239件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

2025年に設立30年を迎える“兄弟”造船所の南通中遠海運川崎船舶工程(NACKS)を含め「品質を踏まえた上でのコスト競争力は世界一」(川重常務執行役員船舶海洋ディビジョン長の...

三菱重工「艦艇」分断課題 2008年3月に三菱重工業が公表した船舶・海洋事業の目指す方向性にはこうある。

造船事業についてエネルギーソリューション&マリンカンパニーバイスプレジデント兼船舶海洋ディビジョン長の今村圭吾常務執行役員に聞く。... 米国のハリケーンの影響によるウレタン防熱材の調達難はあ...

エネルギーソリューション&マリンカンパニー船舶海洋ディビジョンの本井達哉副ディビジョン長は、「内槽を支えている」とサドルの役割を説く。

船員育成の記憶を後世に 神戸大学海洋政策科学部は練習船を保有する。... 矢野吉治館長の「船員教育が始まった神戸に、進徳丸という歴史ある船があった事を残したい」と...

三菱造、海洋脱炭素担う専門組織 技術開発―戦略実行 (2022/2/2 機械・ロボット・航空機1)

三菱造船(横浜市西区、北村徹社長)は1日、海洋脱炭素を担う専門組織「海洋脱炭素グループ」を同日付で事業戦略推進室の中に設立したと発表した。... 技術開発、市場調査...

日本郵船は設計や製図、船舶、海洋、エネルギーなどに精通した陸上職技術系人材を今後7―8年をめどに現状比約2倍の約100人に増やす。... 陸上職技術系は主に造船計画や船舶の設計、監...

目標実現までには気象学、計算機科学、船舶海洋工学、航空工学、経済学、社会学といった既存の領域を横断した科学技術的・社会的課題の解決が必要になる。

4月に船舶海洋とエネルギー・環境プラントの両事業を統合し、10月には2輪車などのモーターサイクル&エンジン事業と鉄道車両事業を分社するほか、日立造船とシールドマシン事業の共同出資会社を設立する...

新役員/IHI 執行役員・瀬尾明洋氏ほか (2021/5/27 機械・ロボット・航空機)

20年社会基盤・海洋事業領域副事業領域長兼グローバルビジネス推進部長。... ■執行役員産業システム・汎用機械事業領域副事業領域長 土田剛氏 【横顔】船舶海洋事業の調達を任さ...

「2018年開設の『船舶海洋工学センター』を皮切りに、『高機能材料センター』『社会基盤iセンシングセンター』『環境・エネルギー工学センター』を工学部付属として設置した。

水素でシナジー 川崎重工業は船舶海洋とエネルギー・環境プラントの両事業を統合した「エネルギーソリューション&マリンカンパニー」を始動した。

今後は温室効果ガスを排出しない船舶「ゼロエミッション船」の実用化も焦点の一つ。... また川崎重工業も4月に、船舶海洋事業をエネルギー・環境プラント事業と統合し、船舶を建造する坂出工場(香川県...

4月に船舶海洋とエネルギー・環境プラントの両事業を統合し、10月に2輪車と鉄道車両をそれぞれ分社化する。

川崎重工 水素社会の担い手へ(中)供給網、30年にも (2020/12/24 機械・ロボット・航空機)

同社は21年4月に船舶海洋とエネルギー・環境プラントの両事業を統合し、造船の主力拠点の坂出工場(香川県坂出市)を水素分野の拠点として再編する方針を打ち出した。

船舶海洋とエネルギー・環境プラントの両事業も21年4月に統合する。一連の見直しにより、精密機械・2輪車の事業領域とエネルギー・船舶領域が当面の収益を支える事業体制を整える。... また事業環境が厳しい...

船舶海洋カンパニー神戸造船工場工作部の関口喜仁部長に、建造の舞台裏や人材育成のあり方を聞いた。... 「設計思想が船舶と異なる。... バラ積み運搬船などのように、いつも一定して受注する船舶ではないだ...

環境に徹底して配慮した理想の船舶の実用化に総力を挙げる。... 伊藤忠商事の赤松健雄船舶海洋部長代行は、今治造船の担当者と意見を交わした時をこう振り返る。 船舶の開発で環境負荷の低減...

日本船舶海洋工学会(東京都港区)が選定する「シップ・オブ・ザ・イヤー2019」に、わが国で初めて完全バッテリー駆動でゼロエミッション(温室効果ガス排出ゼロ)を実現した大...

新役員/川崎重工業(下)執行役員・柿原アツ子氏ほか (2020/6/30 機械・ロボット・航空機)

執行役員船舶海洋カンパニー技術本部長 本井達哉氏 【横顔】90年代後半に超大型浮体構造物(メガフロート)の開発に参加し、自らの技術力向上に加えて、他社の技術者...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい自動運転の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい自動運転の本 第2版

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい吸着の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい吸着の本

現場のリスク管理と災害未然防止のための 
「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

現場のリスク管理と災害未然防止のための 「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン