17件中、1ページ目 1〜17件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

展望2021/JR九州社長・青柳俊彦氏 鉄道、DX推進で省人化 (2021/1/26 建設・生活・環境・エネルギー2)

21年も九州新幹線西九州ルートの開業準備や災害復旧など待ったなしの案件が控える。

JR九州は28日、2022年秋ごろに開業を予定する九州新幹線西九州ルートの武雄温泉(佐賀県武雄市)―長崎間を運行する列車名を「かもめ」に決めたと発表した。

すでに同地域に指定してある仙台市の「仙台駅西・一番町地域」、同じく広島市の「広島駅周辺地域」と「広島紙屋町・八丁堀地域」を都市の国際競争力強化に向け、緊急かつ重点的に整備する特定都市再生緊急整備地域に...

国土交通省は17日、佐賀県に対し九州新幹線西九州ルートに関して「対面乗換」「スーパー特急」「フリーゲージトレイン(FGT)」「ミニ新幹線」「フル規格」のすべての整備方式に対応する環境影響評価の手続きの...

赤羽一嘉国土交通相は17日の閣議後会見で、九州新幹線西九州ルート(長崎新幹線)に関して佐賀県が協議に入るための確認文書案を出したことについて「協議のテーブルに着くために進むのはよいこと」と一定の評価を...

JR九州、長崎駅に新駅ビル建設計画 25年度にマリオット開業 (2019/12/13 建設・生活・環境・エネルギー)

九州新幹線西九州ルート開業に伴う再開発の一環。

佐賀県の山口祥義知事と赤羽一嘉国土交通相が11日会談し、九州新幹線西九州ルート(長崎新幹線)について国と県の間で協議を前提に調整することで合意した。

プラスのモチベーションが大きな飛躍につながる」 ―2022年には、在来線と新幹線を乗り換えるリレー方式で九州新幹線西九州ルートが暫定開業します。 ... 一方で県の...

近鉄、フリーゲージ電車開発に着手 まず技術調査から (2018/5/18 建設・エネルギー・生活2)

FGTはこれまで、九州新幹線長崎(西九州)ルートでの採用を目指し開発が進められた。累計約500億円を投じてきたが、技術を確立できず、同ルートでの展開は事実上、白紙となった。

九州新幹線西九州ルートの整備方式を検討する与党整備新幹線建設推進プロジェクトチーム(PT)への報告に盛り込んだ。九州から新大阪駅への新幹線乗り入れは、既存ホーム容量が逼迫(ひっぱく)していることから、...

JR九州と長崎県、新幹線開業効果高める連携協定 (2016/9/1 建設・エネルギー・生活1)

2022年度に予定する九州新幹線西九州ルートの開業効果を最大限に高めるのが目的。

2022年度に予定する九州新幹線の西九州ルート開業に向け、地域の魅力を高め、福岡都市圏との一体的発展につなげることが目的。... JR九州の青柳俊彦社長(写真右)は「西九州ルートの開業効果を高めるため...

鉄道事業は厳しい環境ながらも収支改善を進め、九州新幹線や豪華クルーズ列車「ななつ星in九州」を成長事業に育ててきた。... 九州新幹線西九州ルートの開業に間に合わせたい。... ルート、食事は変えるが...

計画ルートには南アルプスなど貴重な自然環境がある地域も多い。... 【JR九州−利用者数持ち直す】 九州新幹線は3月12日に鹿児島ルート(博多―鹿児島中央間)が全線開業。... 福岡...

西日本建設業保証福岡支店(福岡市博多区)の12月の九州・沖縄の公共工事の請負金額は、前年同月比7・6%増の1298億円と6カ月連続で前年を上回った。... 九州新幹線西九州ルートのトンネル工事を抱えて...

4月28日に佐賀県嬉野市であった西九州ルートの着工式。... 佐賀県は西九州ルート沿線地域に限らず、県内全域で新幹線の波及効果を高めるために各自治体で積極的に観光ルート開発など観光振興に取り組む。&#...

昭和40年代から訴え続けている九州新幹線西九州(長崎)ルートを一日も早く完成させ、競争力を取り戻したい。 西九州ルートが整備されると、九州全体の競争力強化につながる。... もともと西九州ルー...

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる