3,337件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

CO2と水素の合成には、FT(フィッシャー・トロプシュ)法という触媒を用いる基盤技術が確立している。

そこで東京大学と20年5月から、光触媒による抗ウイルス・抗菌技術の共同研究を開始。

耐久性が飛躍的に向上したプロパン脱水素触媒を開発した。触媒の再生処理にかかるコストを大幅に減らせる。... 触媒技術で世界に売って出る。

日本触媒は姫路製造所(兵庫県姫路市)で、アクリル酸の精製工程に要する電力などのエネルギーを従来比10%削減できる実証プラントを新設する。... 日本触媒はSAPの世界シェア首位で、原料のアクリル酸から...

温室ガスゼロ新戦略 日本触媒と昭和電工 (2021/8/3 素材・医療・ヘルスケア1)

日本触媒 事業創出本部に「推進部」 日本触媒は2050年のカーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)達成を目指し、新規事業の創出を推進する事業創出本部内に「グリーンイノベーシ...

リケジョneo(153)JCU・中上まどかさん (2021/8/2 ひと カイシャ 交差点)

甲南大学のフロンティアサイエンス学部生命化学科に進学し、化学反応を起こしやすくする金属ナノ粒子触媒の研究をしました。

グルタチオンは触媒として働き、リン化合物で還元用の水素を供給する。

CO2を反応させる固体触媒を開発した。 特徴はCO2を還元せず、炭酸エステルに変換する触媒技術だ。

日鉄が光触媒機能鋼板 低照度で抗ウイルス効果 (2021/7/30 素材・医療・ヘルスケア)

日本製鉄は29日、500ルクスの低照度で抗ウイルス効果を持たせる光触媒機能鋼板を開発したと発表した。酸化チタンを用いて、表面に光触媒機能を直接付与した。... 光触媒機能鋼板は、高意匠性鋼板「フェルー...

従来のパラジウム触媒ではなくコバルト触媒を付与することにより、均一で被覆性に優れた無電解メッキ皮膜を得られる。... ICPアクセラCOAはコバルト触媒を還元析出し、銅表面に均一な触媒膜を形成する。....

酸化セリウム触媒でジオールとCO2を反応させる。

白金ガリウム鉛触媒に酸化カルシウムを加えることで触媒寿命を延ばした。... 酸化カルシウムが白金ガリウム鉛の粒子に電子を与える助触媒として働く。... さらに副生成物の炭素が触媒表面に析出する量も著し...

阪大、光触媒樹脂で過酸化水素製造 (2021/7/28 科学技術・大学)

エネルギー変換効率は1%と粉末光触媒の中では最大という。... 光触媒として働くレゾルシノール・ホルムアルデヒド(RF)樹脂に導電性高分子のポリチオフェンを導入した。ポリチオフェンを伝って電子が移動し...

複数のフィルターを装備し、特に光触媒フィルターは酸化チタンの粒子に紫外線を照射すると強い酸化力により、付着した細菌やウイルスを二酸化炭素と水に分解する仕組み。

ハイケム、研究所を新設 CO2から化学・繊維原料 (2021/7/27 素材・医療・ヘルスケア1)

研究所では触媒の合成から成形、分析、量産設備への展開に向けた性能試験まで一気通貫で行える。SEG触媒技術をさらに磨くほか、C1ケミカル技術を用いた他の化学品製造触媒の開発にも挑戦。新エネルギー・産業技...

AZULを触媒として利用する最大の魅力はコスト低減だ。電池の触媒として使用することで、レアメタルよりも10分の1ほどの価格で触媒効果を持たせることができる。... 藪准教授から説明を受けた瞬間、触媒効...

全員参加でTQM活動 キャタラー 間接部門や役員も取り組み、部門単位で3本柱 従業員...

それらの主な用途は触媒、蛍光材そして希土合金などの年消費量約4万トンであり、差し引き毎年5万トン以上のランタン・セリウムが過剰となっているとの指摘がある。 長期的には高品質化した発展...

ファンドは変化を起こす触媒だ。

保護基の安定性変換に触媒を用いたことで合成の幅が広がった。 Epoc保護基は金触媒に反応させると不安定な「Hmoc保護基」に変換できる。... しかし金触媒でHmoc保護基に変換する...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建設機械の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建設機械の本

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる