電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

11件中、1ページ目 1〜11件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

東レが高撥水の新素材 25年度展開、有機フッ素不使用 (2023/12/1 素材・建設・環境・エネルギー)

同社が持つ革新複合紡糸技術「ナノデザイン」によって、繊維断面を精密に制御した新たな原糸と、形態の異なる2種類のスパイラル構造を発現させる特殊な高次加工技術で同構造を実現した。

複合紡糸技術や水処理技術などに磨きをかけ、高付加価値製品の拡販や新事業の創出により目標達成を図る。 具体的には繊維分野で複合紡糸技術の「ナノデザイン」、樹脂・ケミカル分野でポリフェニ...

個性発信・話題の商品/東レ 「キューティクル」 (2022/1/24 新製品フラッシュ2)

同社の複合紡糸技術「ナノデザイン」を使い、弾力のあるストレッチ性を持たせた。... 繊維表面に微細な凹凸を持たせる独自の繊維加工技術を施すことで艶やかで深みのある発色を実現。

しなやかさ・機能性両立 東レ、ポリエステル生地開発 (2021/12/7 素材・医療・ヘルスケア1)

東レの複合紡糸技術「ナノデザイン」を使うことで、弾力のあるストレッチ性を持たせ、着心地を良くした。また、繊維表面に微細な凹凸を持たせる独自の繊維加工技術を施すことで、あでやかで深みのある発色を実現。

「キマイラ スキン」には、東レの複合紡糸技術「ナノデザイン」を駆使した超極細繊維を使った。

アパレル・繊維各社、「環境に配慮した服」開発 (2019/7/1 素材・医療・ヘルスケア)

ゴールドウインの渡辺貴生副社長は「少ない物質やエネルギーで、最大の効果を発揮する技術の開発を目指す」と話す。... ナノスリットナイロンでは複合紡糸技術で微細な凹凸を表面に形成し、撥水性能を高めた。&...

東レ、高撥水・耐久性生地を開発 スキーウエアなど提案 (2019/4/23 素材・医療・ヘルスケア)

東レは独自の複合紡糸技術「ナノデザイン」により、原糸断面に涙滴型の微細なスリットを複数設計し、水との接触面積を減少させ、高撥水性と撥水耐久性を持たせた。

ポリエステル・ポリプロピレン複合素材 可染能と肌のドライ感保持 クラレトレーディング(大阪市北区、村井研三社長、06・7635・1600)は、異素材を複合して...

東レ、嵩高性持つ極細繊維生地 (2016/12/2 素材・ヘルスケア・環境)

複合繊維の断面形状を任意に制御できる同社独自の複合紡糸技術「NANODESIGN」を使った。

原糸にセラミックス粒子を高濃度で含有させる複合紡糸技術を使い、超極細繊維に紫外線(UV)遮蔽(しゃへい)効果や防透け性、遮熱性を備えた。

ナノフロントは海島型複合紡糸技術を高度化し、1本の繊維から約1000本の超極細繊維の製造が可能。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン