94件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

商船三井、LNG自動車船4隻を建造 (2021/8/20 建設・生活・環境・エネルギー)

商船三井は環境負荷の低い液化天然ガス(LNG)を主燃料とする自動車船4隻を新たに建造する。... 商船三井によるLNG燃料を用いた自動車船の発注は、今回が初めてとなる。いずれも約7000台積みの自動車...

新役員/商船三井 取締役専務執行役員・松坂顕太氏ほか (2021/8/17 建設・生活・環境・エネルギー2)

14年LNG船部長、15年執行役員、18年常務執行役員、21年専務執行役員。... ■取締役常務執行役員 日野岳穣氏 【横顔】定期船、自動車船、ターミナルなどの製品輸送事業分野に長く...

商船三井、バイオ燃料の自動車船を試験航行 (2021/7/15 建設・生活・環境・エネルギー1)

商船三井は100%出資会社、ユーロマリンロジスティクス(ベルギー、EML)で、バイオ燃料を使い自動車船の試験航行を始めた。EMLはグッドフュエルズ(オランダ)とバイオ燃料供給の契約を結び、自動車船には...

だが、20年4月以降、中国では自動車や機械、電機を中心に生産が急回復し、6月以降は海上輸送も増えた。... コンテナ船事業の成長が鈍る可能性はあるものの、各社とも22年3月期は低調だった自動車船の荷動...

商船三井など、AIで配船計画支援 (2021/6/16 建設・生活・環境・エネルギー2)

商船三井と商船三井システムズ(東京都港区)は、人工知能(AI)基盤技術の一つである数理最適化を活用した自動車船の配船計画支援システムの運用を始めた。梅谷俊治大阪大学教授の協力を得て最適な配船計画を短時...

新役員/日本郵船 執行役員・加藤毅氏ほか (2021/5/25 建設・生活・環境・エネルギー)

■執行役員 加藤毅氏 【横顔】自動車船グループの課長代理時代、発注する次世代自動車船のスペックなどで協議を重ねた。... 16年自動車船第一グループ長、17年物流・コンテナ航路統轄グ...

海運3社の通期見通し、経常減益 コンテナ船成長鈍化 (2021/5/11 建設・生活・環境・エネルギー1)

コンテナ船事業の成長鈍化を見込む。... 商船三井はドライバルク船市況や自動車船の荷動き回復を見込み増収を計画する。 ... 商船三井はコンテナ船事業の経常利益を前期比56%減の52...

商船三井の通期見通し、経常益25%減 コンテナ減速 (2021/5/3 建設・生活・環境・エネルギー)

好調だったコンテナ船事業が鈍化すると予想。 ... 売上高は自動車船の荷動き回復などを想定し、同6・9%増の1兆600億円とした。 21年3月期連結決算は、コンテナ...

2020年下期の新社長 (2021/2/10 下期の新社長)

次世代技術への対応やグローバル戦略を加速 JUKI内梨晋介63経営体制の強化 ...

海運3社の通期見通し、経常益を上方修正 定期コンテナ船好調 (2021/2/4 建設・生活・環境・エネルギー)

3社の定期コンテナ船事業は、共同出資会社のオーシャン・ネットワーク・エクスプレス(ONE)が手がける。... コロナ禍で各社は、ドライバルク船の市況悪化に苦しむものの、自動車船は生産回復を背景に改善。...

商船三井の通期見通し、経常益950億円 コンテナ好調 (2021/2/1 建設・生活・環境・エネルギー)

自動車船やドライバルク船などの各事業も堅調で、営業損益の予想は前回公表比で赤字幅を110億円圧縮し、20億円の赤字まで改善する見通し。... コンテナ船事業は海運大手3社で共同出資するオーシャン・ネッ...

展望2021/商船三井社長・池田潤一郎氏 エネルギー転換に商機 (2021/1/22 建設・生活・環境・エネルギー)

“コト消費”から“モノ消費”へとシフトして、結果的にコンテナが伸びた」 ―2020年7月、手配した貨物船がモーリシャス沖で座礁し、重油流出を起こしました。 ... ...

海運3社の4―9月期、減収 コロナ影響で輸送量減 (2020/11/6 建設・生活・環境・エネルギー)

ドライバルク船の市況悪化や自動車船の輸送需要減に苦戦するも、3社が出資するコンテナ船事業会社オーシャン・ネットワーク・エクスプレス(ONE)が好調で、経常損益の押し上げに貢献した。 ...

主力は自動車、船外機用ダイカスト部品などのバリ取り。

機械工学専攻の中にラボを置いたのは「IoTは動くモノをつなげてなんぼのもの」との考えからでドローンや自動車、船なども扱っている。

新型コロナ/海運3社、自動車船で苦境 国内メーカー生産減が影響 (2020/8/19 建設・生活・環境・エネルギー2)

海運3社の自動車船事業は、新型コロナウイルス感染拡大を背景にした国内完成車メーカーの大幅な生産減と出荷遅延で、苦境に立っている。... (小林広幸) 海運各社にとって、最もコロナの影...

海運3社の4―6月期、損益に明暗 コロナで物流需要変化 (2020/8/6 建設・生活・環境・エネルギー1)

一方、生産活動の停滞で、バラ積み船や自動車船の需要低迷に苦戦した川崎汽船は経常赤字に転落した。 3社の持ち分法適用会社でコンテナ船事業を手がけるオーシャン・ネットワーク・エクスプレス...

海運3社の前3月期、黒字確保 コンテナ船の業績改善 (2020/5/26 建設・生活・環境・エネルギー)

海運大手3社の2020年3月期連結決算が25日出そろい、3社が出資するコンテナ船事業統合会社、オーシャンネットワークエクスプレス(ONE)の業績改善を受けて、各社の経常損益が増益または黒字転換した。各...

川崎汽船の前3月期、経常黒字に転換 コンテナ船改善 (2020/5/12 建設・生活・環境・エネルギー1)

川崎汽船が11日発表した2020年3月期連結決算は、コンテナ船事業統合会社の業績改善に加え、自動車船・バラ積み船などの構造改革による採算性向上が寄与し、経常損益が黒字に転換した。自動車船では「航路再編...

商船三井の通期見通し、経常赤字最大400億円 コロナ影響で低迷 (2020/5/1 建設・生活・環境・エネルギー)

コンテナ船や大型ばら積み船で需要低迷による荷動き減が見込まれる。... コンテナ船統合会社の損益改善に加え、エネルギー輸送も好調で経常増益となった。自動車船も荷動き低調の中、船隊縮小効果で収益は改善し...

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる