電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

106件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.015秒)

クオルテック、大容量EDLCを試作 電解液に水溶液 (2024/4/4 電機・電子部品・情報・通信1)

一方で市販品のエネルギー密度は1キログラム当たり10ワット時に満たず、車や産業機器の蓄電デバイスに普及するが、サイズの問題もあって用途が限られていた。 大容量のEDLCが安価な量産コ...

蓄電機器の “相棒” に ジェイテクトは高耐熱リチウムイオンキャパシターを「Libuddy(リバディー)」で商標登録した。既存電源やリチウムイオン電池...

【名古屋】ジェイテクトの蓄電デバイス「高耐熱リチウムイオンキャパシタ」が萩原テクノソリューションズ(名古屋市東区)のメンテナンスフリー無停電電源装置(UPS...

輝け!スタートアップ(170)3DC カーボン新素材で社会実装 (2023/6/9 中小・ベンチャー・中小政策)

従来のカーボン材料より化学的にも物理的にも耐久性を持ち、電池など蓄電デバイスの長寿命化への利用が期待されている。

高エネルギー密度の全固体蓄電デバイスの実現につながる。

同社は昭和電工マテリアルズ(現レゾナック)の蓄電デバイス・システム事業が前身。

蓄電デバイスでの活用も想定。

ジェイテクトが開発した蓄電デバイス「高耐熱リチウムイオンキャパシタ=写真」とその関連技術をプロドローンに提供し、ドローンの電源性能の向上を図る。

塗布で蓄電デバイスを作れる可能性がある。

(木曜日に掲載) 産総研 電池技術研究部門 蓄電デバイス研究グループ&...

例えば合成香料や蓄電デバイス向けの機能材料などが考えられる。

超スマート社会の実現に必要な、IoT(モノのインターネット)やIoH(人のインターネット)の発展、そして再生可能エネルギーのさらなる普及・活用にむけて必要とされるのが、...

蓄電容量がリチウムイオン二次電池(LIB)の1・8倍に高まる一方で、製造コストは半分程度に減る。技術の使用許諾に向けた交渉を、複数の蓄電デバイスメーカーと進めており、3年後の製品化を見...

LICのパイオニアとして蓄電デバイス市場を切り開く。 LICはリチウムイオン電池(LIB)と比べ容量は低いが、充放電の早さと熱暴走が発生...

同材料を蓄電デバイスの電気二重層キャパシター電極としてセルを作製し、充放電試験を実施した。... エネルギー貯蔵デバイスの電極材料や燃料電池触媒担体の開発につながる。

防災産業展2021/紙上プレビュー(4) (2021/11/17 建設・生活・環境・エネルギー1)

長期間バックアップにも、蓄電デバイスをリチウムイオン電池に置き換えて対応する。

次世代の全固体電池だけでなく、主流のリチウムイオン電池をしのぐ「革新型蓄電池」の開発も進む。戦後から電池開発を先導し、企業に橋渡ししてきた産業技術総合研究所関西センター(大阪府池田市)...

充放電できることを確認し、3D造形可能な蓄電デバイスというコンセプトを示した。

丸紅は、蓄電デバイスであるウルトラキャパシターの開発・製造を手がけるエストニアのスケルトン・テクノロジーズ・グループへ出資した。... 日本をはじめ、アジアを中心に同社製ウルトラキャパシターの販売や、...

長井工場では、電圧の安定化やノイズ除去を行うセラミックコンデンサー、雷・発電機のサージ(過電圧・過電流)から電子回路を守るセラミックスバリスタ、蓄電デバイスの電気二重層キャパシタなどの...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン