電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

511件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.015秒)

日本冶金、川崎製造所に新ライン 薄板コイル加工効率化 (2024/4/10 素材・建設・環境・エネルギー1)

投資額の一部に川崎市の「川崎臨海部産業競争力強化促進補助金」を活用した。

臨海部の工業団地も走るタクシー運転手は「喜んでばかりはいられない。

国内作業船の隻数は、臨海部の埋め立て工事が盛んだった1990年ごろをピークに漸減をたどり、市場淘汰(とうた)により現有数はおおむねピークから半減以下という状況である。 ...

東京駅と臨海部の有明を結ぶ臨海地下鉄構想がある同区。

臨海部の工場などは敷地面積が数十万平方メートルと広いため、内部の建物間の搬送はフォークリフトや自動車で行っている例が多い。

東京都は東京駅と東京ビッグサイト(写真)周辺を結ぶ「都心部・臨海地域地下鉄」について、整備を鉄道建設・運輸施設整備支援機構(JRTT)、運行を東京臨...

福岡県、水素エネ産業振興 年度内に「拠点形成計画」 (2024/1/23 中小・ベンチャー・中小政策)

同協議会は中心拠点を北九州市の響灘臨海部に置く。

都ではグリーン水素の活用で山梨県と連携しており、24年度中に臨海部の都有地にグリーン水素を製造、供給する設備を3基整備する。

次世代のエネルギーである水素や燃料アンモニアの受け入れ設備の整備や、港湾荷役、船舶・車両のオペレーション、臨海部に集積した産業と連携した面的な脱炭素化を目指している。 ... 港湾、...

人口流入や臨海部のアクセス向上など課題は山積しており、「一つひとつ結果を出し、安定した区政を作り上げる」。

鹿島、戻りコン使用した再生セメントの製造体制構築 (2023/12/12 素材・建設・環境・エネルギー2)

このほど、川崎市臨海部の同社工場にも製造拠点を新設。

港湾の脱炭素“見える化” 国交省がCNP認証 (2023/12/7 生活インフラ・医療・くらし)

今回、東京港、横浜港、名古屋港、大阪港、神戸港、博多港の特定地域で試行するもので、港湾において温室効果ガス(GHG)排出の9割を占めるターミナル内とターミナル境界部、背後圏輸送を対象と...

東京都大田区などで構成する「HICity及び羽田空港臨海部における自動運転運行推進コンソーシアム」は、羽田イノベーションシティ(HICity、東京都大田区)周辺で、...

三菱ケミ、廃プラ由来再生原料で脱炭素モデル構築 (2023/10/26 素材・建設・環境・エネルギー2)

茨城CR設備 来夏稼働 三菱ケミカルグループは鹿島臨海工業地帯で、リサイクル原料を生かした脱炭素モデルの構築に乗り出す。... 三菱ケミカルは茨城県との同地帯における循環型コ...

レゾナック、脱炭素加速 30年に水素発電設備を稼働 (2023/10/24 素材・建設・環境・エネルギー2)

川崎市の臨海部が、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が進める「液化水素サプライチェーンの商用化実証」で液化水素の受け入れ地に選定されたことも大きい。... 9月には、川崎市...

海外からの液化水素受け入れ地の候補に選ばれている川崎臨海部で水素の需要開拓で協力するほか、他社とも連携してサプライチェーン(供給網)の構築を目指す。 川崎臨海部は3月...

JFE、川崎の高炉跡地で空飛ぶクルマ実証 水素基地と併せて整備 (2023/9/8 素材・建設・環境・エネルギー)

JFEHDは土地の売却や賃貸、事業利用を進め「今後も川崎臨海部を支える。全国で行われる臨海部開発のモデル地区になれたらよい」(岩山真士専務執行役員)としている。

再生可能エネルギー由来の電力でつくるグリーン水素を北九州市響灘臨海部に輸入することを視野に入れ、企業のマッチングや大学などの交流を支援する。

臨海部のポテンシャルを生かして水素など次世代エネルギーの供給・需要の大規模拠点整備を目指す。... 臨海部に位置し、環境省の「脱炭素先行地域」に選ばれるなど地域一体となって消費エネルギーの脱炭素化に取...

社長直轄事業の水素事業部の人員も、2023年中に現在の20人程度から約30人に増やす計画だ。... NEDOやENEOSなどが海外からの液化水素の受け入れ地として、川崎市川崎区の川崎臨海部での商用化に...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン