電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

10件中、1ページ目 1〜10件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

5代目の野崎丹斐太郎は製塩近代化に取り組み、入浜式に比べ10分の1の労働力で3倍の生産量が得られる流下式製塩法を57年(昭32)に全面導入。69年(昭44)には現在主流...

兵庫県赤穂市が申請した「『日本第一』の塩を産したまち 播州赤穂」は、近世の主要な製塩法だった入浜塩田などが栄えた歴史などを紹介。

海水から天日でつくる「揚げ浜式」と呼ばれる伝統的な製塩法は日本でここにしか残っていないとのことである。

海水を噴霧して水分のみを蒸発させる独自製塩法、「常温瞬間空中結晶法」を使う。

直販所で売れ残った農産物のインターネット販売システムの開発に向け月内にも会社を設立するサトユニ・コモンズや、温泉熱を使って水分を蒸発させる製塩法で二酸化炭素(CO2)排出量を6分の1に...

「温泉海水からの低温食用塩の製造法に関する研究」がテーマ。... 同大総合分析実験センター(佐賀市)が製塩法の研究と製品の分析、データ解析を行う。

鶏油などでコクを出し、伝統的な製塩法で作ったこだわりの塩で味付け。

さらに、常温瞬間空中結晶製塩法という塩のつくり方を発明した。... 常温瞬間空中結晶製塩法でつくった塩は、海の中にある水以外のものすべてが塩に入っている。

(宮川工機=愛知県豊橋市、0532・31・1251) ▽常温瞬間空中結晶製塩法=高安正勝氏(個人) 海水から食塩水を製造する方法において...

江戸時代後期の1829年、現在の岡山県倉敷市児島に塩田を設けて事業を始めてから約180年間、製塩一筋に続けてきた。 ... そして、水槽の中でイオン膜と電流を用いて化学的に塩分を濃縮させる現在...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン