電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

1,041件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.025秒)

同社は複合材料を製造し、コンパウンド事業部や発泡体事業部を擁する。... 三福工業は複合材製造のニッチトップ企業だが、部署間の連携や人材教育は手薄だった。

仏エアバス、大韓航空から「A350」33機受注 (2024/4/4 機械・ロボット・航空機1)

加えて、複合材やチタン、アルミニウム合金など最新素材を70%採用しており、軽量、低コスト化を実現した。

単通路機分野では日本勢が強みを持つ先進複合材や高効率の生産技術を欧米の航空機メーカーに提案し、開発段階からの参画を目指す。

共和製作所、CFRP導入・活用セミを1社集中型で実施 (2024/3/27 機械・ロボット・航空機2)

【名古屋】共和製作所(愛知県碧南市、河口治也社長)は、炭素繊維複合材(CFRP)の利用促進のため1社ごとに「CFRP(カーボン)“導入・活用”セミナー」...

1400℃耐久セラ複合材 IHIなど技術開発 (2024/3/14 科学技術・大学2)

航空機エンジン向け IHIと新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、1400度Cに耐えるセラミックス複合材料(CMC)技術を開発した。......

タンクの軽量化では、軽量複合材料であるガラス繊維強化プラスチック(GFRP)や炭素繊維強化プラスチック(CFRP)と、超軽量かつ断熱性に優れたコア材で構成した「サンドイ...

レゾナック、EV向け材料開発拠点の機能拡充 (2024/3/6 素材・建設・環境・エネルギー2)

また下館事業所・五所宮(茨城県筑西市)をフィラー・複合材開発のコア拠点に位置付け、効率的な研究開発ができる体制を組んだ。

三菱ケミ、1500℃に耐える複合材開発 航空宇宙向け (2024/2/20 素材・建設・環境・エネルギー2)

三菱ケミカルグループはセラミック基材をピッチ系炭素繊維で強化した耐熱温度1500度Cの複合材を開発した。

CF自体の販売に加え、CFとポリプロピレン(PP)を複合化したUDテープ「タフネックス」やCF強化コンパウンドでの採用を想定する。 ... 三井化学繊維強化複合材チー...

金属・樹脂複合すべりネジを商用化できれば国内初という。... アルミ合金のナット基材表面に、独自樹脂のポリフェニレンサルファイド(PPS)複合材料を射出成形で形成する。... アルミ合...

母材も添加剤も再生可能な生物由来材料で構成できるようになる。 ... 生分解性プラスチックなどに添加すると母材の結晶化を促進すると考えられる。... 無機物のフィ...

Mipox、高精度アライメントシステム利用の常温接合加工サービス (2024/2/7 素材・建設・環境・エネルギー1)

独自の精密研磨・エッジ研磨加工技術により、焼結体材料や複合材など常温接合が難しい材料にも対応している。

日本企業は川崎重工業やSUBARU(スバル)、NECといった大手のほか、旭金属工業(京都市上京区)が航空機複合材部品、タカギスチール(名古屋市中区)が航...

生産面では受注残の水準がまだ高いことから、この消化を促進して競争力のある納期にする」 ―鋳物の代わりに、鉱石とエポキシ樹脂で結合させた複合材料「ミネラルキャスト」を土台などの構造体に...

共和製作所/CFRP使用のマネークリップ (2024/1/8 新製品フラッシュ)

共和製作所は、炭素繊維複合材(CFRP)を用いた紙幣用のクリップ「CFRPマネークリップ」を発売した。

可視化で評価 複合材、望む特性に カーボンナノチューブ(CNT)は炭素原子のみからなるナノ材料であり、髪の毛の太さの約1万分の1程度の極細繊維である。... ...

ミライ化成、日曹金属化学と協業開始 炭素繊維リサイクル (2023/12/20 素材・建設・環境・エネルギー1)

ミライ化成は炭素繊維複合材の製造工程で発生する端材・廃材の状態に合わせて適切な処理を施し、加工しやすい状態で用途に合わせて短繊維から長繊維まで取り出せる独自技術を確立している。... 具体的には、日曹...

川重、民間航空機分野の国際認証「Nadcap」議決メンバーに (2023/12/20 機械・ロボット・航空機2)

特殊工程には非破壊検査、熱処理、メッキなどの表面処理、溶接、レーザー加工、複合材加工、ショットピーニングが該当する。

ファイルいい話/共和製作所 CFRP微細加工 (2023/12/13 機械・ロボット・航空機1)

産業用・一般向け二兎追う 2016年に金属部品の切削加工から撤退し、炭素繊維複合材(CFRP)の将来性に賭けた。

ちょっと訪問/中川木型製作所 ゴムスポンジの用途拡大 (2023/12/5 機械・ロボット・航空機1)

中川木型製作所は、自動車内装材を評価時に使う炭素繊維複合材(CFRP)製の治具を主力とする。... 同治具も、木型の造形技術を基に内装材と合うように仕上げる。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン