電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

80件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

中小企業優秀新技術・新製品賞 受賞38氏「喜びの声」 一般部門 (2024/5/10 中小企業優秀新技術・新製品賞1)

「パッチ式脳波計HARU―2」は、当社旧脳波計製品が抱える課題(ノイズ耐性、装着方法、サイズ、電磁波耐性)を改善すべく開発されました。電極と脳波計の電気的接続信頼性や小型電力高信頼性計...

アラヤでは超高密度脳波計を頭に付けて脳波を解析し、手を使わずに電子メールを操作する実験に成功している。

第36回「中小企業優秀新技術・新製品賞」(1)一般部門 (2024/4/17 中小企業優秀新技術・新製品賞1)

厳正な審査の結果、一般部門は中小企業庁長官賞1件、優秀賞10件、優良賞10件、奨励賞10件の計31件、ソフトウエア部門は中小企業基盤整備機構理事長賞1件、優秀賞2件、優良賞2件、奨励賞2件の計7件が受...

額に脳波計を着けたプレーヤーにトランプのババ抜きをしてもらう。脳波計は、その時々の状態を計測する。... ただ、脳波計から生理、心理状態が反映された信号を計測することはできる。

東和薬、VIEに出資 (2024/3/11 生活インフラ・医療・くらし)

ヴィーのイヤホン型脳波計「ヴィーゾーン」を用いたサービスで新たな健康関連事業を創出し、主力のジェネリック医薬品(後発薬)事業に続いて社会課題解決や生活の質(QOL)向上...

うつや認知症、リハビリ向けの脳波計や診断デバイス、デジタルセラピー機器などで患者個人の特徴や状況の違いに応じたアルゴリズムをAIで構築し、着実な診断、治療につなげる。... うつや認知症関連はウエアラ...

ニュース拡大鏡/住友ファーマ、AI活用医療機器で攻勢 (2023/11/8 生活インフラ・医療・くらし2)

うつや認知症、リハビリテーション向けの脳波計や診断デバイス、デジタルセラピー機器、手指リハビリロボットなどで患者個人の特徴や状況の違いに応じたアルゴリズム(計算手順)をAIで構築し、着...

脳波計を付けた被験者に色分けされた電子メールを見せる。... 現在、超高密度脳波計で脳波を測るには、髪の毛を短く刈り込む必要がある。... 脳波に関しても、ワイヤレスイヤホン型の外耳道脳波計の研究が行...

東和薬など、脳神経科学応用で提携 認知症周辺症状を改善 (2023/9/15 生活インフラ・医療・くらし1)

東和の医薬品事業やヘルスケアサービス、NTTデータ経営研のニューロテクノロジー分野の事業開発、ヴィーのイヤホン型脳波計デバイスのノウハウを活用する。

最近のチームの成果は、非侵襲型の超高密度脳波計を使い、脳波と米オープンAIの「チャットGPT」によって、手を使わずに電子メールの操作を可能にした研究が挙げられる。 ... それを見て...

大手企業からソフトウエアの受託開発などで実績を積み、脳波計など自社商品も開発し、従業員216人、売上高18億円(2022年3月期)の会社に成長させた。 ... 202...

これは顔画像から脳波を推定するアルゴリズムで、眠気や疲労度といったその人の状態を検知することができる。... アラヤでも23年5月に、非侵襲型の超高密度脳波計を用いて、パソコンでメールの操作をする実験...

認知的活動は、脳波計や近赤外分光法(NIRS)などを使った計測や、課題や刺激に対するヒトの反応や行動の観察によって把握する。 ... 学習者がハチマキ風の簡易脳波計を...

▽顕微鏡取り付け型レーザー細胞加工システムの開発=ピンポイントフォトニクス(横浜市保土ケ谷区)▽セラミックス粉末、グラファイト粉末とアルミニウムからなる複合体(MMC&...

東海光学/子どもの脳波 ワイヤレス計測・記録 (2023/1/16 新製品フラッシュ2)

東海光学は、子ども用のワイヤレス脳波計「TOKAI Orb Jr.... ヘッドセット型で前頭部3個、後頭部5個の電極で脳波を計測。脳波は近距離無線通信「ブ...

プロアシスト(大阪市中央区、生駒京子社長)は、両耳に装着し脳波を簡易計測できる耳式脳波計を開発した。... 2011年にプロアシストが商品化した睡眠状態を計測するポ...

KDDIなど、eスポでレーサー育成 脳科学・IT実証実験 (2022/4/12 電機・電子部品・情報・通信2)

その結果を基に別のプレーヤー2人が、ヴィースタイル(神奈川県鎌倉市)のウエアラブル脳波計を用いたニューロフィードバックトレーニングなどを4週間で4回実施した。

脳波計や脳波解析技術は大阪大学のセンターオブイノベーション(COI)拠点で開発された。... そこで脳波計で集中力などを測り、プロセスの評価基準に用いる。... 阪大COIでベルギーの...

自然の叡智、未来に生かす 積水化、社会課題の解決支援 (2021/11/3 素材・医療・ヘルスケア)

2度目となった大阪大学産業科学研究所の関谷毅教授は、15年に発表した高感度薄膜質感センサーシートが、その後、脳波計として実用化。

6種の信号と脳波同期 東海光学、ワイヤレス脳波計発売 (2021/8/30 素材・医療・ヘルスケア)

東海光学(愛知県岡崎市、古沢宏和社長)は、ワイヤレス脳波計「TOKAI Orb(トウカイオーブ)」の新型を9月1日に発売する。... 微弱無線で信号を脳波計に送...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン