とした治療薬で、脳内に蓄積して病気の原因になるとみられるたんぱく質「アミロイドベータ(β)」を除去する効果が期待される。... GEヘルスケア・ジャパ...

感染ラットの解析から、脳内の「背側縫線核」と呼ばれる神経核などにおける局所炎症が長引く倦怠感に関与することが分かった。... そこで、ウイルス感染を再現したモデルラットの脳を陽電子放射断層撮影法...

米IBM、アナログ方式の推論チップ開発 AI処理を低消費電力化 (2023/11/24 電機・電子部品・情報・通信)

(編集委員・斉藤実) 脳の神経回路を模したニューラルネットワークなどのアルゴリズム(計算手順)を高速に実行するAIチップはすでにデ...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン