電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

17件中、1ページ目 1〜17件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

【千葉】GRIPS(千葉県流山市、森田康社長)は、小型ロボット2台とオープンソースを基に構築した制御ソフトウエアによる薬液の自動分注システムを5月にも発売する。分注工程とプレートの搬送...

協和キリン、高崎工場に新品質棟 バイオ医薬品拠点 (2023/4/7 生活インフラ・医療・くらし2)

地下1階が自動書架、2―3階がオフィス、4―7階が微生物や用水、原料資材などの試験室で、延べ床面積1万2891平方メートル。... 試験室には生菌数ロボット、自動コロニーカウンター、微生物迅速検査装置...

アステクノス、医療自動化技術で成長 自社製品強化 (2022/5/11 機械・ロボット・航空機1)

ウイルス、菌など微生物検体の自動分取(採取)・分注(吐出)装置を完成し、受注を始めた。... 主力のFA(工場自動化)システムで蓄えた自動化技術をベース...

生命科学分野で使われる96穴プレートと自動分注機を駆使して、電気化学実験を自動化した。... 完全自動を開発した知見を元に、半自動の普及版のシステムを設計すると自動化が広がるだろう」と期待する。......

自動化のポイントは心得ていた。... 10年頃から、水質検査用の自動分注装置や細菌、大腸菌の自動検査装置など、分析業務のロボットを次々と開発し、社内導入を進めた。... 自動化導入以降、社の業績は右肩...

高精度の核酸増幅検査法と自動化検査システムを用いたプール検査法で、新型コロナ感染症対策に貢献できると期待している。 システムは既存の3種類の全自動遺伝子検査装置と自動分注機を組み合わ...

経営革新計画承認/宮崎県・9件 (2021/5/12 西日本)

▽エンゼルファーマシー(宮崎市)=全自動分包器導入による生産性向上および低感染リスク型薬局への転換▽高千穂ハーブス(高千穂町)=ハーブコーディアルなどハ...

2022年3月までに菌の培養タンク、凍結乾燥設備、自動分包充填ラインを順次増強、供給能力を高める。... さらに22年3月までに、液体やゼリー状の機能性食品の製造ライン1基を自動化する。現在3基ある分...

【自立運用促す】 ニーズが多いのは分注機だ。すでに自動分注機は市販されているが、ピペットの先をガラス製のチップに代えたり、専用の容器に分注したりと細かな改造に市販品が応えられないため...

オープンラボには、ゲノム編集用ロボットや液体を設定量で出す自動分注装置など、バイオ関連の機器や測定機器を用意する。

マイクロジェット、一細胞分注機投入 自動分注 速度1.5倍 (2018/6/25 素材・ヘルスケア・環境)

【立川】マイクロジェット(長野県塩尻市、山口修一社長、0263・51・1734)は、インクジェット機能と画像処理の技術を組み合わせた一細胞分注機「シーサイト」を発売した。細胞浮遊液から...

『自動分注機』や『一般細菌・大腸菌分析ロボット』の導入がもたらしたのは受注増だけではない。... 3機種目の“自動化”装置『自動BOD(生物化学的酸素要求量)検査装置』も開発した。&#...

それが環境分析の“自動化”だった。... 国内初となる『自動分注機』が完成。... 同社は“自動化”装置の導入で受注件数を飛躍的に伸ばすことになる。

具体的には、センターで凍結保存された高濃度の溶液サンプルの棚から、反応が予想される化合物を選び、自動装置で96穴などのマイクロプレートにごく微量ずつ移す。... 12年度からの文科省の「創薬等支援技術...

ベックマン・コールター 抗体医薬品開発などのライフサイエンス分野で、溶剤を容器に移す自動分注装置の入門機「ラボラトリーオートメーションシステム Biomek 4000」を発売し...

ベックマン・コールター(東京都江東区、川田典昭社長、03・6745・4704)は、抗体医薬品開発などで溶剤を容器に移すための自動分注装置「ラボラトリーオートメーションシステム ...

北米や欧州、中国などの新興国で滅菌機、全自動分包機、自動血圧計・体脂肪計を投入していく。... 過酸化水素ガスでスピード低温滅菌する滅菌機や調剤部門向けの薬剤の分包機、業務用の血圧計・体脂肪計は、子会...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン