59件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

英センタスバイオ、バイオ後続品がEMA承認勧告 (2020/7/31 素材・医療・ヘルスケア)

センタスバイオセラピューティクス(英ケンブリッジ)は、抗がん剤「アバスチン」(一般名ベバシズマブ)のバイオ後続品(バイオシミラー)「エクィダセント」について、欧州医薬品庁(EMA)の承認勧告を受けた。...

第一三共は27日、抗体薬物複合体(ADC)の抗がん剤「DS―1062」の共同開発について、英アストラゼネカと契約したと発表した。... 第一三共は、契約一時金としてアストラゼネカから10億ドル(105...

英アストラゼネカは、感染症を引き起こさないウイルスに新型コロナのデオキシリボ核酸(DNA)を入れた「DNAワクチン」の開発を進める。

AD治療薬を巡っては米メルクや米イーライ・リリー、英アストラゼネカなど世界の巨大製薬企業が開発に挑んだが、十分な効果を証明できず相次いで試験を中止した。

第一三共、「エンハーツ」を欧で承認申請 乳がん向け (2020/7/8 素材・医療・ヘルスケア)

提携先の英アストラゼネカと共同で、HER2陽性の胃がんや肺がん、大腸がんなどを対象とした臨床試験も進めている。

第一三共、ADCエンハーツが国内承認 (2020/3/27 素材・医療・ヘルスケア)

DS―8201は第一三共が創製したADCで、提携先の英アストラゼネカとグローバルの共同開発が始まっている。

「『DS8201(開発コード)』は英アストラゼネカとの戦略提携で開発が大きく加速した。

第一三共、英アストラゼネカと共同開発薬 米で販売承認 (2019/12/24 素材・医療・ヘルスケア)

製品名は「ENHERTU」(エンハーツ)で、戦略提携する英製薬大手アストラゼネカと共同開発する。

英アストラゼネカと結んだ抗体薬物複合体「トラスツズマブ デルクステカン(一般名)」(DS―8201)の戦略提携で、研究開発費が低減することも寄与する。

第一三共の通期見通し、営業益250億円増に上方修正 (2019/11/1 素材・医療・ヘルスケア)

英アストラゼネカと結んだ抗体薬物複合体「トラスツズマブ デルクステカン(一般名)」(開発コードDS―8201)の戦略提携で、研究開発費が低減することも寄与。

アルツハイマー病の治療薬を巡っては、米メルクや米イーライ・リリー、英アストラゼネカ(AZ)などの大手が開発に入っていたが、十分な効果を証明できなかったなどとして相次いで試験を中止している。 &...

アルツハイマー病の治療薬を巡っては、米メルクや米イーライ・リリー、英アストラゼネカ(AZ)などの大手が開発に入っていたが、十分な効果を証明できなかったなどとして相次いで試験を中止している。 &...

米メルクのがん免疫薬「キイトルーダ」や中外製薬のがん免疫薬「テセントリク」、英アストラゼネカの抗がん剤「イミフィンジ」などの大型薬が当面は市場の成長をけん引すると見られる。

第一三共の4―6月期、営業益90%増 主力品販売拡大 (2019/8/1 素材・医療・ヘルスケア)

英アストラゼネカと結んだ抗体薬物複合体「トラスツズマブ デルクステカン(一般名)」(開発コードDS―8201)の戦略提携に伴う契約一時金の計上や研究開発費の低減も営業益を押し上げた。 ...

第一三共の前3月期、営業益9.7%増 減益要因減る (2019/4/26 素材・医療・ヘルスケア)

英アストラゼネカと結んだ抗体薬物複合体「トラスツズマブ デルクステカン(一般名)」(開発コードDS―8201)の戦略提携で、契約一時金のうち、今期分の100億円程度を収益計上することが寄与する。...

協和発酵キリンは英製薬大手アストラゼネカと、「ベンラリズマブ遺伝子組み換え(一般名)」(製品名ファセンラ)の日本を含むアジア地域における開発・販売権に関する契約を結んだ。... ベンラリズマブは協和キ...

だが(がん領域の責任者として英アストラゼネカから)アントワン・イヴェル氏を入れ、研究開発部隊の目利きの能力が伸びてきた。

英製薬大手アストラゼネカの2017年12月期決算は売上高が前期比2・3%減の224億6500万ドル、純利益が2・1倍の36億4000万ドルで、減収増益となった。

米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)や英アストラゼネカなど世界的な医薬品メーカー各社は、英国の欧州連合(EU)離脱後に予想される通商・規制の障壁によって多くの追加コストが発生する恐れがあると主張...

英アストラゼネカ、米バーグと提携 (2017/8/31 ヘルスケア)

英製薬大手アストラゼネカは創薬に人工知能(AI)を活用している米ボストンのバーグ社と研究面で提携した。... 投資額などの詳細は明らかにされていないものの、アストラゼネカはバーグに化合物を提供し、バー...

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる