124件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

米エコーピクセル(カリフォルニア州)は、組織や臓器の解剖学的な構造を等身大の3次元(3D)ホログラム状に立体画像表示できるワークステーション(WS)「ト...

ファブレス企業として解剖台などの医療設備製造も手がける。

富士通など4者、AIで膵臓がん検出 CT画像活用で共同研究 (2022/4/27 電機・電子部品・情報・通信1)

そこで、解剖学的な組織のつながりを考慮して前後の断面画像同士の連続性を推定し、画像内で、連続性の強い領域には前後の断面画像を含めた立体的な解析、弱い領域では平面的な解析を自動的に行う。

(山谷逸平) 【「承諾解剖」】件数向上に一石 日本では死体に対する「法医解剖」は、司法解剖と調査法解剖、行政解剖の大きく三つに分類されてい...

著者登場/山田敏弘『死体格差』 (2022/4/18 books)

法律の不備に由来する構造問題の結果、しわ寄せは死因を特定する解剖の現場に現れている。... 「一つの県に司法解剖できる教授が一人しかいないところも多い。... 現在のように警察が遺体の搬送費や解剖など...

21年度は教育のDXをさらに進め、学生のパソコンなどで顕微鏡画像を自在に拡大・縮小して観察できる「バーチャル顕微鏡システム」を導入したほか、6月に完成した「シミュレーション・センター」内に人体解剖を超...

米フィスク大、VRで人体解剖 学生向け実習室 (2021/8/10 科学技術・大学)

米フィスク大学(テネシー州)は医学や生物学専攻の学生向けに、第5世代通信(5G)と仮想現実(VR)を駆使した仮想人体解剖実習室を設置した。... 仮想人...

深層神経回路モデルは脳の初期視覚野の解剖学および生理学的知見に基づいて構築されたモデルである。

例えば我々は、ガウス過程に基づく確率的モデリングを用い、脳の解剖学的な構造や機能的なまとまりを事前知識として、限られた数の電極から観測できない脳部位を含めた電位分布の推定を行っている。

不満を抱えたまま解剖学の道に進み、博物館で働くと動物の骨標本を収蔵している事実を知った。

従来、脳の神経回路構造を調べる研究は主に死後脳を解剖して観察することで行われてきた。

『人体5億年の記憶 解剖学者・三木成夫の世界』(布施英利著)にも体の基本形は一本の管とある。

国立看護大学校や佐賀大学などの解剖の教材に導入され、学生はスマートフォンにアプリケーション(応用ソフト)をダウンロードして使用する。

解剖できず、検案した多くを溺死と書いた。... 解剖できないので溺死とするしかなかった」と話す。... 解剖して死因を正確に突き止められなかったことを悔やむ。

内視鏡検査時に見逃さないことが重要だが、肉眼での認識が困難な病変や解剖学的な死角、医師の技術格差などにより見逃されている場合もあるという。 &...

VRで人体3Dデータ ホロアイズが医療教材 (2021/1/5 素材・医療・ヘルスケア)

国立看護大学校が基礎解剖の授業教材として導入する。

19日に発売する日刊工業新聞社発行の月刊誌「工場管理1月特別増大号」では「徹底解剖!

ゼク・テック(大阪市都島区、佐藤哲弘社長、06・6755・4985)は、大学の研究室や病院などに病理・解剖関連機器、設計、設備、工事をトータルで提供する。CADが使える経験豊富な営業ス...

この概念は3世紀のアレクサンドリアで大きく栄え、初めての死体解剖が行われ、ギリシャ本土で深く根づいていた死体解剖を妨げる迷信を打ち破り、16世紀までに西洋医学の中で卓越した解剖学の発展を促進。

東大発の特許を活用し、これまでにタブレット型医用画像ビュワーや高精細な3次元(3D)解剖画像の可視化ソフトウエアなどの開発に取り組んできた。

おすすめコンテンツ

よくわかる3次元CADシステム  
SOLIDWORKS入門
-2020/2021/2022対応-

よくわかる3次元CADシステム  SOLIDWORKS入門 -2020/2021/2022対応-

めっちゃ使える! 
設計目線で見る「機械材料の基礎知識」
必要な機能を実現し設計を全体最適化するための知識

めっちゃ使える! 設計目線で見る「機械材料の基礎知識」 必要な機能を実現し設計を全体最適化するための知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい自動運転の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい自動運転の本 第2版

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン