96件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

大阪大学産業科学研究所と阪大大学院医学系研究科は、独自の球状構造のシリコン製剤で、細胞が酸化する酸化ストレスが関わる疾患であるパーキンソン病や慢性腎臓病の悪化を抑制できる可能性を発見した。... 慢性...

慢性腎臓病は、赤血球の生産を促すホルモン「エリスロポエチン」が十分につくられず、貧血が起きる。

京都大学大学院医学研究科の柳田素子教授と佐藤有紀特定助教らは、腎臓病の経過を予測して効率的な治療が期待できる新たな指標(バイオマーカー)を発見した。若者に比べて回復しにくい高齢者にみられる、腎臓の修復...

尿酸が女性の肺機能を保護 熊本大が発見 (2020/5/29 科学技術・大学)

尿酸は一般に痛風や腎臓病などを引き起こす物質としての印象が強い。

ネコの腎臓病治療薬のヒトへの展開を目指す。

腎臓病治療薬、ネコからヒトへ 東大が開発 (2020/1/20 科学技術・大学)

ネコの腎臓病治療薬としての実用化を足がかりに、今から5年以内のヒトへの応用を目指す。... 不要物が除去できずに腎臓にたまると腎臓病になる。 ... 宮崎教授はAIMをネコに投与し、...

米国は成人の6人に1人が慢性腎臓病といわれる。

具体的に重症化しやすい人とは、65歳以上の高齢者や気管支ぜんそくなどの慢性呼吸器疾患がある人、心不全などの慢性心臓病がある人、糖尿病などの代謝性疾患がある人、腎臓病がある人を指す。

これにより生物の生命活動維持の仕組みが明らかになったほか、このメカニズムを応用した透析期の慢性腎臓病に伴う腎性貧血の薬が国内で承認されるなど、医薬品の開発につながった。 低酸素環境で...

慢性腎臓病の合併症である腎性貧血の治療薬を巡る市場競争が激化しそうだ。... 腎性貧血は腎臓障害に伴い、エリスロポエチン(EPO)の生産が低下することで発症する。

横浜市立大学学術院医学群の金口翔助教と田村功一主任教授らは、2型糖尿病患者に使われる治療薬「SGLT2阻害薬」が、糖尿病性腎臓病の進行を抑制する仕組みを明らかにした。SGLT2阻害薬によって朝に測定す...

【横浜】神奈川県は糖尿病対策推進プログラムと慢性腎臓病対策の取り組みを推進するため、協和キリンと「2型糖尿病、慢性腎臓病対策推進に関する連携協定」を結んだ。2型糖尿病・慢性腎臓病に関する正しい知識の普...

田辺三菱製薬、日本腎臓病協会と共同事業契約 (2019/7/23 素材・医療・ヘルスケア)

田辺三菱製薬は日本腎臓病協会(東京都文京区)と腎臓病の克服に向けて共同事業契約を結んだ。同協会のプラットフォームを通じて、同社の2型糖尿病治療薬「カナグリフロジン」の腎保護のメカニズム解明に向けた基礎...

腎臓病患者に処方される後発医薬品(ジェネリック)の販売をめぐり価格カルテルを結んだとして、公正取引委員会は4日、独禁法違反(不当な取引制限)で、後発薬メーカー「コーアイセイ」(山形市)に再発防止を求め...

糖尿病性腎臓病は特定の腸内細菌グループが関与して生じる「フェニル硫酸」という物質が原因の一つだと、東北大学と岡山大学の研究チームが英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズに発表した。血液中のフェニル硫...

腎臓病患者に処方される後発医薬品(ジェネリック)の発売前に価格カルテルを結んだとして、公正取引委員会が独禁法違反(不当な取引制限)で、後発薬メーカー「コーアイセイ」(山形市)に排除措置命令を出す方針を...

腎臓病の進行に関する研究などに応用が期待される。 ... 研究チームは、CUBICを使って腎臓を透明化し、3次元免疫染色で腎臓を内部まで染色した。 ... さらに、...

進化する医療機器(7)AI診断支援 (2019/2/21 ヘルスケア)

4月には米国のIDx社のAIによる自動糖尿病網膜症検出システム「IDx―DR」が承認された。... 富士通は、京都大学と共同で自社開発のAI「Zinrai」を用いた、腎臓病の診断支援システムの研究を行...

腎臓病患者に使われる後発医薬品(ジェネリック)の販売をめぐり、価格カルテルを結んだ疑いが強まったとして、公正取引委員会は22日、独禁法違反(不当な取引制限)容疑で、医薬品メーカー「日本ケミファ」(東京...

ユースキャナーはヒトの尿検体から、腎臓病など泌尿器系の異常を検知する。... 慢性腎臓病患者などが多い、新興国や先進国向けに販売が見込める。

おすすめコンテンツ

バーチャル・エンジニアリングPart3 
プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

バーチャル・エンジニアリングPart3 プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる