電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

69件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

深層断面/建設業界、木材活用進む (2024/6/24 深層断面)

さらにサーキュラーエコノミー(循環経済)、ネイチャーポジティブ(自然再生)といった考えの浸透も木材の活用の大きな原動力になっている。 ... これらを...

自治体を巻き込んだシンポジウムの開催も助言し、ネイチャーポジティブ(自然再生)の先導役を担う地域金融機関を支援する。 国際組織「自然関連財務情報開示タスクフォース&#...

MS&ADインターリスク総研、生物多様性コンサル開始 都市部事業所を評価 (2024/5/23 素材・建設・環境・エネルギー1)

また環境省の「自然共生サイト」の認定も支援する。 国際組織「自然関連財務情報開示タスクフォース(TNFD)」が2023年9月、事業活動と自然との関わりを開示する枠組み...

鹿島、新環境ビジョン策定 再資源化率など指標見直し (2024/5/20 素材・建設・環境・エネルギー)

「脱炭素」「資源循環」「自然再興」の3分野について、目標値や行動計画、ロードマップを設定。... 資源循環では、再生材の利用拡大や廃棄物の分別・回収、木造・木質化建築の拡大を図る。... だが近年はサ...

ネイチャーポジティブ、生物多様性で企業連携 (2024/5/1 素材・建設・環境・エネルギー)

自然を回復させる「ネイチャーポジティブ(NP、自然再生)」が世界目標となり、生物多様性をめぐる企業の連携が起きている。... 生物や水を資産と同じように捉えた「自然資本」という概念があ...

日本フィランソロピー協会、23日にサステナ講座開講 (2024/4/16 素材・建設・環境・エネルギー2)

経営、ESG(環境・社会・企業統治)、ネイチャーポジティブ(自然再生)、ビジネスと人権などテーマ別に全5回で、初回は損害保険ジャパンの関正雄シニアアドバイザーが「真のサ...

企業を巻き込んで脱炭素と自然再生を同時に推進する先行事例となる。... 異業種の連携による脱炭素と自然再生を両立した活動創出を目指す。... 小山市がいち早く自然再生に動き出した背景には特有の自然環境...

自然減少リスク分析・技術手法を紹介 企業のネイチャーポジティブ(自然再生)活動を支援する金融機関4社連合「FANPS」がシンポジウムを開いた。気候変動に比べると自然再...

企業も回収拠点から再生材を入手でき、資源を安定調達できる」 ―3自治体で稼働しています。... 工場の業務を継続しながら、循環経済や脱炭素、自然再生をトータルで支援する」 &...

有田町は2023年10月、九大都市研究センターやインフロニア・ホールディングスと協定を結び、脱炭素や自然再生を地域活性化につなげる活動を始動した。

繰り返される自然災害によって日本人に歌舞伎を楽しむ余裕がなくなる将来を心配したのか、「歌舞伎は日本がホームグラウンド」と言葉に力を込めた。 ... 脱炭素やネイチャーポジティブ...

講演では九州大学の馬奈木俊介教授が企業と地域で実践するネイチャーポジティブ(自然再生)活動などを紹介し、パナソニックホールディングスの下野隆二環境渉外室長が同社グループの環境ビジョンを...

生物多様性の損失を止め、自然を回復軌道に乗せる「ネイチャーポジティブ(自然再生)」に向けた取り組みを全社的に進める狙い。 改定版のガイドラインでは、基本方針の中で「事...

12月13日に閉幕した気候変動枠組み条約第28回締約国会議(COP28)は「化石燃料からの脱却」「30年までの世界の再生可能エネルギー導入量3倍」「エネルギー効率2倍」などを盛り込んだ...

検証2023/ネイチャーポジティブ 生物多様性に注目 (2023/12/21 素材・建設・環境・エネルギー1)

「ネイチャーポジティブ経済」を掲げ、自然再生と企業活動を連動させる方向性を明確にした。また環境省は、30年時点の自然再生による国内経済への効果を年125兆円と試算した。... 自然再生に向けた社会変革...

伊藤信太郎環境相は、生物多様性の損失を止めて回復軌道に乗せるネイチャーポジティブ(自然再生)関連予算として34億円を確保した。生態系が守られた土地を認定し、企業による自然再生活動を促進...

NCCC、炭素クレジット民間取引を来春開始 (2023/11/29 素材・建設・環境・エネルギー1)

NCCCは農地や森林、海の保全による自然再生(ネイチャーポジティブ)によって自主的クレジットを発行し、売却で得た収益を農林水産業に還元する地方創生モデルを描く。 &#...

企業の自然配慮、データで説得力 大成建、建設事業の影響を定量評価 (2023/11/21 素材・建設・環境・エネルギー2)

4社は「FANPS(略称)」という組織を結成し、金融的手法で自然再生を支援する。 ... 生物や水を資産と同じように捉えた「自然資本」の概念を用いて、開発による自然へ...

風力発電の建設候補地に出向いて海中の生態系を調査し、自然や漁業と共生した風力発電事業を支援する組織だ。 ... 藻場再生、クレジット発行 再生エネに触発されるように...

大成建設は建設業に特化したネイチャーポジティブ(自然再生)の評価手法の開発に乗り出した。建設事業全体の自然資本に与える影響を適切に把握・評価することによって、ネイチャーポジティブ実現に...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン