662件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.018秒)

損害保険各社で運営する損害保険料率算出機構が、任意で加入する自動車保険の保険料を決める際の目安となる「参考純率」を引き下げる見通しであることが3日、分かった。... 損保各社はこれを踏まえ、2022年...

セイコーソリューションズ、AIで事故形態判定 (2021/6/2 電機・電子部品・情報・通信2)

自動車保険を取り扱う損害保険会社や共済向けに事故解決の迅速化を狙う。

自動車価格が上昇傾向にある中、自動車との多様な付き合い方を提案する。... ホンダの楽まるの料金には、車両の利用料金やメンテナンスサービス、利用期間が3年間を超える場合の保証延長、税金、自動車保険が含...

21年3月期は緊急事態宣言発出による外出自粛で自動車事故件数が例年より大幅に減少、海外保険事業の利益減少を一定程度補った。 ... 浜田昌宏執行役専務は「21年度は自動車の交通量が戻...

東京海上日動火災保険は保険金支払い部門の基幹システムで人工知能(AI)活用を加速する。... 東京海上日動火災保険は、2020年2月に契約者が事故対応の状況をスマートフォンアプリなどで確認できるように...

富士通、コネクテッドカー向け基盤 走行データ統合管理 (2021/4/16 電機・電子部品・情報・通信)

自動車メーカーや損害保険会社などに向けて22日に発売する。... 例えば損害保険の場合、事故発生を検出した際に発生場所や時刻を指定して、対象車両に加えて周辺車両の事故発生前後に渡る映像を自動的に取得。...

人工知能(AI)を活用した代理店営業支援システム「MS1Brain」の開発を主導した》 「損害保険会社の存在価値は世の中のリスクと向き合うことだ。... 先入観や固定概念を捨て、物事...

損保業界は98年に自動車保険など主力商品の保険料率が自由化され競争が激化した。... 保険種目別で大きなシェアを占めるのが海上保険から火災保険、自動車保険に変遷したようにリスクは時代ごとに絶えず変質し...

AI活用で苦情・要望に対応 保険業界では15年前、保険金の不払い問題が相次ぎ発覚、社会問題となり、経営陣の引責辞任などにつながった。三井住友海上火災保険も、医療保険の不当な不払いなど...

通信機能により、事故の際には直ちに保険会社へ映像を含む走行データが連携されるため、ドライバーは事故状況を詳細に説明する必要がなく、保険会社はスムーズな初動対応が可能となる。... また一部の保険会社で...

運転AI解析 保険・物流に照準 パイオニアが車両や運行データなど常に変動する動的データを活用したビジネスモデルへの転換を鮮明にする。... 同サービスを自動車保険や物流業界に向け提供...

保険料収入の約5割を占める自動車保険は人口減少をはじめ、所有から利用の流れを受け、中長期的な成長を見通すことは難しい。... 【次世代商品】 そこで生まれたのがデジタル空間で保険に加...

そこで同社は2020年9月に、ドライブレコーダー付帯型の自動車保険を対象に、人工知能(AI)がドラレコの映像から事故前後の状況を自動生成する最新鋭のシステム「Ai’s(アイズ)」を導入した。... 事...

新制度導入で「現場力」向上 三井住友海上火災保険は、営業戦略に“変革のメス”を入れている。自動車保険と密接に関係するモビリティー産業はCASE(コネクテッド、自動...

加入率がほかの保険に比べて高い自動車保険も、コロナ禍の影響がある。法律で加入が義務付けられている自賠責保険に加え、一般乗用旅客自動車運送事業・レンタカー事業は、任意の自動車保険加入が営業許可条件となっ...

三井住友海上火災保険執行役員経営企画部長の若園浩史は、若手時代に起きた合併劇を振り返る。... 保険業法の改正などで、外資系企業の参入や保険料率の自由化が進行。マイカーブームの恩恵を受けた自動車保険の...

常に「社会のため」探求 「立ち止まらない保険」をブランドスローガンに掲げる三井住友海上火災保険。... 人口減少という国内事情にあって、屋台骨である自動車保険は中長期的視点で成長を見...

三井住友海上、社長に船曳氏 (2021/2/1 総合3)

【略歴】船曳真一郎氏 83年(昭58)神戸大経営卒、同年住友海上火災保険(現三井住友海上火災保険)入社。... 自動車保険部部長や経営企画部長などを経験、社長候補に目されていた。... 船曳氏は「保険...

「自動車運転ソリューションの提供を考えている。... 介護事業で眼の虹彩や心拍数、表情の変化などから体調を推測し、警告する技術について研究している」 「こうしたアプリをOSに搭載して...

損害保険ジャパンとSOMPOリスクマネジメントは、自動車事故の有無を自動判定する人工知能(AI)を開発した。... 現在は実際には事故が起きていなくても、高低差の大きな段差など一定以上の閾値を超える衝...

おすすめコンテンツ

未来の科学者との対話19
第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話19 第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい新幹線技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい新幹線技術の本

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん!
幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん! 幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験
<1・2級>学科・実技試験

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験 <1・2級>学科・実技試験

日本ドローン年鑑 2021

日本ドローン年鑑 2021

必携 PLCを使ったシーケンス制御プログラム定石集
装置を動かすラダー図作成のテクニック

必携 PLCを使ったシーケンス制御プログラム定石集 装置を動かすラダー図作成のテクニック

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる