電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

193件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.014秒)

処理場は汚泥、廃油槽、脱水機、活性炭塔、膜分離槽、脱臭機などを備える。

三菱重工業と日本ガイシは、アンモニア分解ガスからの膜分離水素精製システムを共同開発する。水素・アンモニアに関するサプライチェーン(供給網)導入と大量輸送の本格化を見据え、アンモニアを分...

東レ、インドで実証 省エネ下水再利用システム (2024/4/4 素材・建設・環境・エネルギー1)

インドではチェンナイやムンバイで27年度以降、膜を用いた下水再利用が計画されている。... 同システムは生物処理と限外ろ過(UF)膜、逆浸透(RO)膜による処理と、膜分...

東邦ガス、MOFでCO2分離回収 消費電力8割削減 (2024/2/26 素材・建設・環境・エネルギー)

同社が研究する物理吸着と膜分離方式を組み合わせた手法と比べ、分離回収に必要な電力消費量を8割削減する目標を掲げる。... ボイラや工業炉などガス機器の排ガスから分離回収する想定で取り組む。濃度10&#...

リケジョneo(256)ハイケム東京研究所・許静さん (2024/2/12 ひと カイシャ 交差点)

(当社に)就職までは膜分離や触媒などを研究してきました。

JFEエンジニアリング(東京都千代田区、大下元社長)は低消費エネルギーの二酸化炭素(CO2)分離回収技術の開発が、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO&...

一つが膜分離活性汚泥法(MBR)だ。表面に微細な穴が無数にある膜(フィルター)で汚れを除去して廃水を透明にする。

化学各社、農業の環境変化支援 自治体と組みバイオ液肥 (2023/10/19 素材・建設・環境・エネルギー2)

築上町に設けた施設でし尿などを集め、同社の水処理技術などを生かした膜分離と電気透析を通じて農業利用できる濃縮バイオ液肥にする。

GSユアサ・京大発VB、CO2分離装置を共同開発 (2023/10/5 機械・ロボット・航空機1)

ウーユーのCO2/N2(窒素)分離膜を、GSユアサ子会社のCO2分離モジュールに組み込んで開発する。... 開発する装置には安価で小容量向きという特徴がある膜分離法を用いる。...

液中膜は、膜の微細孔を利用して活性汚泥と処理水とを分離するための膜濾過装置。新生産棟では、複数の膜カートリッジを搭載する膜ユニットを組み立てる。... 一方で、液中膜による膜分離に生物処理を組み合わせ...

日東精工は膜分離システムを開発するベンチャー企業のイーセップ(京都府精華町)と業務提携を結んだ。イーセップが持つナノセラミック分離膜技術と、日東精工が各種プラント設備などで培った防爆・...

脱炭素化に向け嫌気性水処理、情報通信技術(ICT)や人工知能(AI)での流入水量や水質変動に合わせた曝気(ばっき)風量制御、正浸透(FO)...

膜分離法と物理吸着法のハイブリッド型パッケージにより、主流の化学吸収法より設備の小型化と消費エネルギーの大幅抑制が可能と見込む。... 膜分離法でCO2を予備濃縮した上で、物理吸着法で99・5%...

日本ゼオン、「C5留分」残留分を有効活用 技術開発で宇都宮大と連携 (2023/7/13 素材・建設・環境・エネルギー1)

研究開発では、化学原料製造時に生じる残留分に膜分離や脱水素化などの処理を行い、合成ゴム原料のイソプレンと粘着剤原料のピペリレンに変換する技術の確立を目指す。 膜反応工学の第一人者であ...

三菱ケミカル、濃縮液肥製造を事業化 九州の共同研究で成果 (2023/6/30 素材・建設・環境・エネルギー)

今回の共同プロジェクトでは築上町の液肥濃縮施設で濃縮技術の向上に取り組み、膜分離による懸濁物質の除去と電気透析を実施することで、肥料の主要成分である窒素とカリウムを通常の液肥に比べて約20倍に濃縮する...

アンモニア合成後の分離にゼオライト膜を利用する。... 三菱ケミカルグループのゼオライト膜を採用し、膜分離プロセスを構築した。... 今後は分離膜と合成反応の一体化を進める。

同社が展開するのは、微生物を使って下水などを浄化する膜分離活性汚泥法(MBR)に使われるMBR膜。 微生物処理と処理後の沈殿物分離を別々の容器(槽)で...

生産するのは同社が開発したナノ多孔性セラミック分離膜。... 新工場には分離膜の生産設備のほか、水素を発生させる水電解装置、合成燃料の精製装置など実証設備も備え、屋根には水電解装置の電源となる太陽電池...

フジクリーン工業、浄化槽の運転遠隔監視 保守点検の負担減 (2023/2/21 建設・生活・環境・エネルギー2)

工場などに設置している膜分離活性汚泥方式の大型浄化槽が対象で、汚水から汚泥を濾し取る膜分離装置の膜差圧を検知し、異常があれば施設管理者に通知する。... 遠隔監視サービス「fuwamo(フワモ...

第32回西日本食品産業創造展・紙上プレビュー(3) (2022/11/9 建設・生活・環境・エネルギー1)

【クボタ/排水を高度処理、膜分離装置】 クボタは「液中膜=写真」を出展する。排水処理で活躍する膜分離装置「液中膜」は世界で7000件以上の実績が...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン