131件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.019秒)

国際電気通信基礎技術研究所(ATR)脳情報通信総合研究所の山下歩研究員らは、広島大学などと、人工知能(AI)技術により脳の配線状態からうつ病を見分ける「脳回路マーカー」技術を開発した。... 19年に...

【名古屋】日本メナード化粧品(名古屋市中区、野々川純一社長、052・961・3181)は、女性が化粧品に対して「ときめき」を感じた時の脳活動の変化を明らかにした。 ... 女性16人...

【名古屋】東海光学(愛知県岡崎市、古沢宏和社長、0564・27・3000)は、脳活動計測デバイス分野に参入した。... 脳計測デバイスを新たな収益源として育成する。 ... 眼鏡と脳...

インタビュー/マクニカ社長・原一将氏 DX実現、顧客と伴走 (2020/10/15 電機・電子部品・情報・通信1)

「人工知能(AI)、IoT(モノのインターネット)、スマートファクトリー(つながる工場)、スマートモビリティー、ロボティクス、ブレインテック(脳活動の見える化)など12分野をDXの要素となるエクスポネ...

脳の仕組みの解明に加え、将来は人工知能(AI)の少数サンプルによる学習実現にもつながる。 ... 実際には点の動きは不規則で、事前に左右それぞれの点の動きを見た参加者の脳活動を調べ、...

まず、参加者19人とAIが互いを訓練し、ヒトの脳活動の変化を調べた。AIは参加者の手に電流で痛み刺激を与え、脳活動からヒトの感じる痛みの強さを解読。強い痛みを感じた脳活動がみられた刺激を選択しないよう...

KDDIなど、スマホ依存で共同研究 (2020/7/15 電機・電子部品・情報・通信2)

スマホ利用者の属性情報や操作履歴などの行動情報と脳活動をAIで解析し、依存状態を検知する。

同社の近赤外分光法(NIRS)を活用したウエアラブル型脳血流測定装置を使い、脳活動から眠気を検知する。

【広島】広島大学の山脇成人特任教授と高村真広特任助教の研究グループは、うつ病患者が、脳の浅い領域にある左前頭葉をニューロフィードバック(NF)による訓練で脳の活動を高め、自身で症状を改善する新たなうつ...

経営ひと言/ダフトクラフト・花島渉社長「開発にまい進」 (2019/11/14 中小・ベンチャー・中小政策)

VRでサービスや空間を再現し、脳活動計でユーザーの受け止めを計るシステムを開発した。

人間のモチベーションを評価するためには、楽しく課題に没頭している状態での脳活動計測が必要になる。機能的磁気共鳴イメージング(fMRI)は優れた脳活動計測手段であるが、動きが封じられた状態での計測であり...

fMRIは、全脳の活動を高解像度で計測できる画期的な手法だが、強い磁場を生じるなどの制約から従来は映像サイズの小さいものしか提示できなかった。... すると、帯状溝視覚野と呼ばれる脳の部位が、自己運動...

少し先の未来、AIで実現 テック系ベンチャーがシーテックで奮闘 (2019/10/18 電機・電子部品・情報・通信2)

ユーザーをヘッド・マウント・ディスプレー(HMD)でVR空間に没入させ、視線の動きや脳活動データを記録する。 ... 脳活動計や触覚グローブとVRシステムを統合した。

特に手の運動機能回復には「運動前野腹側部」と呼ばれる脳領域の活動を高めることが重要であることを突き止めた。... 【シームレス】 ニューロリハビリテーション技術の一つとして、リハビリ...

被験者の脳を機能的磁気共鳴断層撮影装置(fMRI)で計測。行動の目標に向け脳のリソースを割り振る役割を持つ脳の部位「背側帯状回皮質」の活動とパフォーマンスの低下が関わることを明らかにした。さらに同部位...

機能的磁気共鳴イメージング(fMRI)装置を用いて、被験者があらかじめ暗記した8種類の系列(11ケタの数字)を素早くキーボードに入力する際の脳活動を詳しく調べ、行動のプロセスに対応する脳活動部位を正確...

私は被験者から計測した脳活動情報を基に、その人の脳内の情報を可視化する手法の開発に取り組んできた。... 個性を持ち、人間らしい思考をする汎用的なAIが人間のさまざまな活動を支援する社会。... 計測...

私はCiNetの西本伸志主任研究員と協力して、被験者が自然に実行でき、事前の説明を必要とせず解けるような認知課題を約100種類用意し、被験者がそれらの課題を解いている際の脳活動を機能的磁気共鳴イメージ...

我々は卓越した運動技能を実現するエキスパート脳の代表、サッカー界のトッププロ、ネイマールが足を動かす時の、脳活動を調査した。 ... その結果、脳の中で、筋肉の動きを制御している大脳...

人間がある課題を遂行する時、その機能を担う脳のある領域が活動するが、同時に、これには無関係な領域の活動が積極的に抑制されることはあまり知られていない。... 健常な小・中学生、成人被験者が、目を閉じて...

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
スポーツバイクメカニズムの基礎知識

きちんと知りたい! スポーツバイクメカニズムの基礎知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいSCMの本 第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいSCMの本 第3版

よくわかるデザイン心理学
人間の行動・心理を考慮した一歩進んだデザインへのヒント

よくわかるデザイン心理学 人間の行動・心理を考慮した一歩進んだデザインへのヒント

攻略!「射出成形作業」技能検定試験
<1・2級>学科・実技試験

攻略!「射出成形作業」技能検定試験 <1・2級>学科・実技試験

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる