電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

44,124件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.009秒)

学び続ける姿勢を失わずに生きてきた人は、会社の中でも自分なりに納得できるキャリアを歩めてきたと思う」 ―4月に人事制度を全面刷新し、職務内容を明確化して成果で評価する「ジョブ型雇用」...

すでに現場業務の多くを外国人材に頼る産業界からは労働力確保につながることから一定の評価はある。

アジアの脱炭素化に必要とされる4000兆円の資金を呼び込むためのトランジションファイナンス(移行金融)、二酸化炭素(CO2)削減を評価するためのルール整備などにも取り組...

高橋一郎観光庁長官は「わが国のインバウンド(訪日外国人)は力強い成長軌道に乗ってきている」と評価。

三井不、東京・日本橋の新ビル着工 環境配慮し緑豊かに (2024/6/20 素材・建設・環境・エネルギー2)

環境に配慮した取り組みに関しては、ZEB(ゼロ・エネルギー・ビル)レディ認証(建物全体)やDBJグリーンビルディング認証(プラン認証)、CASBEE―A...

大東建託、建設の魅力を競技会で発信 「匠マイスター」しのぎ削る (2024/6/20 素材・建設・環境・エネルギー2)

このうち造作大工のスキルを評価するイベントとして、2019―22年に初開催したのが技能選手権。... 約5平方メートル(1・5坪)の実大棟でボードの取り付けから配線、配管までをリレー形...

IVIアワード、最優秀賞にCFP可視化 (2024/6/20 機械・ロボット・航空機1)

実際の中小企業での実データから部品を含めた製品のカーボンフットプリント(CFP)の可視化を実証し、企業間の契約まで踏み込んだ点を高く評価した。

一部の投資信託で3月末時点の時価評価により株価上昇が反映され、対外債権残高を押し上げた。

住友生命は日本格付研究所から同枠組みが国際的なガイドラインに整合するとの評価を得ており、今回の融資もサステナブルファイナンスとして実行する。

ナカノフドー建設、シンガポールで大規模集合住宅受注 (2024/6/20 素材・建設・環境・エネルギー1)

ナカノシンガポールによるこれまでのコンドミニアムの施工実績が評価され、今回の受注につながった。

絵文字は、空港のトイレの満足度評価など、評価指標としても世界的に使われ始めている。 ... しかし、これまで個々人が絵文字をどのような感情状態として解釈しているかは不明であり、評価指...

地方銀行や信用金庫などの地域金融機関にとっては、地元の自然と産業が評価対象となる。... 依存や影響の大きさも評価し、情報開示に対応させる。

降水粒子を詳細に取り扱う新モデルを開発し、降水粒子による放射効果の影響を評価した。降水粒子が極域の温暖化に大きく影響することが新たに分かり、従来の気候モデルで課題となっていた北極における温暖化の過小評...

スバル、SUVで最高評価 息づく独自の安全思想 (2024/6/20 自動車・モビリティー)

5つの視点、機能高める SUBARU(スバル)のスポーツ多目的車(SUV)「クロストレック」と小型車「インプレッサ」が国の安全性能評価で最高評価の「フ...

クニエ、アイデア事業化支援 (2024/6/20 電機・電子部品・情報・通信2)

次に実現性の評価を行い、実際に事業化の検討に進む有望アイデアを選定し、概略の企画書を作成する。

富士通、人的資本経営に挑む 「DX企業」へ改革着々 (2024/6/20 電機・電子部品・情報・通信2)

インタビュー 評価、達成率より中身 富士通最高人事責任者・平松浩樹氏 平松執行役員に人的資本経営について聞いた。... 「例え...

消費者の通信接続体感を分析する調査会社「オープンシグナル」の評価指標で2024年度中に1位になる目標も示した。

永守重信グローバルグループ代表は総会後の記者会見で岸田社長について「これまで後継者(選び)に失敗してきたが、今回は本物」と評価。

厚労省としては把握した情報から医薬品の需給バランスをマクロな視点で評価し、供給不安の兆候を察知することが念頭にある。

覚書(MOU)を改定し、低炭素の水素に関連する基準・認証や、プロジェクトの評価方法を協力分野に含める。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン