電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

17,157件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

ラピダス(東京都千代田区)の半導体工場の建設が決まった北海道千歳市とは産業振興と再生エネ供給を一体で進めるなど、すでに五つの自治体と地域連携協定を締結。

全国と比べ自治体との関係は密で、事業継続計画(BCP)や創業支援、脱炭素で連携する考え。

TOPPAN、函館にBPO拠点開設 (2024/4/19 電機・電子部品・情報・通信)

TOPPAN(東京都文京区、斉藤昌典社長)は、全国の企業や自治体などの業務委託(BPO)業務を実施する拠点を北海道函館市に開設し、運用を始めた。... マイナンバー制度...

「国は再生エネ重視へと体制を転換し、さらにGXで経済産業省をはじめ、各省庁や自治体がPV導入を促進している」 ―市場は自立化へ向かっています。

ジャパンパビリオンへの複数自治体による広域ブロックでの連携・出展は、今回が初めてという。

道の駅に防災コンテナ 国交省が指針、平時・災害時とも利用 (2024/4/19 生活インフラ・医療・くらし1)

自治体が活用できる予算制度も掲載した。

自治体と連携し、地域住民と現場で課題に向き合い対話を重ねるワークショップなども実施。

みらいワークス、福岡・博多に営業拠点 (2024/4/17 生活インフラ・医療・くらし2)

九州地区の地方自治体や地域金融機関と業務連携する機会が増えたことなどから、福岡市博多区に営業拠点を構えた。

OKI、行動変容を促し睡眠改善 クラウドサービス提供 (2024/4/17 電機・電子部品・情報・通信1)

ヘルスケアサービス事業者はLINEアプリや自社アプリに新サービスの機能を連携させ、健康経営・健康増進を推進する企業や自治体に提供する。

川本理事長は「地域の顧客の困りごとを解決するよう全力で取り組みたい」と述べ、営業エリア内だけでなく、全国の信金や自治体との広域連携を強化する方針を述べた。

古河産機システムズ、橋施工を動画で紹介 (2024/4/17 機械・ロボット・航空機2)

高速道路会社や地方自治体に多数納入してきたこれまでの施工実績例も紹介している。

アサヒ飲料、東急コミュニティーと提携 CO2吸収自販機の設置加速 (2024/4/17 生活インフラ・医療・くらし1)

自治体や企業と連携し、収集したCO2は工業原料に活用することを検討する。

太陽光パネル処理も検証 福島県では東日本大震災・福島第一原子力発電所事故によって失われた地域の産業を回復するため、新たな産業基盤の構築を目指す国家プロジェクト「福島イノベーション・コ...

東電HDは24年1月以降、地元自治体への説明を続けている。

新設組織に集約で総合展開 広島県は4月1日付で商工労働局に「人的資本経営促進課」を新設した。従来、3課がそれぞれ担っていたリスキリング(学び直し)や働き方改革、女性活...

みらいワークス、有望な新興支援独自プログラム (2024/4/16 中小・ベンチャー・中小政策)

これまで他の事業者や地方自治体と共同で、スタートアップ支援を手がけてきた経験を生かし、同社の単独事業として支援策に取り組む。

台湾社の新工場効果最大に 2023年、SBIホールディングス(HD)と台湾の半導体受託製造(ファウンドリー)・力晶積成電子製造(PSMC...

KDDI、初心者向けマネ活セミ 渋谷区で来月18日開催 (2024/4/16 電機・電子部品・情報・通信1)

KDDIは資産運用の基礎を学べる「auマネ活セミナー」を自治体と共同で提供する。

両タイプともどこにでも持ち運べるため、例えば建設・土木工事の現場などの一定期間の利用や、実証実験などの短期利用、地方自治体開催のイベントにおける複数箇所での利用なども見込む。

アミタHDなど34者、社団法人設立 環境・地域課題を解決 (2024/4/16 素材・建設・環境・エネルギー2)

自治体と連携し、循環経済や脱炭素、生物多様性への貢献が地域の持続可能性向上にもつながるビジネスモデルを創出する。... 企業は構想段階から自治体と連携でき、地域のニーズに合った事業を創出できる。自治体...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン