電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

352件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

東京・港区とみらいワークス、27日に新興育成の成果報告会 (2024/2/23 中小・ベンチャー・中小政策)

(同港区)、脳波を調べて人の感性を可視化する技術を保有するSandBox(同新宿区)などが、この間に取り組んだ成果を示す。

脳波と生成AIのチャットGPTで手を使わずにメールを返信する研究で、根底には社会にある障害を取り除き、より多様で豊かなコミュニケーションの選択肢を広げていくという考えがある。

変調音で認知症予防 塩野義など確認 (2024/2/7 生活インフラ・医療・くらし1)

日常の臨床応用に 塩野義製薬は特定処理した音の聴取時に人間の脳波の一種である周波数40ヘルツのガンマ波が同期するのを確認した。

ATCのある咲洲地区で事業検証を行った建設機械の遠隔操縦や脳波を使ったトレーニングシステムなど革新的な製品を集め、ビジネスマッチングや改良へのフィードバックを得る機会とする。

長谷工とカネカ、入眠・疲労低減を検証 実験住戸にOLED照明 (2024/1/31 素材・建設・環境・エネルギー2)

メラトニン分泌量や睡眠中の脳波を測定することで、良質な睡眠に誘うための入眠効果やリラックスによる疲労低減効果を調べる。

ジオクリエイツ、防災診断アプリにAI 避難者の視点反映 (2024/1/16 中小・ベンチャー・中小政策)

仮想現実(VR)と視線脳波などによる空間アナリティクス技術を活用し、東京都の防火・防災意識の向上に向けた取り組み「住まいの防火防災診断」を人工知能(AI)化する。...

前頭前皮質と扁桃体の脳波パターンを検証すると、健常なマウスでは、迷走神経活動の増減に対応して、前頭前皮質と扁桃体における20―30ヘルツ帯脳波の増減が明確に連動することが分かった。 ...

非構造化データ分析容易に 昨年12月に開催された国際的なAI会議「NeurIPS 2023」でシドニー工科大学の研究チームが、人間の脳波を言語に翻訳する「...

【Mirai Innovation研究所/脳波をセンシング、VRで癒やし空間】 Mirai Innovation研究所(大阪市中...

うつや認知症、リハビリ向けの脳波計や診断デバイス、デジタルセラピー機器などで患者個人の特徴や状況の違いに応じたアルゴリズムをAIで構築し、着実な診断、治療につなげる。... うつや認知症関連はウエアラ...

生体電極、欧で販路拡大 アイ・メデックス (2023/12/22 生活インフラ・医療・くらし2)

トレーニング用開拓 【千葉】アイ・メデックス(千葉市花見川区、市田誠社長)は、心電や筋電、脳波など人体の電気信号を計測する際に使う生体電極などの医...

NTTはヘッドセットで計測した脳波で電動車いすを操作する技術を開発した。... ヘッドセットで計測した脳波から運動指令情報をAIが抽出。... 今後は、複数の動作を組み合わせた指令を脳波で行える技術開...

研究チームは14羽の観察を続けるとともに、脳波や筋電図などを測定する小型装置や全地球測位システム(GPS)で位置を記録する装置を取り付け、睡眠状態を調べた。

睡眠時間や日中の眠気などをアンケートした上で、社員に対して睡眠時の脳波計測器を提供するほか、寝具・寝室環境の改善などをアドバイスする。

富士通、米医療系新興にライセンス供与 時系列データ解析AI技術 (2023/11/24 電機・電子部品・情報・通信)

富士通はTDA技術を活用した脳波データを用いたせん妄検知について、ディライト・ヘルスの創業者である米スタンフォード大学医学部精神科の篠崎元准教授とともに18―21年まで共同研究を行っていた(共...

技術が変えるスポーツ体験は、ヨガを通じ脳波や画像で心と体の変化を計測したり、縄跳び世界チャンピオンや半導体スタートアップと連携した理想の二重跳びフォーム分析を行う。

ニュース拡大鏡/住友ファーマ、AI活用医療機器で攻勢 (2023/11/8 生活インフラ・医療・くらし2)

うつや認知症、リハビリテーション向けの脳波計や診断デバイス、デジタルセラピー機器、手指リハビリロボットなどで患者個人の特徴や状況の違いに応じたアルゴリズム(計算手順)をAIで構築し、着...

健常者に風景などの写真を見せた時の脳波反応を測定すると、抑うつの症状が重いほど脳波反応の振幅が小さいことが分かった。... その結果、健常者でも抑うつの症状により脳波反応が大きく異なることが示された。...

DXの先導者たち(129)MAZIN AIで工具異常を検知 (2023/10/19 電機・電子部品・情報・通信2)

角屋社長が脳波や心拍間隔のデータを研究していたこともあり、両氏は時系列データ解析を得意とする。

ヘッドレストにはバイオセンシング技術と人工知能(AI)を使って乗員の脳波や心拍数から気分を判断し、空調や照明を自動調整する機能を備える。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン