電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

259件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

ニュース拡大鏡/テルモ、薬剤デバイス増強 CDMO事業の投資加速 (2024/3/27 生活インフラ・医療・くらし2)

(安川結野) テルモの現在の主力事業は血管内治療や心臓外科手術用に製品を展開する「心臓血管カンパニー」だ。

特に市場が大きい米国は血管内治療や心臓外科手術に使う製品の販売が伸びており、22年度は全体の売上高8202億円のうち35%を占め、日本の25%を上回る。 ... コス...

、文部科学大臣賞には神戸大学の福田純礼さんらの「血管内手術ナビゲーションAI開発事業」が輝いた。 ... 福田さんは、脳卒中など血管内でカテーテルを使う手術をAIのナビで支援する事業...

そこで同社が開発するのは、血管内に入ったカテーテルから体内組織に光を照射する医療機器だ。... 光で血管内での温度が上昇する心配に対しては「血流で温度が拡散される」と塚本社長は説明する。... カテー...

テルモ、プエルトリコ工場に新棟 止血デバイス増強 (2024/2/16 生活インフラ・医療・くらし1)

既存の生産棟の約3倍となる約6000平方メートルの床面積を確保し、血管内治療用の止血デバイス「アンジオシール」の生産能力を増強する。... 血管内治療では、太腿の付け根や手首の血管からカテーテルを挿入...

市村清新技術財団、新技術開発の助成13件決定 (2024/2/1 科学技術・大学1)

▽温度特性付ツインチャート高精度MTF測定機の開発=エーティーエー(埼玉県日高市)▽公共インターネット上で超高精度の時刻、位相、周波数を伝送するRPTP技術の実用化開発=...

カネカ、脳血栓回収機器の販売でイスラエル社と契約 今春投入 (2024/1/17 素材・建設・環境・エネルギー1)

ステント開閉を自在に調節できる特徴を持ち、脳血管内の血栓を絡めて回収することで血管への負荷を最小限に抑えられる。... 急性期脳梗塞は脳血管内に詰まった血栓が血流を低下させ脳組織に深刻なダメージを与え...

展望2024/テルモ社長・佐藤慎次郎氏 心臓血管事業、米で攻勢 (2024/1/12 生活インフラ・医療・くらし2)

「米国など海外で血管内治療の需要が高まっており、心臓外科や血管内治療を手がける主力事業『心臓血管カンパニー』は伸び率も大きい。... テルモは主力の心臓血管カンパニーで競争力が高い製品を展開。

テルモ、米で血管塞栓用コイル発売 非ループで径制限なし (2023/12/15 生活インフラ・医療・くらし2)

通常のコイルはループの大きさによって留置できる血管径が制限されるが、同製品はループ形状を持たないため多様な血管径に使用できる。 ... 末梢血管塞栓用コイルを用いた血管内治療は外科的...

最優秀賞CVG大阪大賞は神戸大学の福田純礼さんらの「AIによる血管内手術ナビゲーションシステム開発事業」、立命館大学の太田晶景さんらの「めしパシャ」の2件。

テルモ、南アに販社 血管内治療製品で攻勢 (2023/12/6 生活インフラ・医療・くらし1)

主力事業である血管内治療製品の販売を代理店を介した間接販売から新会社による直接販売に移行し、販売体制を大幅に増強する。... また価格競争力を高め、南アフリカでの血管内治療製品の売り上げとシェア拡大を...

JMDTは、血管を支える役割を一定期間果たした後に分解し体内に取り込まれる「生体吸収性ステント」を開発している。... ステント残留による血管詰まりを防げるほか、留置後の約1年半で95%が分解...

テルモの4―9月期、増収増益 海外事業が好調 (2023/11/15 生活インフラ・医療・くらし1)

主力の心臓血管カンパニーは海外の好調に加え、日本では血管内治療の件数が回復したことなどで同12・9%増の2657億円だった。

①脳腫瘍によるもの、②くも膜下出血・脳出血・脳動脈解離などの脳血管障害(脳卒中)によるもの、③慢性硬膜下血種などの外傷によるもの、④髄膜炎や脳炎などの感染症によるもの―である。... ...

テルモ、ハイブリッド型の胸部大動脈治療用機器投入 (2023/7/5 生活インフラ・医療・くらし2)

人工血管とステントグラフトを組み合わせたハイブリッド型の製品で、低侵襲の治療を実現する。... 大動脈は身体で最も太い血管で、心臓からさまざまな臓器へ血液を供給する。血管壁の一部が膨らむ大動脈瘤や、血...

島津が手がける天井走行型の血管撮影システムをGEヘルスケア・ジャパンにOEM(相手先ブランド)供給する。... 血管撮影システムは、心臓や頭部、足などの全身領域で、狭くなった血管をカテ...

理化学研究所の中冨浩文チームリーダーらは、くも膜下出血の原因となる血管のふくらみである「脳動脈瘤(りゅう)」の発生に関わる遺伝子変異を発見した。... 開頭手術か血...

アンギオグラフィー装置はX線を使って血管内をリアルタイムで撮影する。血管内部にカテーテルと呼ばれる細い管を通し、心臓や脳の血管、がんなどの病変部位で薬剤を放出したり器具を留置したりする血管内治療におい...

マウスにおいて血管内投与で全脳的な神経細胞への遺伝子導入が可能であることは報告されていたが、霊長類の脳ではなされていかった。 ... 直径1マイクロ―4マイクロメートル(マイ...

金属遮蔽板でX線量半減 頭の中にできた病変を直接切開することなく、カテーテルと呼ばれる細い管の先端をエックス線(X線)で透かして見ながら、血管の内側から病変を治療する...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン