1,300件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

ディーゼルエンジンで発電し蓄電池を併用して走行する同社初のハイブリッドシステム(HS)をメーカーと共同開発。

蓄電効率を高めるため、地元の大学などとも連携して最適なシステムの導入を目指す。

伊藤忠商事は、蓄電システムを手がけるカナダのイグアナ・テクノロジーズ(カルガリー市、イグアナ)に出資参画する。... 独自開発の蓄電システムを北米、豪州、欧州を中心に販売する。... 伊藤忠商事は、日...

今後国内外で需要拡大が見込まれる再生可能エネルギーの蓄電用途など、中・大型蓄電システムへの採用を狙い、10年後には数千億円程度の売り上げを目指す。 ... 一方、日本触媒は、自社開発...

太陽光発電と同電池を連動させた電力需給システムを構築し、非常災害時などでの有効性を確かめる。... 太陽光発電の電力を館内照明に使い、余った電力を蓄電池に充電する。... 電力需給システムのほか、電力...

横河電、APBに資本参加 大型蓄電池の運用最適化 (2020/3/9 機械・ロボット・航空機2)

協業で横河はエネルギー・マネジメント・システム(EMS)ビジネスの拡大を目指す。協業で得られた知見を、さまざまな大型定置用蓄電池に展開する。 ... APBとの協業で得た最適化や効率...

太陽光で充電して使えるシステムで、幅広い用途や場所で運用することができる。 蓄電効率に優れた「電気二重層キャパシター」を使用した。... 蓄電部分や計測部分の回路、無線通信部分を一体...

最もエネルギー利用率が高い大容量空調加熱システムは、高砂熱学工業と共同で構築。... 今回のシステムは省エネルギーセンターの「19年度省エネ大賞」で資源エネルギー庁長官賞を獲得した。... (名古屋・...

馬渕工業所が自社製小型風力・太陽光発電システム「マブチ・ハイブリッドポール」用蓄電池として採用。同システム用に限らず新型電池として外販も始めた。 ... 鉛蓄電池のように配列できるバ...

さらに同電池の大型受注を目指すビルなどの施設用定置型蓄電システムの開発、普及などで協業できる大林組なども参画する。

高電圧に弱いとされる固体コンデンサーも、当社は125ボルト耐圧製品までラインアップを拡充した」 ―家庭用蓄電システムの販売が好調です。 ... 電気自動車(EV)バ...

NECST事業では、世界初のV2H(ビークル・ツー・ホーム)システムや、家庭用蓄電システムをはじめ、二酸化炭素(CO2)を削減しながら電気を安定的に供給できる製品を次々と市場投入してきた。

物質・材料研究機構の石田暢之主任研究員らは、次世代蓄電池として期待される「全固体リチウムイオン二次電池」の性能向上につながる評価技術を開発した。従来の試料作製技術と顕微鏡技術に電気化学測定系を組み込ん...

ZNBは体積エネルギー密度が1リットル当たり200ワット程度と定置型リチウムイオン電池と同等で、鉛蓄電池の2倍以上と大容量。... 再生可能エネルギーの蓄電や電力ピークシフト、非常用電源などに適してい...

【京都】オムロンは今春から低層集合住宅向けで、太陽光発電と蓄電システムを使ったエネルギーマネジメントサービス「エネサプリ」を始める。... 以前から、蓄電システムや太陽光発電用パワーコンディショナーの...

シオン電機、再生エネ・蓄電池一体販売 直流で供給・高効率 (2020/2/7 電機・電子部品・情報・通信2)

再生エネの発電で余った電気を蓄電池に蓄え、足りない時に利用できる。... スーパーシンプル・エコミノールは、既存システム「エコミノール」に蓄電池を組み合わせたシステム。... 同社は顧客ニーズに合わせ...

04年、現在の本社屋建設の際、自社製蓄電型太陽光発電システムを導入。当時は蓄電システムが世の中になく自社で開発、数年後に必ず必要とされると信じ、製品化を急いだ。当社の家庭用蓄電システムは、電気安全環境...

太陽光発電「自己託送」 京セラ、送配電網負担検証 (2020/2/6 電機・電子部品・情報・通信2)

野洲市所有の2000平方メートルの土地に、約150キロワットの京セラ製太陽光発電システムを設置。発電した電力を蓄電池にため、関西電力の送配電網を介して約2キロメートル離れた滋賀野洲工場(滋賀県野洲市)...

【太陽光最大利用】 水素エネルギー運用システムは東芝エネルギーシステムズが中心となって開発した。電力系統側の制御システムと、水素需要予測システムにより電力需給バランスを調整し、水素需...

(ドライバーが搭乗する)『レベル3』の自動運転スクールバスも実証実験を始めるなど着々と歩みを進めている」 ―工学部情報システム学科に大学初となるAI専攻を19年4月に創設しました。&...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる