23件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

「私の専門でもある物理学はサイエンスとしては生命科学と同じであるが、物理学が論理性を重視してきた一方で、医学や薬学は現象論的に発展してきたという違いがある。しかし現代では、人工知能(AI)など高度な情...

茨城県科学技術振興財団が主催する江崎玲於奈賞とつくば賞、つくば奨励賞の審査委員を務めた。

「賞により研究が評価されるのは科学技術の発展につながる」と笑顔を見せるのは、ノーベル物理学賞受賞者で茨城県科学技術振興財団理事長の江崎玲於奈さん。... 科学技術の発展にはまだ課題が多くある。... ...

茨城県科学技術振興財団はナノサイエンス・ナノテクノロジーの分野で顕著な業績を挙げた研究者を表彰する「第16回江崎玲於奈賞」の受賞者を、東京大学大学院工学系研究科の染谷隆夫教授(50...

彼らの言葉から令和の科学技術を探る。... 「大学は基礎、応用は企業が担うべきだ」という意見に、科学技術振興機構研究開発戦略センターの野依良治センター長は「基礎か応用かという二元論は不毛だ」と断じる。...

【水戸】茨城県科学技術振興財団は3日、優れた研究成果を収めた研究者を顕彰する「第15回江崎玲於奈賞」など3賞の受賞者を発表した。ナノサイエンス・ナノテクノロジー分野で世界的な業績を...

【茨城県科学技術振興財団理事長・江崎玲於奈氏】 若い創造力、革新生む ―ノーベル賞で基礎科学が評価される一方、“稼げない科学”の振興が課題です。...

茨城県科学技術振興財団は5日、ナノサイエンス・ナノテクノロジーの分野で顕著な業績を挙げた研究者を表彰する「第13回江崎玲於奈賞」の受賞者を、東北大学電気通信研究所の大野英男所長・教授(61)に決めた。...

茨城県科学技術振興財団はナノサイエンス・ナノテクノロジーの分野で顕著な業績を挙げた研究者を表彰する「第12回江崎玲於奈賞」の受賞者を、東京大学大学院工学系研究科の相田卓三教授(59)に決めた。... ...

茨城県科学技術振興財団は19日19時から産業技術総合研究所(茨城県つくば市)で「つくばサイエンスカフェ〜SCIENTIA〜」を開催する。花火をテーマにした科学技術の講義や打ち上げ実験を実施。

茨城県科学技術振興財団は3日、ナノサイエンス・ナノテクノロジーの分野で顕著な業績を挙げた研究者を表彰する「第10回江崎玲於奈賞」の受賞者を、京都大学物質―細胞統合システム拠点拠点長である北川進教授(6...

日本IBMは優れた若手研究者を表彰する第25回「日本IBM科学賞」を齊藤英治東北大学教授(39)ら5人に授与することを決めた。... 同賞は基礎研究の振興と若手研究者の育成を目的に87年に創設。......

茨城県科学技術振興財団(水戸市)は28日、ナノテクノロジー分野で優れた成果を上げた研究者を表彰する「第8回江崎玲於奈賞」の受賞者に、河田聡大阪大学大学院工学研究科教授兼理化学研究所主任研究員(59)を...

日本IBMは、日本の基礎科学分野における学術研究の振興と若手研究者の育成を目的とした「第25回日本IBM科学賞」の推薦による公募を始めた。... ノーベル物理学賞受賞者の江崎玲於奈茨城県科学技術振興財...

日本IBMは1日、優れた若手研究者を表彰する「日本IBM科学賞」に木村剛大阪大学大学院基礎工学研究科教授ら4人を選んだと発表した。... 審査委員は江崎玲於奈茨城県科学技術振興財団理事長ら7人。......

茨城県科学技術振興財団理事長の江崎玲於奈さんが、ノーベル物理学賞の受賞理由となったエサキダイオードを発明したのは32歳のとき。... 科学の未来は、現在の延長線上にあるのではない。

茨城県科学技術振興財団(水戸市)は8日、ナノテクノロジー分野で優れた成果を挙げた研究者を表彰する「第7回江崎玲於奈賞」の受賞者に、藤田誠東京大学大学院工学系研究科応用化学専攻教授(52)を選んだ。.....

日本IBM科学賞は基礎研究の振興と若手研究者の育成を目的に87年に創設。... 審査委員は江崎玲於奈茨城県科学技術振興財団理事長ら7人。... 【物理分野】福島孝治東大大学院総合文化研究科准教授「交換...

高エネ機構のほか、小柴教授が03年に設立した平成基礎科学財団、東大素粒子物理国際研究センターが共催で盛り上げた。 メーン会場はつくば国際会議場(茨城県つくば市)で、学生らはつくば市内で合宿した...

茨城県科学技術振興財団(水戸市)は、ナノテクノロジー分野で優れた成果を挙げた研究者を表彰する「第6回江崎玲於奈賞」の受賞者を、野田進京都大学大学院教授(49)に決めた。... 江崎財団理事長は「さまざ...

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる