電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

154件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

宇宙空間には数多くの地球観測衛星が存在し、さまざまなセンサーを用いてデータを取得している。... 将来は、世界中の企業や研究機関が持つ衛星を仮想的に一つの観測網とみなして利用する「バーチャルコンステレ...

防災科学技術研究所は18日、南海トラフ海底地震津波観測網(N―net)の沖合システムの整備を完了し、7月から試験運用を始めると発表した。... N―net事業では、南海トラフ地震の想定...

津波観測に主に使われる水圧計の観測点間隔は約20キロメートル。... 従来の海底観測よりコストも低い。現在、研究目的で使える海底光ケーブルは5本程度だが、使われなくなった既設の通信ケーブルを活用できれ...

▽高エントロピーナノ粒子を構成要素としたサステイナブル熱電材料の創製=前之園信也氏(北陸先端科学技術大学院大学先端科学技術研究科教授)▽微細かつ単分散な白金クラスターの高機能化...

ばく大な対策費、まず精密観測網整備を それでは、この都市化の影響が混入している15地点平均ではなく、本当のところの日本の温暖化量はいったいどの程度なのだろうか。... 最後に観測網の...

「N―net(南海トラフ海底地震津波観測網、用語参照)の整備を進めている。既存のDONET(地震・津波観測監視システム)も含めて海底の観測体制が整うと地震を最大30秒程...

しかし空気はレーダーに映らず、冷気外出流は観測できない。... また、近年大幅に進んだのが水蒸気観測だ。... 次期衛星による水蒸気観測データは従来の気象庁観測網の約2000倍となり、海上の水蒸気につ...

世界中にある波長3・5ミリメートル帯の電波望遠鏡をつなぎ仮想的な巨大望遠鏡を作る「グローバルミリ波VLBI(超長基線電波干渉法)観測網(GMVA)」を活用。... 従来...

沖合観測網に比べ、沿岸津波の最大振幅の予測精度を20%以上向上できる。... 常時観測可能な沖合観測網と組み合わせることで、より効果的な津波早期検知や高精度予測が可能となる。 ...

世界中で観測された地震波記録を解析して推定した。... グローバル地震観測網で記録された地震波をその励起源へ逆投影し、地震波が放射された時刻と場所、強さを可視化した。 ... 噴火時...

今後は、海底地震観測網のデータを活用して、海域やより深部まで応力推定の範囲を広げ、プレート境界における地震発生の理解を促進する応力地図の作成を進めていく。... 地震観測と地震波形や震源データの解析に...

実験では海上保安庁の海底地殻変動観測網の水深約1300メートルの海底基準局を利用した。

約20年前に防災科学技術研究所で高感度地震観測網Hi―netの整備を担当する中で深部低周波微動を世界で初めて発見し、それを端緒にさまざまなスロー地震の発見やスロー地震学という新たな研究分野の創成につな...

サイバーリスク浮き彫り 総務省・情報通信白書 IoT機器対策急務 (2022/7/18 電機・電子部品・情報・通信)

情報通信研究機構(NICT)によると、21年に観測したサイバー攻撃関連通信数は18年比で約2・4倍に増加した。... (張谷京子) NICTが運用して...

極寒でもPM2.5測定 北大・名大が装置開発 (2022/3/31 大学・産学連携)

北極圏や南極で安定した大気汚染観測が可能になる。開発したボックスは、タナカ(札幌市東区、本阿弥孝社長)で約9万円で販売し、PM2・5観測網拡大につなげる。 ...

筆者らは防災科学技術研究所の首都圏地震観測網の地震観測データを使って、首都圏周辺のコロナ禍における人間活動由来の振動の変化を時間帯や曜日ごとに調べた。... 防犯システムや交通量調査など地震観測以外の...

スロー地震研究が急速に発展したのは、防災科研の日本海溝海底地震津波観測網(S―net)などの観測網が充実した結果と言える。 19年2月には、空白域として残っ...

この技術は、多数の衛星を協調動作させインフラの点検などを行う高精度地上観測網の構築、位相同期した分散局からターゲットポイントのみに電力を集中し安全に給電する分散給電、災害などで基地局が破損しても複数の...

ウェザーニューズ、1kmメッシュで企業に積雪予報 (2021/12/24 電機・電子部品・情報・通信)

積雪観測網やスマートフォン用アプリケーション(応用ソフト)「ウェザーニュース」に集まる積雪の報告からデータを生成。

観測モードは定点観測以外に、災害時には被災地を発災後24時間以内に撮影するモードがある。一度に広域を観測したり、衛星の角度を変えて沿岸域など対象の地形に応じた観測もできるという。... 小型衛星による...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン