3,580件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

ライセンス供与と触媒販売を加速し、同社のGS触媒を採用したボトル用PETの製造量を2030年頃に現状比10倍以上の100万トンに拡大する。触媒はPETの性能を左右する。... 東洋紡のGS触媒はPET...

フルヤ金属、脱炭素貢献 イリジウム含有合金 “水素製造の要”開発 (2022/5/17 建設・生活・環境・エネルギー2)

水を分解する触媒材料としてイリジウムが有望視されている。... また、触媒材料の開発にとどまらず、リサイクルも視野に入れている。... 人工光合成は太陽光からエネルギーを得た光触媒が水を分解し、水素を...

新技術は二硫化モリブデンに限らず電極や触媒に応用できる。

「ここ数年は、どのSAP(高吸水性樹脂)メーカーも設備増設していない」と明かすのは、日本触媒取締役常務執行役員の野田和宏さん。

石油精製用の触媒や低スペックの工作機械も新たに対象とした。

産業技術総合研究所の倉本浩司研究グループ長と笹山知嶺研究員、高坂文彦主任研究員らは、大気濃度の二酸化炭素(CO2)から一酸化炭素の合成ガスを製造する触媒を開発した。... 炭酸ナトリウ...

カギとなるのは光触媒だ。... 生分解性プラスチックに光触媒を塗布あるいは練り込むことで、太陽光下では光触媒が微生物の働きを抑える作用を発揮し、物性を維持する。... ただ、一般的な光触媒は酸化作用が...

光触媒などを活用し、人が触る機能部の抗菌につながるという。... 同社が開発したのは、光触媒による抗菌コーティングを施したベルトと、銀系抗菌剤添加を施したタング(樹脂部)やバックル部の...

日本触媒は12日、6月21日付で野田和宏取締役常務執行役員(59)が社長に就任する人事を発表した。... 【略歴】野田和宏氏 86年(昭6...

エポキシド、開環反応逆開き 早大が新技術 (2022/5/11 科学技術・大学)

ジルコニウムを触媒として用い、エポキシドと触媒の結合を強くして反応過程を変えた。... 従来はチタンを触媒に用いて置換基が少なくなる方の結合が切られていた。新たにジルコニウムを触媒とすることで置換基が...

リチウムイオン電池材など伸ばす 日本触媒は2025年3月期に営業利益で過去最高の330億円を目指す。

不斉合成で使われる「不斉ルイス酸触媒」を使用。触媒を溶媒とともに回収し、活性を保ったまま繰り返し再使用できた。... 輪の構造を持つ化合物「エポキシド」が切れる反応で触媒を評価すると触媒と水を10回再...

日本触媒は2025年3月期までに、国内プラントを対象としたデジタル変革(DX)による生産効率化を実証する。... 日本触媒は今回の実証について「自動化、省人化による...

しかし、昨今のコロナ禍でウイルス対策として光触媒をコーティングするニーズが高まり、本製品がその施工用のツールとして最適であるとの事で数多くの施工業者様に採用いただくようになりました。

財務分析(57)日本触媒 ROE・ROA、9%超に (2022/5/5 マネジメント)

日本触媒は高吸水性樹脂(SAP)の世界シェアで首位に立つ。... そのため環境触媒や特殊モノマーなど「ソリューションズ事業」拡大を目指しているが過去10年間、両事業のバランスに大きな変...

大阪産業技術研究所(ORIST)は模擬太陽光を活用した光触媒の抗菌活性評価法を構築した。... 同素材は、製品の使用中に光触媒の抗菌作用が働きプラスチックの物性を維...

排ガス触媒などに使われるパラジウムについては、日本は輸入する約4割をロシア産に依存する。... ただ車の電動化で将来的に排ガス触媒用需要が減少するため、鉱山投資が進みにくい状況にある。 ...

これまでに常温で反応が進む有望な触媒が見つかっており、GI基金事業で開発を加速する。

新役員/IHI 執行役員・前田剛氏ほか (2022/5/2 機械・ロボット・航空機1)

異分子としての、変革への触媒としての役割を果たす。

自動車の排ガス浄化触媒に使う貴金属のプラチナ(白金)は一時、約4カ月ぶりの安値をつけた。... 中国では感染者数が増えた3月の新車販売台数が前年同月比11・7%減と2月(...

おすすめコンテンツ

技術士第一次試験 
「機械部門」 合格への厳選100問 第5版
合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験 「機械部門」 合格への厳選100問 第5版 合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験 
「環境部門」専門科目 問題と対策
第4版

技術士第一次試験 「環境部門」専門科目 問題と対策 第4版

雲海を翔る
クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

雲海を翔る クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

利益が出せる生産統制力
異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

利益が出せる生産統制力 異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

中小製造業の「製造原価と見積価格への疑問」にすべて答えます!

中小製造業の「製造原価と見積価格への疑問」にすべて答えます!

未踏に挑み、オンリーワンを生み出す 
新・日本型人づくり
興研の経営哲学と人事評価制度

未踏に挑み、オンリーワンを生み出す 新・日本型人づくり 興研の経営哲学と人事評価制度

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる