85件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.011秒)

内閣府が先ごろまとめた試算では、国と地方の基礎的財政収支(PB)を黒字化する財政健全化目標の達成が、公約の25年度より4年遅れる見通しとなった。... 一方で成長戦略は課題が残った。... 次の自民党...

社会課題解決に活用を 【生産性高める】 国の強さと企業や産業の強さはかつてほど関係しない時代になった。... テクノロジーの利活用を目的にするの...

“厳しい目”成長の糧に 課題先進国と言われる日本。少子高齢化、労働力人口の減少、人手不足や内需の縮小などさまざまな課題を抱えるが、課題が多い分、「課題解決」が大きなビジネスチャンスに...

産業分野の中ではエネルギーは喫緊の課題でもある。... 【得意技生かせ】 進化するテクノロジーを活用することで、社会課題を解決する「ソサイエティ5・0」は課題先進国の日本でこそ実現可...

パナソニック、電材・住設の海外売上高3倍に 30年度1兆円 (2020/2/7 電機・電子部品・情報・通信1)

課題先進国の日本で築き上げてきたソリューションを東南アジアなどへ応用し、現地化を図っていく。

梶山弘志経済産業相に政策課題を聞いた。 ... 市場の大きさや地政学的な観点から、インドに入ってほしいと思っている国は日本をはじめ多い。... 産業界には非常にプラスだ」 &...

課題先進国の役割を担うには、イノベーションが欠かせない。... 生産性の向上が最重要課題だ。... 「画期的な新製品を開発する」「海外市場開拓に乗り出す」「取引先に値上げを受け入れさせる」「国から補助...

政府は、2015年に「ロボット新戦略」を策定、ロボット大国日本の地位を維持し、生産性向上や少子高齢化社会における課題解決の手段として、ロボット活用を国が支援する方針を打ち出した。 ....

中曽根元首相が死去 (2019/12/2 総合2)

経済同友会の桜田謙悟代表幹事は、講演で中曽根氏が「今我々がどこに位置しているのかを、歴史の座標軸の中で見極める必要がある」と語ったことに触れ、「課題先進国の日本は、元首相による本質的な問いに真摯(しん...

展示会場で、さまざまな国、立場の方とお話する機会を得て改めて思うことを今回はお伝えしたい。 ... また、改めて、気づかされるのが、この分野は日本が最先進国であるということである。....

挑戦する企業/三井不動産(11)課題解決型の街づくり (2019/11/21 建設・生活・環境・エネルギー1)

課題先進国・日本が直面する環境共生と健康長寿、新産業創造の3テーマを軸に据え、街づくりの視点から最適な“解”を示す。 ... 挑む課題の一つが、自動運転バスを使った地域内移動の利便性...

(編集委員・板崎英士) 日本、公害や渋滞克服 日本はどの国も経験したことのない超高齢化、少子化社会に突入した課題先進国だ。... IT先進国のシンガポールはもちろん...

「日本は人口減少、超高齢化社会という世界が経験したことのない課題先進国。裏返せばこの先、途上国のような渋滞は起きず自動運転も実装しやすい。... 開幕まで1年を切った東京五輪・パラリンピックに合わせ、...

スマートシティー 課題解決、世界が注目 20世紀、日本をはじめ先進国では成長の課程で都市部への人口集中が起き、交通事故や公害、通勤ラッシュなどさまざまな都市問題を引き起こした。地方は...

MaaS・電動車の普及 CASE(コネクテッド・自動運転・シェアリング・電動化)と呼ばれる自動車産業の新潮流をチャンスと捉え、政府は自動車新時代戦略会議で日本の社会課題を解決するため...

環境をはじめとする地球規模の難問に挑むには、都市での課題解決がカギを握ると判断。... 志向するのは、個々では難しい課題を集団で解決する「コレクティブ・インパクト」の活用だ。 ......

日本が課題先進国として未来を先取りして世界に発信してはどうか。

装着ロボット分野は、少子高齢化社会からのニーズや、大学の知見や企業の製造の技術力に支えられ、高齢化課題先進国の日本が最先端のポジションにある。

イノベーション続出を期待 【喫緊の社会課題】 飛行ロボット(ドローン)は空撮から測量、インフラ点検、物流など多くの分野で用途開発が進む。... 人手不足や高齢化は日...

同じプラットフォーム上にさまざまなメーカーの機械が、問題なくつながることを見ていただき、つながることが、もう難しくはないと実感してもらいたい」 ―日本は少子高齢が進み、就労人口の減少...

おすすめコンテンツ

誰も教えてくれない 
「部品工場の納期遅れ」の解決策

誰も教えてくれない 「部品工場の納期遅れ」の解決策

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる