電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

618件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.022秒)

CO2分離回収技術の普及に向けては、要素技術の省エネルギー化とコスト削減が重要である。 ... また、CO2分離材料のさまざまな物性を計測するため、独自に工夫した装置を用いて、新たに...

Sotas、化学物質検索3倍20万件超に拡充 (2024/5/15 素材・建設・環境・エネルギー2)

製品評価技術基盤機構が提供する化学物質の法規制・有害性情報データベース「NITE-CHRIP」(ナイトクリップ)と連携。

水素の製造と貯蔵、利用、信頼性評価の4分野を束ねて重要領域に位置付ける。... また水素が液化するマイナス253度Cで信頼性評価ができる試験機は世界唯一の装置になる。... 安価な材料開発には高度な分...

レゾナックの「ポリゾールLB」、車載電池部材に採用 (2024/4/10 素材・建設・環境・エネルギー2)

レゾナックのポリマー設計や電池評価技術などを活用し、バインダーの組成・粒子構造を最適化した性能が評価された。

家電、リサイクル技術拡充 (2024/3/28 電機・電子部品・情報・通信2)

家電メーカーがリサイクルしやすい製品の開発に加え、リサイクル工程に貢献する技術開発にも取り組む事例が出てきた。さらにその技術を広く展開することも見据える。... 同社先端技術総合研究所(兵庫県...

12コア光ファイバーで7280km伝送 NECとNTTが実験成功、世界初 (2024/3/22 電機・電子部品・情報・通信)

光海底ケーブルなどの大容量化を実現する次世代技術として期待される。 NECとNTTがそれぞれ開発した技術を組み合わせて実現した。... NTTは信号の遅延と損失の不均一性の影響を低減...

大阪大学の支援を得て、溶接を自動化する最適条件や評価技術を調べる。... 国内外有数の総合消防技術拠点であるATIセンターには、溶接機と接続しロボットを設置した。... 森本取締役は「これまで技能者が...

同学会は機械や電機、自動車などモノづくりの評価技術向上に努めてきたが、指導者の高齢化が進む。... 品質工学は簡素な組み合わせ実験と尺度で開発や製造などの善しあしを効率よく評価する技術論。... 厳し...

物質・材料研究機構のグェンユイ・ヒウポスドク研究員と川本直幸主幹研究員らは、電子顕微鏡で物質中の熱伝達を画像化する技術を開発した。... ナノスケールで評価できると改良する方向性を...

室蘭工業大学のプロジェクトでは植物機能性成分の評価に、量子ドットイメージングや人工知能(AI)など最先端の技術を活用する。... 室蘭工大では特に、近年のノーベル賞受賞で注目されるよう...

製品評価技術基盤機構(NITE)がまとめた事故分析によると、2021―22年度に報告された同設備の破損事故は合計43件だった。

このような評価・分析技術は、材料開発を効率化するプロセスインフォマティクスの構築に不可欠であり、汎用性が高いことから、他の材料へも適用しやすい。現在、筆者らの研究チームでは、開発した評価技術を使って、...

グローバル供給網と研究開発力を生かし後工程技術の革新を支えるとともに、近年はモーター向け封止材などモビリティー分野の新たなソリューション提案にも注力している。... また半導体封止材は反りを抑える技術...

政府は人工知能(AI)製品やサービスの安全性に関する評価技術や制度を研究する組織「AI Safety Institute」を2024年1月にも設立す...

心筋細胞を使った薬物評価技術を開発した。 ... 「少ない細胞数で均一な評価が可能。... 薬剤評価技術はできた。

高分子材料技術や総合評価技術をはじめ、自動車分野で培った技術を地震対策に応用した。

阪急阪神HD、阪大発医療新興に出資 健康寿命延伸 (2023/11/16 生活インフラ・医療・くらし)

アイ・ブレインの視線情報活用の認知機能評価技術によるアプリケーション「ミルダケ」や医療機器プログラム「ミレボ」での協業を加速して健康寿命延伸につなげる。... 阪急阪神グループは沿線自治体などから受託...

科学技術の潮流(218)医薬品 安全性評価の展望 (2023/11/10 科学技術・大学)

新規医薬品は多くの評価を経て初めて患者さんに届けられる。... 日本発の画期的医薬品創出を加速するため、アカデミアやスタートアップへの安全性評価実施体制の構築支援、さらに新規評価技術の開発・普及への継...

製品評価技術基盤機構(NITE)と海洋研究開発機構(JAMSTEC)は、深海微生物の産業利用を支援する。

エアロエッジ、積層造形評価普及へ 英社と協業 (2023/11/2 機械・ロボット・航空機2)

3年以内をめどに積層造形(AM)分野で、日本国内のプラストメトリックスの材料の硬さ評価技術「PIP」の定着を目指す。 ... PIPは台に押しつけて硬さを評価するため...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン