電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

613件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

化学の力で脱炭素実現 化学系団体、施策を具体化 (2024/5/7 素材・建設・環境・エネルギー)

またユーザー・最終消費者を含めた環境面での付加価値の理解と受け入れのため、環境価値の評価基準・制度設計の検討について考えを示した。

第36回「中小企業優秀新技術・新製品賞」(1)一般部門 (2024/4/17 中小企業優秀新技術・新製品賞1)

マイクロ流路に1個ずつ油中水滴を流して評価する。 評価基準は微生物の増殖能力や物質産生能力など。

応答時間が1秒以下と短いのが特徴で、現在は試作機の評価を進めている。... 現在、1分間当たり3リットルのガス流量で試作機の評価を進めており、評価基準などの知見を蓄積している。

その選定基準の変容に目を向けつつ、考察してみたい ご存じの人も多いかもしれないが、このランキングに日本企業が登場することはまれである。... 従来の評価基準がSCMの効果を当該企業の...

住化、「革新的企業100社」に選出 (2024/3/12 素材・建設・環境・エネルギー2)

クラリベイトが特許関連データから、独自の評価基準によって選出する。「影響力」と「成功率」「地理的投資」「希少性」の4要素の中で、住友化学は「希少性」の点で特に高い評価を得た。

大企業に選ばれている理由の一つに世界基準の評価が挙げられる。aiESGは国際機関や各国政府、業界が持つ膨大なデータを集め、評価基準を構築した。... その基準を決めるのは欧州だ。

日本企業でデジタル変革を担う人材が「圧倒的に不足している」と警鐘を鳴らし、人材育成の際の評価基準のあり方などについて解説した。

激動の経営/山本水圧工業所(4)水圧技術守り抜く (2024/1/19 中小・ベンチャー・中小政策)

現在同社はスキルや貢献度の概念を給与に反映できる新たな人事評価システムの構築を行っており、現在はまず幹部に適用しているところだという。... これからは管理能力の評価基準も必要になってくる」と語る。

製造者には品質基準が、利用者には安全義務が課せられ、法律や道路の整備など、車を前提とした社会の仕組みづくりが進み、自動車も他の産業も大きく発展した。 ... ここでは、生成AIの安全...

現行は車両の性能・機能で補助金額を設定しているが、新たに充電器の設置数や修理・整備体制、バッテリー回収の取り組みなども補助金の算定基準に加える方針だ。... 経産省は11月末に開いた産業構造審議会&#...

AIアライアンスでは、責任あるAIの開発や利用を可能にする評価基準やツールなども策定し、研究者や開発者に提供する。

港湾の脱炭素“見える化” 国交省がCNP認証 (2023/12/7 生活インフラ・医療・くらし)

各コンテナターミナルが脱炭素化のために実施している取り組みの情報を収集し、評価基準の妥当性や認証機関側の判断能力、体制などを確認するのが狙い。... このため国交省は港湾の脱炭素化の取り組みを客観的に...

民間向けの融資実績などを、銀行員らの業績評価基準の一つにする方針を示した。

国土交通省は技能者の資格や就業履歴などを見える化し、適正な評価や建設事業者の業務負担軽減につなげるためのシステムの普及を推進。... また技能者の能力やキャリアに対する統一的な評価基準がなく、処遇改善...

中小企業の品質経営 TQMが高める競争力(7)教育・訓練体制 (2023/11/20 機械・ロボット・航空機1)

スキル評価表で達成度把握 企業を支えるのは“ひと”である。... そして、評価基準を4段階で示した「スキル評価表」を作成し、専門技術や管理技術についてスキルを評価し達成度を把握する、...

「年功的な仕組みの見直し」「役割・業績貢献に応じた報酬」「評価基準の見直し」が柱だ。... 評価制度では相対評価である会社への貢献度などによって判断する「成果評価」と、リーダーシップなど絶対評価で判断...

出光、企業情報開示で初のエネ部門1位 (2023/10/19 素材・建設・環境・エネルギー1)

同協会が設置するディスクロージャー研究会により①経営陣のIR姿勢、IR部門の機能、IRの基本スタンス②説明会、インタビュー、説明資料などによる開示③フェア・ディスクロージャーなど、5つの評価基準のもと...

研究力強化、評価基準が課題 ―日本の研究力強化に向け、評価基準を定めることが重要です。 「文部科学省では研究・開発の評価に関する指針を示している。... 多くの人に...

「成果を出す上で共有すべき情報は何か」「目標や期待値、評価基準は明確になって共有できているのか」「仕事を進める上での課題や悩み、対策方法を理解し合っているのか」など、共通認識を持っているかという視点で...

企業と自然、リスクと対策開示 TNFDが枠組み公表 (2023/9/20 素材・建設・環境・エネルギー)

生物多様性向上の評価基準 国際組織「自然関連財務情報開示タスクフォース(TNFD)」は19日、企業が事業活動と自然との関係を開示する際のフレームワーク(枠組み...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン