電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

6,680件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.008秒)

「人工知能(AI)や自動運転などの需要が拡大し、同時に消費電力の削減も求められていく中で、(第2工場は)わが国のこうした要請に応える先端半導体の安定供給に大きく資するも...

自動運転バスで実証 施設内移動レベル4へ 7万人乗車 羽田みらい開発とBOLDLY(ボードリー、東京都港区、佐治友基社...

生成AIやインフラ機器、自動運転など、あらゆる機器に使われる半導体は今や戦略物資であり、供給途絶リスクは産業競争力に直結する。

自動運転向けAIを開発するチューリング(東京都品川区)の青木俊介最高技術責任者(CTO)は「国内のAI開発の追い風になる」と期待する。

第66回十大新製品賞/モノづくり賞 冨士ダイス (2024/2/26 機械・ロボット・航空機)

自動運転用センサーや監視カメラなどに搭載する同レンズの需要が増す中、生産効率を20%改善する。

JR九州、自動運転支援装置を実証 鹿児島本線で来月 (2024/2/26 生活インフラ・医療・くらし)

【福岡】JR九州は開発中の自動列車運転支援装置を用いた実証運転を鹿児島本線で3月16日に始める。香椎線で同日に正式導入する自動運転システムを基にした装置で、速度制御や駅での停止を自...

マクニカ(横浜市港北区)の福田泰之スマートモビリティ事業推進部長は、自動運転バスを活用した地域づくりを報告した。

その上で自動運転や人工知能(AI)など、先端半導体を必要とする成長分野で日本は存在感を高めていきたい。

魅力的なスマート社会を実現するため、自動運転技術など先進的なデジタル技術の実装を目指すプロジェクト推進に1億5200万円、若者と企業の出会いの場創出など県内就職・定着促進関連に1億2700万円を充てた...

新役員/クボタ エグゼクティブオフィサー・和田光司氏ほか (2024/2/22 機械・ロボット・航空機2)

自動運転トラクターの開発にも携わる。

2023年下期の新社長《非上場会社》 (2024/2/22 下期の新社長)

別会社で同一人物の就任含む 関連記事「23年下期の新社長、201人」 非上場会社 社&...

ただライダーの用途として期待される自動運転の本格的な普及時期は、中計策定時に想定した26年以降よりも遅くなるかもしれない」 ―デンマーク政府に株式取得申請を却下された、同国レーザー関...

JFEエンジ、千葉・印西のゴミ処理施設受注 DBO方式で20年一括 (2024/2/20 機械・ロボット・航空機1)

自動運転人工知能(AI)システムを導入し、幅広いゴミ量・ゴミ質に対して、燃焼の安定化と発電出力の向上を図る。

大阪メトロ、交通電業社を買収 機器技術取得 (2024/2/20 生活インフラ・医療・くらし)

交通電業社の鉄道機器の開発や製造の技術を獲得して、大阪メトロの地下鉄の自動運転化、顧客サービスや防犯性・セキュリティーの向上などにつなげる。

県内でも自動車関連製品を取り扱う企業は多く「自動運転技術など、半導体を活用した新産業で地元企業が強みを発揮できるのでは」と予想する。

JR九州、「自動運転乗務員」初認定 香椎線で来月から (2024/2/19 生活インフラ・医療・くらし)

JR九州は3月に香椎線で始める「ドライバーレス自動運転」に向け、社内資格者の「自動運転乗務員」5人を初めて認定した(写真)。... 自動運転乗務員は自動運転の列車に...

2024国際宇宙産業展ISIEX/紙上プレビュー(2) (2024/2/19 機械・ロボット・航空機2)

自動運転の探査車(ローバー)に乗り、月面の砂から水分を抽出して液体水素などを生成する同プラントを見学できる。

東京海上スマートモビリティは、物流業界の「2024年問題」や自動運転、交通事故削減など移動に関わる幅広い社会課題に向き合う。... 会社発足後、第1弾として、社用車の走行履歴の可視...

学生が自動運転などの研究もしている。

新規事業では求職者などのリスキリング支援で2億2600万円、自動運転バス実証実験への調査で3600万円を盛り込んだ。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン